情報公開

ホーム大学概要情報公開 / 6. 大学等の教育課程に関する情報

(1) 授業科目、授業内容、授業計画

大学 科目ナンバー、カリキュラムチャート

大学 カリキュラム

大学 シラバス

大学 実務経験を活かした授業

<検索方法>

  • ・シラバスの全文検索から検索キーワード「実務経験」を入力して検索してください。
  • ・「実務経験を活かした授業」の講義一覧が表示されます。
  • ・講義一覧に表示された講義コード(8桁)のアルファベットは、各学科を表記しています。
  • 「H」家政保健学科の科目
  • 「N」管理栄養学科の科目
  • 「C」児童学科の科目
  • 「P」子ども心理学科の科目
  • 「E」教育学科の科目

大学院 科目ナンバー、カリキュラムチャート

大学院 カリキュラム

大学院 シラバス

短期大学部 科目ナンバー、カリキュラムチャート

短期大学部 カリキュラム

短期大学部 シラバス

短期大学部 実務経験を活かした授業

<検索方法>

  • ・シラバスの全文検索から検索キーワード「実務経験」を入力して検索してください。
  • ・「実務経験を活かした授業」の講義一覧が表示されます。
  • ・講義一覧に表示された講義コード(8桁)のアルファベットは、各学科を表記しています。
  • 「J」初等教育学科の科目

(2) 学修成果の評価、卒業・修了認定の基準 

成績評価基準、GPA制度(大学・大学院・短期大学部)

合否 評価 評点 評価の基準 ※Grade Point
合格 S 100~90点 到達目標を十分に達成できている非常に優れた成績 4
A 89~80点 到達目標を十分に達成できている優れた成績 3
B 79~70点 到達目標を達成できている成績 2
C 69~60点 到達目標を最低限達成できている成績 1
合格 段階なし GPAに算入しない
合格 段階なし GPAに算入しない
不合格 F 59点以下 到達目標を達成できていない成績 0
E 成績評価なし 評価なし 0
不合格 評価なし GPAに算入しない

<GPA(Grade Point Average)について>

  • ・成績評価には、GPA制度を取り入れています。
  • ・GPAは、成績を5段階で評価し、獲得ポイントの合計を履修登録した総単位数で割った1単位あたりの成績の平均値です。

<GPAの算出式>

GPA = (履修登録した授業科目のGrade Point × 単位数)の合計 / 履修登録した授業科目の単位数の合計

<GPAの活用方法>

  • ・GPAは、学外実習(幼稚園教諭・小学校教諭・中学校教諭・高等学校教諭・特別支援学校教諭・養護教諭・栄養教諭・栄養士・管理栄養士・保育士・児童厚生一級指導員・児童厚生二級指導員・レクリエーション・インストラクター・公認心理師・学芸員)の実習参加要件として活用しています。
  • ・GPAが2.0未満の学生には注意・指導をすることがあります。

CAP制(履修単位の登録上限設定)(大学)

年次 1年次 2年次 3年次 4年次
セメスター 第1
セメスター
第2
セメスター
第3
セメスター
第4
セメスター
第5
セメスター
第6
セメスター
第7
セメスター
第8
セメスター
上限単位数 24単位 24単位 24単位 24単位 24単位 24単位 24単位 24単位

<CAP制について>

  • ・CAP制は、単位取得に必要な学修時間(授業時間と授業外の予習・復習などの時間)を確保するため、各セメスターに履修登録できる単位数の上限を設定することです。1セメスターに履修登録できる単位数は24単位までです。

大学 卒業要件単位、取得可能学位

家政学部 家政保健学科(2022年度)
科目区分 必修 選択 卒業に必要
な単位数
取得可能学位
総合教育
科目
建学の精神 5単位 0単位 30単位 124単位 学士(家政学)
精神と文化 2単位 6単位
社会と産業 2単位
生命と自然 2単位
生活と技術 2単位
健康とスポーツ 2単位
情報科学 3単位
外国語 6単位
専門教育科目 14単位 80単位 94単位
家政学部 管理栄養学科(2022年度)
科目区分 必修 選択 卒業に必要
な単位数
取得可能学位
総合教育
科目
建学の精神 5単位 0単位 30単位 124単位 学士(栄養学)
精神と文化 2単位 4単位
社会と産業 2単位
生命と自然 4単位
生活と技術 2単位
健康とスポーツ 2単位
情報科学 3単位
外国語 6単位
専門教育科目 68単位 26単位 94単位
児童学部 児童学科(2022年度)
科目区分 必修 選択 卒業に必要
な単位数
取得可能学位
総合教育
科目
建学の精神 5単位 0単位 34単位 124単位 学士(児童学)
精神と文化 2単位 10単位
社会と産業 2単位
生命と自然 2単位
生活と技術 2単位
健康とスポーツ 2単位
情報科学 3単位
外国語 6単位
専門教育科目 18単位 72単位 90単位
児童学部 子ども心理学科(2022年度)
科目区分 必修 選択 卒業に必要
な単位数
取得可能学位
総合教育
科目
建学の精神 5単位 0単位 30単位 124単位 学士(心理学)
精神と文化 2単位 6単位
社会と産業 2単位
生命と自然 2単位
生活と技術 2単位
健康とスポーツ 2単位
情報科学 3単位
外国語 6単位
専門教育科目 24単位 70単位 94単位
教育学部 教育学科(2022年度)
科目区分 必修 選択 卒業に必要
な単位数
取得可能学位
総合教育
科目
建学の精神 5単位 0単位 30単位 124単位 学士(教育学)
精神と文化 2単位 6単位
社会と産業 2単位
生命と自然 2単位
生活と技術 2単位
健康とスポーツ 2単位
情報科学 3単位
外国語 6単位
専門教育科目 14単位 80単位 94単位

大学院 修了要件単位、取得可能学位

児童学研究科(2022年度)
専攻名 必修 選択 修了に必要
な単位数
取得可能学位
児童学専攻
(修士課程)
8単位 22単位 30単位 修士
(児童学)

短期大学部 卒業・修了要件単位、取得可能学位

初等教育学科(2022年度)
科目区分 必修 選択 卒業に必要
な単位数
取得可能学位
総合教育
科目
建学の精神 3単位 0単位 19単位 63単位 短期大学士
(教育学)
精神と文化 2単位 0単位
社会と産業 2単位
生命と自然 2単位
生活と技術 2単位
健康とスポーツ 1単位
情報科学 3単位
外国語 4単位
専門教育科目 17単位 27単位 44単位
専攻科(2022年度)
専攻名 必修 選択 修了に必要
な単位数
初等教育専攻 0単位 30単位 30単位

(3) 修得すべき知識・能力

(4) キャリア教育ポリシー

大学 キャリア教育ポリシー

鎌倉女子大学は、建学の精神に基づき、以下のように教育活動全体を通じてキャリア教育を行う。

  • 1.「建学の精神に基づく特色ある教育」を通じて、豊かな教養と感性を育み、生涯にわたり自らのキャリアを主体的に形成していくことのできる女性を養成する。
  • 2.「深い教養を育む学士課程教育」を通じて、基礎的・汎用的能力をはじめとする学士力を形成し、社会の多様な場面に柔軟に対応できる、自立した社会人を養成する。
  • 3.「学部・学科の専門教育」を通じて、健全な職業観や専門的な知識・技能を身につけ、専門分野での学びを生かして様々な職域において活躍できる、自立した職業人を養成する。

短期大学部 キャリア教育ポリシー

鎌倉女子大学短期大学部は、建学の精神に基づき、以下のように教育活動全体を通じてキャリア教育を行う。

  • 1.「建学の精神に基づく特色ある教育」を通じて、豊かな教養と感性を育み、生涯にわたり自らのキャリアを主体的に形成していくことのできる女性を養成する。
  • 2.「深い教養を育む学士課程教育」を通じて、基礎的・汎用的能力をはじめとする学士力を形成し、社会の多様な場面に柔軟に対応できる、自立した社会人を養成する。
  • 3.「学科の専門教育」を通じて、健全な職業観や専門的な知識・技能を身につけ、専門分野での学びを生かして様々な職域において活躍できる、自立した職業人を養成する。

(5) 教員養成に関する情報

教員養成に関する情報(大学・大学院・短期大学部)