入学検定料
(入学検定料免除・割引制度、入学検定料の返還について)

ホーム受験生の皆さま入試情報 / 入学検定料(入学検定料免除・割引制度、入学検定料の返還について)

入学検定料30,000円[一般選抜(共通テスト利用)15,000円]

入学検定料免除制度

*1回の入学検定料で、次回以降の試験は入学検定料免除でチャレンジできます。

最初に受験する試験の入学検定料(30,000円)を納入するだけで、次回以降に出願した試験の入学検定料が免除となる制度です。志望学科を変更した場合でも免除の対象です。また、出願期間が重複している「一般選抜(学部/特待生チャレンジ)」と「一般選抜(学部)前期」を同時に出願する場合や「一般選抜(短大/特待生チャレンジ)」と「一般選抜(短大/国語1教科)前期」を同時に出願する場合でも、入学検定料免除が適用され、1回の入学検定料(30,000円)で受験できます。ただし、「学校推薦型選抜(指定校)」、「一般選抜(共通テスト利用)前期・後期」「社会人特別選抜」には適用されません。

最初に受験した試験 入学検定料免除となる試験
総合型選抜
(学部・専願制/高大接続)
(短大・併願制/保育者適性)
学校推薦型選抜
(学部・専願制/一般)、
(短大・併願制/一般) 
一般選抜
(学部/特待生チャレンジ)、
(短大/特待生チャレンジ) 
一般選抜
(学部)前期、
(短大/国語1教科)前期
一般選抜
(学部)後期、
(短大/国語1教科)後期
学校推薦型選抜
(学部・専願制/一般)、
(短大・併願制/一般)
総合型選抜
(短大・併願制/保育者適性)
一般選抜
(学部/特待生チャレンジ)、
(短大/特待生チャレンジ) 
一般選抜
(学部)前期、
(短大/国語1教科)前期
一般選抜
(学部)後期、
(短大/国語1教科)後期
一般選抜
(学部/特待生チャレンジ)、
(短大/特待生チャレンジ)
一般選抜
(学部)前期、
(短大/国語1教科)前期
一般選抜
(学部)後期、
(短大/国語1教科)後期
一般選抜
(学部)前期、
(短大/国語1教科)前期
一般選抜
(学部)後期、
(短大/国語1教科)後期

志望学科を変更した場合でも1回分の入学検定料
(30,000円)で受験可能!

*年内入試の入学手続完了者も入学検定料免除で特待生を目指せます。短大の年内入試の入学手続完了者は学科を変えて再チャレンジすることもできます。

学部の総合型選抜・学校推薦型選抜(一般)や学部・短大の学校推薦型選抜(指定校)では、入学手続き済みの学科で「一般選抜(特待生チャレンジ)」を入学検定料免除で受験できます。
「総合型選抜(短大・併願制/保育者適性)」・「学校推薦型選抜(短大・併願制/一般)」の入学手続完了者も、短大の入学を担保したうえで学部・短大両方の「一般選抜(特待生チャレンジ)」を入学検定料免除で受験できます。学部合格のチャンスはもちろん、学部・短大の特待生になるチャンスもあります。学部に合格した場合、納入した短大の入学金は学部にスライドすることが可能です。

総合型選抜(学部・専願制/高大接続)
学校推薦型選抜(学部・専願制/一般)
入学手続完了者

手続き済みの学科で
特待生チャレンジを入学検定料免除で受験!

特待生のチャンス!

一般選抜(学部/特待生チャレンジ)

学校推薦型選抜(指定校)
入学手続完了者

手続き済みの学科で
特待生チャレンジを入学検定料免除で受験!

特待生のチャンス!

一般選抜(学部/特待生チャレンジ)
一般選抜(短大/特待生チャレンジ)

総合型選抜(短大・併願制/保育者適性)
学校推薦型選抜(短大・併願制/一般)
入学手続完了者

学部の特待生チャレンジを入学検定料免除で受験!

学部合格、
学部特待生のチャンス!

一般選抜
(学部/特待生チャレンジ)

短大の特待生チャレンジを入学検定料免除で受験!

短大特待生の
チャンス!

一般選抜
(短大/特待生チャレンジ)

*学校推薦型選抜(一般)・一般選抜で学部と短大を学内併願する場合も1回の入学検定料で受験できます。

「学校推薦型選抜(学部・専願制/一般)」出願者が「学校推薦型選抜(短大・併願制/一般)」を学内併願する場合や「一般選抜(学部)」出願者が短大の「一般選抜(短大/国語1教科)」を学内併願するときの入学検定料(30,000円)は免除されます。

  • ※「学校推薦型選抜(学部・専願制/一般)」出願者が「学校推薦型選抜(短大・併願制/一般)」を学内併願する場合は、「学校推薦型選抜(学部・専願制/一般)」と「学校推薦型選抜(短大・併願制/一般)」の両方を受験する必要があります。
  • ※一般選抜の「国語」の試験問題は、学部と短大の共通問題です。学部で受験された「国語」の成績を「一般選抜(短大/国語一教科)」の合否判定に使用します。

学内併願パターンの一例

幼稚園教諭を目指す受験生は…

児童学科OR子ども心理学科

初等教育学科(短大)

保育士を目指す受験生は…

児童学科

初等教育学科(短大)

小学校教諭を目指す受験生は…

児童学科OR子ども心理学科OR教育学科

初等教育学科(短大)

※短期大学部初等教育学科の在籍者が学部編入学、短期大学部専攻科へ進学する場合、学部編入学と短期大学部専攻科の入学金は免除されます。

共通テスト併願割引制度

「一般選抜(共通テスト利用)前期」・「一般選抜(共通テスト利用)後期」において、学部と短期大学部を併願する場合も含め、1回の入学検定料(15,000円)で学科数の上限なく複数出願できます。大学入学共通テストの受験科目によっては全学科併願も可能です。

併願パターンの一例

小学校教諭を目指す受験生は…

  • 児童学科15,000円
  • 子ども心理学科0円
  • 教育学科0円
  • 初等教育学科(短大)0円
  • ||合計 15,000円

4学科を1回分の入学検定料(15,000円)で出願!

養護教諭を目指す受験生は…

  • 家政保健学科15,000円
  • 子ども心理学科0円
  • ||合計 15,000円

2学科を1回分の入学検定料(15,000円)で出願!

学部第2志望申請制度

「学校推薦型選抜(学部・専願制/一般)」・「一般選抜(学部/特待生チャレンジ)」・「一般選抜(学部)前期」・「一般選抜(学部)後期」では、管理栄養学科以外の学科を第2志望学科として申請することができます。第1志望の学科で不合格となった場合、出願時に第2志望の申請があれば、第2志望の学科であらためて合否判定をいたします。第2志望を申請しても入学検定料は30,000円です。

入学検定料の返還について

以下の項に該当する場合は、入学検定料を返還しますので入試・広報センターまで申し出てください。

  • ・入学検定料を納入したが、出願書類を提出しなかった場合
  • ・入学検定料を誤って二重もしくは過剰に納入した場合
  • ・出願が受理されなかった場合
  • ・学校保健安全法施行規則に規定された感染症により受験ができなかった場合
  • ・その他、本学が認めるやむを得ない事由の場合

お問い合わせ先

鎌倉女子大学・鎌倉女子大学短期大学部
入試・広報センター 入試・広報課

TEL : 0467-44-2117(直通)

FAX : 0467-44-1168