2019年03月08日 (金)

第15回神奈川産学チャレンジプログラム 優秀賞受賞

「第15回神奈川産学チャレンジプログラム」受賞報告会が、1月15日(火)および16日(水)に本学にて行われました。

「神奈川産学チャレンジプログラム」は、一般社団法人神奈川経済同友会の会員企業・団体と神奈川県内参加大学との産学連携による学生の人材育成を目的とした課題解決型研究コンペティションです。
企業が日常の経営課題の中から実践的な研究テーマを提示し、学生はチームを組み、応募したテーマについて研究レポートを提出します。提出された研究レポートは、審査を受け、優秀な研究については表彰を受け、その栄誉が称えられます。

本学から6チームが応募し、家政保健学科の武井安彦教授ゼミナールの5名、櫻井俊郎教授ゼミナールの4名、教育学科の北村克久准教授ゼミナールの6名が優秀賞を受賞しました。
受賞報告会では、優秀賞受賞チームが各々の研究の成果を発表しました。
houkokukai.png
【優秀賞受賞 教育学科の北村克久准教授ゼミナールの受賞報告】


表彰式は、2018年12月18日(火)パシフィコ横浜会議センターにて開催されました。
今年度は、県内20大学243チームが参加し、68チーム(最優秀賞20チーム、優秀賞48チーム)が入賞しました。

本学の優秀賞受賞テーマと入賞者は、以下の通りです。

【テーマ提示企業】
湘南ステーションビル株式会社
【テーマ】
「これからの駅ビルに求められる高齢者対策の取り組み・これからの駅ビルに求められるインバウンド対策の取り組み」
【入賞者】
家政学部家政保健学科3年 小長谷 優
家政学部家政保健学科3年 小林 歩実
家政学部家政保健学科3年 鈴木 彩花
家政学部家政保健学科3年 塚本 沙理奈
家政学部家政保健学科3年 伊藤 美彩

01.png
【武井安彦教授ゼミナールチーム】

【テーマ提示企業】
ナイス株式会社
【テーマ】
「日本を代表する新たな木造建築の立案~東京オリンピックを活かして木の文化を世界へ発信しよう~」
【入賞者】
家政学部家政保健学科3年 鬼窪 麻由
家政学部家政保健学科3年 松尾 朱梨
家政学部家政保健学科3年 中村 綾花
家政学部家政保健学科3年 庄司 朝子
DSC_0063.JPG
櫻井俊郎教授ゼミナールチーム】

【テーマ提示企業】
ALSOK神奈川株式会社
【テーマ】
「神奈川に根ざす『安心・安全』を提供する会社が出来る地域貢献、地域活性と雇用の確保」
【入賞者】
教育学部教育学科4年 小笠原 佑実
教育学部教育学科4年 加藤 馨
教育学部教育学科4年 濱 紫苑
教育学部教育学科4年 吉村 遥花
教育学部教育学科3年 内山 未有
教育学部教育学科3年 藤田 春海
03.png
【北村克久准教授ゼミナールチーム】

アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月