児童学部 子ども心理学科

ホーム大学院・学部・学科児童学部 子ども心理学科 / 主な授業・ゼミナール紹介

授業紹介

心理学研究法

研究のための理論や技法を学ぶ講義と演習

実験計画法や質問紙法、ならびに保育・教育現場で必要となる観察法や面接法などの研究手法の理論と技法を学びながら、子ども心理学研究におけるデータ収集の位置付けと重要性を理解する授業です。各研究手法を用いた実験・調査を行い、講義内演習と学外個別演習を通して、データ収集の基本的なスキルを体得します。心理職を目指す上で重要な内容を盛り込んでいます。

心理学概論

心の仕組みと子どもの心理・行動の形成過程を理解する

心理学の成り立ちや、人の心の基本的な仕組み・働きに関して概説する授業です。乳幼児期から青年期に至る発達過程を継続的に捉え、子どもの心理・行動の形成過程を、子どもが育つ社会文化的環境と関係付けて考えます。

児童文学

児童文学を理解・分析して教材を作る方法を学ぶ

児童文学全般をジャンルごとに分類して理解し、分析を行います。また、大型絵本や人形劇などの実践的な教材と児童文学との関わりについて学び、実際に教材を作成して発表します。

心理学的支援法

実践的な場で使える子どもの心理療法を習得する

この授業では心理療法の基礎的な知識と実践力を身につけることをめざしています。そのため、精神医学の歴史を踏まえながら、心理療法の発展過程と現状について学んでいきます。その中から、代表的な心理療法について講義と演習を交えながら授業を進めていきます。特に実践現場で使うために必要となる心理療法の技法を演習によって体験的に学ぶことを大事にしています。

精神疾患とその治療

心理臨床の実践に不可欠な精神医学の知識を学修

子どもの心身症およびさまざまな精神疾患を取り上げます。子どもの発達に伴って変化していく病態や、発症の原因、メカニズム、症状、治療法、予防法を学び、理解を深めていきます。

ムーブメント療法(1)

子どもの発達を支援する具体的な方法を身につける

ムーブメント療法は、動くことを通して子どもの「からだ、あたま、こころ」の発達を支援します。この授業では、発達におけるムーブメント活動の重要性を理解するとともに、演習やグループワークを通して、支援環境としての遊具や音楽の基本的な活用方法を身につけます。支援者に求められる豊かな感性や柔軟な思考力を育てるために、美しいムーブメント遊具や音楽を活用して、学生自身が動きながら感じ、考えるムーブメント療法の実際を学びます。

ムーブメント療法(2)

さまざまな子どもに実践するための応用力を磨く

ムーブメント療法とは、動くことを通して子どもの「からだ、あたま、こころ」の発達を支援する教育理論です。「ムーブメント療法①」で学んだ基礎に基づき、幼児教育・保育の場をはじめ、重度重複障害児・知的障害児への支援の場で実践するための応用的方法を学びます。遊具、教材、音楽の活用法を身に付け、支援者に必要な感性や柔軟な思考力を養う、問題解決型の実技演習が中心です。

健康・医療心理学

小児医療におけるカウンセリングを学ぶ

小児医療の特徴や病児の心のケアについて理解し、家族への対応なども学びます。場面に応じたカウンセリングモデルを考え、医療現場でのさまざまな課題に柔軟に対応できる力を身につけます。

心理的アセスメント

教育現場で活かせる心理検査の実施技術を習得

主に子どもに対する各種心理検査の実施技術とアセスメント(査定)方法について学びます。学生が互いに検査者と被験者の役割を演じながら体験的に技術を身につけることができます。

現代子ども・家族・社会心理研究(3)

子どもの健全な成長のための支援方法を学ぶ

社会のひずみは、環境の変化に最もデリケートに反応する子どもたちや精神的な脆さを抱えたものに、如実に表れます。子どもが示す非行や精神的な障がいは、社会全体が病んでいる問題を敏感に察知して、異常を知らせてくれる警報でもあります。非行臨床をはじめ臨床現場での事例をもとに、生きづらい時代に生きる子どもたちに焦点を当てつつ、その背景にある家庭や地域社会の問題を分析し、健全育成とは何かを学び支援のあり方を習得します。

心理学統計(2)

データの統計解析方法を例題を通して身につける

表計算ソフトウェアExcelおよび統計解析ソフトウェアSPSSを用いて、データの統計解析方法を学びます。実習を通して体験的に学習し、統計処理方法を含めた研究計画を立てることを目標としています。

心理演習(1)

個人心理療法の観点から、支援の実際について学ぶ

個人心理療法の観点から、心理学的支援の実際について体験的に学びます。まず子どもの心理療法に占めるプレイセラピーの位置を確認するために、遊びの意義や心理療法の歴史的経緯を捉えながら他の心理療法との違いを理解します。

「学校における心理教育的支援」ゼミナール 伊藤嘉奈子 教授

理論と実践を両輪として心理的支援の在り方を学ぶ

教育現場における心理教育的支援について、文献講読やディスカッションといった理論と、学校現場における実践を両輪にアプローチします。代表的な実践事例としては「ピア・メンタリング」と呼ばれる心理教育プログラムがあり、併設校の高等部を訪問し、3年生の受験の悩みをピア(仲間)として聞くサポート活動を行っています。子ども心理学科、教育学科、児童学科の教員志望の学生が集まり、将来担任となった際に、自分のクラスでどのような実践ができるのかを検討しています。

「心理生理学」ゼミナール 廣田昭久 教授

科学的な方法で自身のテーマにアプローチ

「こころとからだの関係」を主題として、学生各自が興味あるテーマを設定して文献や先行研究を調べて発表し、全員で討論を行うゼミナールです。ゼミナールを通して、目的とするテーマにどのように科学的にアプローチし、明らかにしていくのかといった研究方法を理解し、修得します。真の事柄を、適切な方法と知識で正しく捉え、判断することができるようになってほしいと願っています。

「子どもの社会力と非行のメカニズム研究」ゼミナール 春日美奈子 教授

過去の事例を参考に少年犯罪の今後と対策を考える

子どもの問題行動は、病める社会の反射鏡といわれています。少年非行の原因は、何か一つに帰責することは難しく、本人の資質、家族の状況、学校の状況、友人関係、経済の状況、社会の文化などの問題が絡み合っています。本ゼミナールでは、過去に起こった少年の事件を紐解きながら事件の判決結果、事件の経過、少年の生い立ちや家族関係などさまざまな角度から検討・分析します。少年犯罪の抑止と更生の方策についてそれぞれのテーマを持ちながら取り組んでいます。

「身体と記号」ゼミナール 佐治伸郎 准教授

コミュニケーションに用いる言葉やジェスチャーと心の関係を探る

身体と記号ゼミナールでは、私たち人間がコミュニケーションに用いることばやジェスチャー、指さしなどの記号の意味が、どのような心のメカニズムに基づいているのかを研究しています。ゼミナールでは、言語学、心理学、社会学など幅広い分野の論文購読や専門書を輪読し、その内容に基づいたディスカッションを行います。ここで得た着想を基に、4年次には学生それぞれが自分の興味のあるテーマを選び、卒業研究に取り組みます。

ゼミナールの一例

  • ・学校における心理臨床
  • ・子どもの相談と家族研究
  • ・子どもの発達研究
  • ・子どもの心と体の健康
  • ・子ども発達支援とムーブメント教育・療法

卒業研究テーマの一例

  • ・自己肯定感と居場所の関連性
  • ・サブリミナル効果の影響
  • ・育児不安の軽減について~養護教諭の視点を踏まえて~
  • ・共同注意場面における指示詞の使い分け
  • ・香りが精神集中に及ぼす影響