家政学部 管理栄養学科

ホーム大学院・学部・学科家政学部 管理栄養学科 / 主な授業・ゼミナール紹介

授業紹介

基礎調理学実習

おいしい調理のための知識と技術を身につける

調理実習は給食経営管理に準じた衛生管理操作で行い、大量調理へ応用できる力を養います。実習ではさまざまな食品を使用し、調理器具や調理操作について幅広い知識の習得、そして食文化、テーブルコーディネートなどについても学習していきます。

基礎栄養学(1)

栄養素の人体への摂取と消化・吸収の仕組みを学ぶ

栄養素がどう吸収されて、どのように利用されるかを学び、健康を維持する食べ方を考える基礎となります。基礎科目ですが理解しにくいことは、今までの体験や自分の体に置き換えて考えます。

栄養管理論実習

栄養・食事管理に関する知識や方法を学ぶ

生活時間調査等より基準値を算出し、食事摂取調査と比較して評価・改善します。食品構成を用いて作成した献立を実際に調理。集団を対象とした栄養・食事管理を行う際に必要な知識・方法を修得します。

解剖学実習

人体解剖学の理論と実施の一致を目で観て確認

人体の主要臓器を肉眼的に観察するマクロ解剖学および臓器の構造や位置関係などのミクロ(組織)解剖学的知識を学びます。さまざまな人体模型や人体組織標本を用いた実習で人体(解剖学)についての理解を深め、他の医療専門科目の基盤を築きます。大学附属病院の現役医師でもある教員が、これまでの臨床経験を生かし、人体の器官について観察力と考察力を養えるように指導します。

食品学実験

食品に関する技術を学び実践できる力を養う

食品を美味しく食べるためには、食べ物とそれを適切に加工、保存するための知識と技術が欠かせません。この食品学実験・実習では、食品の物理的及び化学的特性を実験装置や試薬を用いて、機能性を解析する実験を行い、さまざまな加工食品を製造します。これらの実験・実習を通して、食品学の講義で学んだ知識を実用可能な技術へと発展させます。このことにより高度な知識と技術に裏付けされた応用力を培います。

食品衛生学実験

食品の安全な取り扱いを実践的に身に付ける

安全性の確保は、食品の生産から消費に至るあらゆる段階で重要です。微生物学的検査や理化学的検査などの実験手法を習得し、データを正確に処理・分析する力を高め、食品衛生の指導者としての能力を養います。

食品分析学実験

食品成分の定量・定性分析方法を身に付ける

調理学や食品学で学ぶ食品成分の科学について、理解を深める授業です。食品メーカーで分析に携わった経験のある教員が、将来の実務にも役立てられる分析手法を指導します。実験を通して、水分、たんぱく質、脂質といった食品の一般成分の分析に加え、ガスクロマトグラフィーや液体クロマトグラフィーによる定量・定性分析、さらに実験結果の解析までの手法を習得していきます。

給食経営管理論実習

給食経営のマネジメントサイクルを学内で実践

新型の大量調理機器を完備した実習室で、病院、学校、会社( 社員食堂)などさまざまなスタイルの給食施設におけるマネジメントをPDCAサイクル(計画⇒実施⇒評価⇒改善)により学びます。品質や安全・衛生基準をクリアした給食を学内で提供する実習を通して、給食施設の運営ノウハウとマネジメントを体験し、管理栄養士として適切な判断を行う力やリスク管理能力を身に付けます。

スポーツ栄養学

科学的根拠に基づいたスポーツ栄養学を学ぶ

スポーツ選手の競技力向上や健康増進のための食のあり方を考え、必要な栄養摂取について学びます。スポーツ選手に対して、またスポーツシーンにおいて、管理栄養士として栄養サポートを行う力を身につけます。

管理栄養士特論演習(1)

高度な専門知識と実践力を使いこなせる管理栄養士に

社会の多様化に伴い、管理栄養士は高度な専門知識と実践力の習得のみでなく、ひとと向き合い、これらの能力を臨機応変に活用して社会に貢献することが求められています。本講義では、こうした社会的ニーズにこたえるべく、これまでに学んだ臨床栄養学・栄養教育論・公衆栄養学・給食経営管理論の知識・技術を分野横断的に融合して学習することで、順応性に富んだ問題解決能力の高い管理栄養士を育成します。

医療福祉栄養活動論

チーム医療に関わる様々な職種と議論できる医学的知識を身につける

食習慣や栄養状態と密接に関わる疾患を中心に、臨床所見、組織学的所見、治療法、治療後の経過を統合的に理解することを目指します。世界で展開されている最新の癌研究や治療法開発についても学びます。

「栄養医科学」ゼミナール 伊藤太二 教授

核酸による生活習慣病の診断法や、食事療法への応用を探る

生活習慣病の発症に関連する遺伝子の機能を解明し、新たな診断法と、効果的な食事療法を開発することを大きなテーマに掲げています。特に、核酸の一種の低分子RNA「microRNA」に注目し、培養細胞や生物個体(ゼブラフィッシュ)などを用いてさまざまな実験を行いながら、研究を進めています。所属する学生たちは、他大学との共同研究や学外でのイベント参加などにも積極的に挑戦し、行政や病院の管理栄養士職、大学院進学など、思い描く将来像に向かってまい進しています。

「臨床栄養研究および実践」ゼミナール 落合由美 准教授

実践を重ねて即戦力として活躍できる管理栄養士に

病院や高齢者施設などで栄養管理に従事する管理栄養士を目指す学生が多く所属するゼミナールです。地元で生産された農作物を活用したメニュー開発やレシピの広報活動、高齢者に向けた料理教室の企画・運営など、学外との活発な連携を重ね、各ライフステージや疾患に適した栄養管理への理解を深めます。管理栄養士としての実践的な経験を通して、この仕事の使命や魅力を感じ取り、社会の中で発揮できる知識・実践力・応用力を身に付けてほしいと思っています。

ゼミナールの一例

  • ・機能性食材ゼミナール
  • ・栄養アセスメント学ゼミナール
  • ・健康開発ゼミナール
  • ・サプリメント・健康食品ゼミナール
  • ・公衆栄養学ゼミナール

卒業研究テーマの一例

  • ・インスリン抵抗性特異なマイクロRNA 定量のためのPCRの条件検討
  • ・食育介入の有無による野菜摂取状況の変化について
  • ・持続血糖測定装置を用いた、食事内容による血糖曲線の変動の一例
  • ・外来通院の高齢者患者を対象とした栄養評価と社会的背景との関連の調査
  • ・運動負荷におけるクエン酸のストレス低減効果の研究