家政学部 管理栄養学科 主な授業・ゼミナール紹介

授業紹介

  • 1年
  • 2年
  • 3年
  • 4年
  • ゼミナール

1年

基礎調理学実習

おいしい調理のための知識と技術を身につける

調理実習は給食経営管理に準じた衛生管理操作で行い、大量調理へ応用できる力を養います。実習ではさまざまな食品を使用し、調理器具や調理操作について幅広い知識の習得、そして食文化、テーブルコーディネートなどについても学習していきます。

基礎栄養学(1)

栄養素の人体への摂取と消化・吸収の仕組みを学ぶ

栄養素がどう吸収されて、どのように利用されるかを学び、健康を維持する食べ方を考える基礎となります。基礎科目ですが理解しにくいことは、今までの体験や自分の体に置き換えて考えます。

解剖生理学(1)

人体の構造と機能について器官別に詳しく探る

人体を構成する細胞の知識、消化器系、循環器系、腎・尿路系など器官別の仕組みを学び、生体を維持・調節する仕組みや生理的変化が全身に及ぼす影響について理解を深めます。

2年

生化学実験(2)

実験を通して栄養関連物質の性質について理解を深める

生化学実験②では、生体内で起きている化学反応を試験管の中で再現し、その現象を理解することを目的にしています。これまでの関連講義で得た知識について実験を通して確認するとともに、精密機器、実験器具及び試薬を用いた、より高度な実験技術を学びます。これにより、得られた実験結果に対する解析力や考察力を養い、栄養に関わる専門分野への橋渡しを行います。

応用栄養学(1)

人の成長発達段階に応じた栄養ケアプログラムを学習

乳幼児の成長・発達段階や妊産婦など、ライフステージの違いによる人体構造や機能変化への理解を深め、栄養状態の評価・判定方法や状態に応じた栄養ケアを修得します。

食品衛生学実験

食品の安全な取り扱いと食品衛生検査の基礎を習得

微生物検査法をはじめ理化学的検査法、品質検査法など食品衛生検査の基礎技術を学び、食品衛生を管理する者に必要とされる現場の状況に合った行動・判断力を身につけます。

3年

健康栄養カウンセリング

相手の気持ちを理解した栄養指導の理論と技術を学ぶ

栄養士の仕事は栄養の指導(教育)です。ただし、知識や情報を提供するだけの一方的な指導では食習慣を変えるのは困難で、行動科学とカウンセリング理論を応用することが大切であることがわかってきました。この授業では、理論に基づいて『相手の立場に立って、相手を理解し、その理解を示しながらその人に合った手法の提案をする』ことを中心に、相手の気持ちを理解する理論と技術を学びます。

給食経営管理論実習

給食施設の運営ノウハウとマネジメントを学内で体験

給食経営のマネジメントサイクルPDCA(計画⇒実施⇒評価⇒改善)を実践します。実際に栄養・食事計画を立案して学内で給食を提供し、満足度調査なども行います。

臨床栄養管理論

薬品と食品の関わり体に及ぼす影響を学ぶ

医薬品を安全に作用させるために知っておくべき薬品と食品の相互作用を理解し、薬物動態の基礎や、代表的な食品成分と栄養素が薬物に及ぼす影響について学びます。

4年

管理栄養士特論(1)

高度な専門知識と実践力を使いこなせる管理栄養士に

社会の多様化に伴い、管理栄養士は高度な専門知識と実践力の習得のみでなく、ひとと向き合い、これらの能力を臨機応変に活用して社会に貢献することが求められています。本講義では、こうした社会的ニーズにこたえるべく、これまでに学んだ臨床栄養学・栄養教育論・公衆栄養学・給食経営管理論の知識・技術を分野横断的に融合して学習することで、順応性に富んだ問題解決能力の高い管理栄養士を育成します。

スポーツ栄養学

科学的根拠に基づいたスポーツ栄養学を学ぶ

スポーツ選手や疾病者の食の現状を把握し、必要な運動指導について学びます。スポーツ選手に対して、またスポーツシーンにおいて、管理栄養士として適切なアドバイスを行う力を身につけます。

医療福祉栄養活動論

高齢者のための制度やサービスについて理解する

高齢者を支える介護保険制度と医療・介護連携を理解し、個々人に対応した食・栄養ケアサービスを実現する為に必要な栄養・食事形態・料理のそれぞれのデザインに必要な知識と手法を修得します。

ゼミナール

「機能性食材」ゼミナール 大村正史 教授

食品素材の持つ機能性について研究する

さまざまな食品素材の持つ機能性について研究をしています。具体的には、食物繊維を用いてその生理作用をいろいろな角度から検討しています。かつては栄養学的には不要なものとされていた食物繊維ですが、近年ではその機能性が明らかになり、多方面から注目される栄養素となっています。身近な食品素材の機能性を研究することにより、素材の付加価値を高める技術を身につけ、食に対する正しい知識と新しい知識を持つ管理栄養士の育成をめざします。

「食品化学」ゼミナール 河内公恵 教授

食品を分析し、おいしさを数値化する

「食品のおいしさに影響する要素を明らかにする」ために、試食評価と食品の分析の実験、特に香りの分析に力を入れています。おいしさを数値化することで、商品開発や調理法の改良に役立つ情報を提供したいと考えています。学生には実験方法も自分達で工夫し、学会などで研究発表の経験もしてもらうことで、自分で考え抜く力や説得力を身につけてもらいたいと考えています。

「集団給食と栄養・食事管理」ゼミナール 大中佳子 准教授

健康の維持増進のためのメニューを考案

給食の目的は、食事で生活習慣病を予防し、健康を維持増進することにあります。ゼミナールでは、健康を維持増進する衛生的で安全な食事について研究をしています。具体的には、学生食堂の“ヘルシーメニュー”を考案し、その喫食状況や調理工程など、さまざまな視点から調査を行っています。

「健康開発」ゼミナール 平野 雄 教授

実験や調査で健康に関する情報の正確さを検証

健康に関する情報が氾濫している今、何が本当なのかを、生物学的な基礎実験から統計学的調査まで、さまざまな角度でその答えを探します。ゼミナールでは、生物学的実験法、統計学的手法、論文の読み方などを習得し、研究力を身につけます。さらに、企業との共同研究も実施し、学会などへも積極的に参加しています。

ゼミナールの一例

  • ・栄養医科学ゼミナール
  • ・栄養アセスメント学ゼミナール
  • ・腫瘍学ゼミナール
  • ・サプリメント・健康食品ゼミナール
  • ・公衆栄養学ゼミナール

卒業研究テーマの一例

  • ・インスリン抵抗性特異なマイクロRNA定量のためのPCRの条件検討
  • ・血液透析患者における大腿部血管の動脈硬化と上腕測定値との関係
  • ・オキシピナタニンの経口摂取による睡眠改善効果の解析
  • ・各種穀類に含まれるレジスタントスターチ含有量の測定
  • ・食育介入の有無による野菜摂取状況の変化について
トップ > 大学院・学部・学科 > 家政学部 管理栄養学科 > 主な授業・ゼミナール紹介