ホーム / 第9回 お弁当甲子園
第9回 お弁当甲子園

第9回 鎌倉女子大学 お弁当甲子園 お弁当に込めた、私の想い!お弁当であなたの想いを表現しよう。

[募集期間]2020年7月1日(水)~9月3日(木)※必着 応募方法/専用の応募用紙に必要事項を記入し、郵送にてお送りください。

応募用紙(PDF101KB)応募用紙(PDF101KB)
昨年度 最優秀賞

「私」から「引越した親友」へ

思い出弁当

〈コンセプト〉 小学生の頃から仲が良かった親友が昨日、神奈川県に親の事情で引越してしまいました。今回はその友人のために心をこめて弁当をつくりました。そぼろ丼にした理由は、彼が好きだったからです。部活の昼飯もそぼろ丼が多くいつも一口もらっていたのが良い思い出です。また一口もらっていたおかげで具材になにがはいっていたか記憶しており、まったく同じ具材をつかっています。また彼は重度の野菜嫌いでした。しかしキュウリとコーンは食べることができます。ではなぜトマトを入れたのかというと、彼の成長を問うつもりで入れました。きっと食べれないに違いありません。彼が喜ぶ姿が想像できるので、朝早く起きてつくったかいがありました。

応募規定 専用の応募用紙に必要事項を記入し、郵送にて応募。応募用紙に「私」から「誰」へ「タイトル」「献立」を記入し「お弁当に込めた想い」を300字以内でまとめ、お弁当写真を貼り応募。
※入賞者には、お弁当写真データの提供を依頼させて頂く場合がございますので、応募されるお弁当の作品データは保存頂きますようお願い致します。
審査基準 自作のお弁当の写真と「献立」「お弁当に込めた想い」を総合的に評価し審査する。
審査委員長 吉田啓子(鎌倉女子大学教授・家政学部長)
特別審査委員


阿部了(写真家)


阿部直美(ライター)


近著「ひるけ」 阿部了


近著「おべんとうの
時間がきらいだった」
阿部直美

ANA機内誌「翼の王国」
人気No.1エッセイ「おべんとうの時間」著者
NHK「サラメシ」にてお弁当ハンターとして出演中

審査委員 髙橋ひとみ(鎌倉女子大学教授)
山口真由(鎌倉女子大学講師)
参加資格 高等学校に在籍する生徒(学年・性別は不問)
表彰
  • 最優秀賞1名(賞状・副賞3万円)
  • 優秀賞2名(賞状・副賞1万円)
  • 特別審査委員賞2名(賞状・副賞旅行券1万円分)
  • 入選5名(賞状・副賞5千円)
  • 佳作10名(協賛社より記念品)
  • 学校賞3校(賞状・協賛社より記念品)
  • 鎌倉女子大学賞3校(賞状・記念品)
入賞者全員に、鎌倉女子大生が商品開発したオリジナルグッズをプレゼント
表彰式 2020年10月18日(日) 鎌倉女子大学 大船キャンパス
*新型コロナウイルスの影響により変更することがあります
コンテスト
お問い合わせ先
高校生新聞社 コンテスト係 〒194-0022 東京都町田市森野1-34-10
TEL: 042-724-2750
FAX: 042-724-2710
E-mail: contest2020@sclpa.jp