家政学部 管理栄養学科

管理栄養士養成課程で学ぶためには、理科系科目の基礎的な知識は不可欠です。理科系科目の理解が不十分な学生には、1年次にリメディアル授業を実施し、基礎固めをしています。
1・2年次では管理栄養士の専門性の基盤となる基礎科目を中心に学習し、3・4年次で学ぶ専門科目から高度な専門的知識や技術を身につけていきます。また、実験・実習により実践に結びつけます。学内で得たこれらの知識・技術を、学外での臨地実習で統合し、総合的な能力を養います。

4年間の履修例

1年次春セメスター(第1セメスター)

 
1     教職概論(同和教育を含む) 基礎調理学実習 基礎栄養学実験
2 調理学 栄養管理のための献立理論と演習 スタートアップセミナー
3 建学の精神 家政学 健康・スポーツ科学   情報リテラシー
4   化学の基礎   基礎栄養学(1) 生物学の基礎
5       英語(1)  
6          

2年次秋セメスター(第4セメスター)

 
1     社会・環境と健康(2) 生化学実験(2)  
2 カリキュラム論III 栄養教育論(1) 公衆栄養学(1) 建学の精神 実践講座(2)
3   臨床栄養学(1) 給食経営管理論(2)   解剖生理学実習(2)
4 臨床栄養学実習(1) 食品機能論 病理学(2) 食品衛生学実験
5   道徳教育の理論と方法 応用栄養学(2)
6          

3年次秋セメスター(第6セメスター)

 
1 臨床栄養学実習(3)   ゼミナール    
2 英語コミュニケーション(1)      
3 現代の政治 公衆栄養学実習 食品と薬品の相互作用論  教育相談  
4 生徒指導   健康管理・環境論実習  
5 キャリアデザイン ドイツ語(2)    
6   日本人の心      

4年次春セメスター(第7セメスター)

 
1 総合講座
臨床栄養学(1)
  ゼミナール    
2       総合講座
食べ物と健康(調理学)
総合講座
人体の構造(解剖生理学)
3 総合講座
社会・環境と健康
管理栄養士特論演習(1) 教育方法・技術 総合講座
基礎栄養学
総合講座
食べ物と健康(食品学)
4 総合講座
食べ物と健康
  総合講座
人体の構造(生化学)
総合講座
給食経営管理論
 
5   教育心理学      
6   スポーツ実技(水泳)      

授業時間

時限 授業時間
1講時 8:40~10:10
2講時 10:20~11:50
3講時 12:40~14:10
4講時 14:20~15:50
5講時 16:00~17:30
6講時 17:40~19:10

取得した免許・資格

  • ・栄養士免許証
  • ・管理栄養士 国家試験受験資格

学生の声

行政組織の一員として市民に信頼される「かかりつけの管理栄養士」に


看護師として働く忙しい母を手伝って食事の支度をしたり、幼い従妹たちのお世話をする環境で育った私は、いつしか食で健康を支える仕事に就きたいと考えるようになりました。子どもの食や栄養について専門的に学んでいく中で、はっきりと進路を定めるきっかけになったのは、2年次に受けた「応用栄養学」の授業。各ライフステージに適した栄養管理を学ぶうちに、育児中の母親が抱える、子どもの食に関する不安を少しでも軽くしたいと強く思い、地域の力になれる管理栄養士を目指すことを決意。3年次からは地域連携活動が盛んなゼミナールに所属し、高齢者を対象とした栄養相談の実施など、学びで得た知識を実践する経験もできました。他にも、実在する自治体をモデルに、健康課題を改善する架空の事業計画を立案したり、卒業研究では行政主体の離乳食教室を調査するなど、将来の仕事に直結する学びに満ちた4 年間でした。どんな事情を持つ方にも親身に寄り添い、気軽に健康について相談してもらえる「かかりつけの管理栄養士」を目指していきます。

K・Tさん
管理栄養学科4年
内定先:相模原市役所(管理栄養士職)