短期大学部 初等教育学科 履修のポイント

初等教育学科では、入学直後に将来の進路を決めます。それに従い、1年次では基本的な科目を学び、教育者や保育者にとって重要な基礎的な力を養います。複数の免許・資格を取得しようとすると、2年間で履修する科目も多くなるため、自分の将来をよく考え、免許・資格を厳選して時間割を立てることが大切です。2年次では、1年次で培った基礎力をもとに、演習や実習を通して実践力の向上をめざします。

2年間の履修例

第1セメスター(春)

初等教育学科では、入学直後に将来の進路を定めます。それに従い「教育原理」などの必修科目や基本的な科目で教育者や保育者に必要な基礎力を身につけます。

 
1 英語(1) 社会   保育原理  
2 国語 社会福祉 情報リテラシー 児童家庭福祉  
3 音楽(1) 建学の精神     教育原理
4   乳児保育 算数 書道 レクリエーション理論
5 教育心理学 児童文化      
6   図画工作      

第2セメスター(秋)

保育所実習などが始まり専門的な学習が増えます。複数の資格取得をめざす人は余裕のある時間割を立てて取得する免許・資格を選択し、計画的に取り組みます。

 
1   図画工作 保育内容演習表現 図画工作科教育法 教職概論(同和教育を含む)
2 子どもの食と栄養実習 保育者論 カリキュラム論II 体育 保育実習指導I(保育所)
3 建学の精神実践講座(1) 子どもの食と栄養 プレゼンテーション 日本国憲法  
4 カリキュラム論I

保育内容演習言葉

保育内容演習環境 保育内容演習健康  
5     保育内容演習人間関係   教育実習指導
6       理科  

授業時間

時限 授業時間
1講時 8:40~10:10
2講時 10:20~11:50
3講時 12:40~14:10
4講時 14:20~15:50
5講時 16:00~17:30
6講時 17:40~19:10

第3セメスター(春)

1年次に培った基礎力をもとに、「幼児指導」や「レクリエーション実技」などの科目で実践力を身につけます。保育実習・教育実習は春セメスターに履修登録します。

 
1          
2   小学校英語   保育の心理学演習 教育方法・技術
3 社会的養護 生活と環境 レクリエーション実技(1) 保育実習指導II(保育所)  
4 子どもの保健(1) 家庭支援論   幼児指導 児童の健全育成と福祉
5 子どもの保健演習 発達心理学      
6   道徳教育の理論と方法      

第4セメスター(秋)

保育士や幼稚園・小学校教諭、児童厚生2級指導員、レクリエーション・インストラクターをめざす人は学外実習に参加。実習報告会で2年間の知識と実践力を総括します。

 
1 英語(2)     教育相談  
2   建学の精神実践講座(2) ムーブメント療法 障害児保育 教育方法・技術演習
3   保育・教職実践演習(幼・小) レクリエーション実技(2) 経済のしくみ  
4 子どもの保健(2)

 

小学校英語教育法 相談援助演習 リトミック
5       教育制度  
6       臨床心理学  

授業時間

時限 授業時間
1講時 8:40~10:10
2講時 10:20~11:50
3講時 12:40~14:10
4講時 14:20~15:50
5講時 16:00~17:30
6講時 17:40~19:10

学生の声

幼い頃からの夢を実現保育士として乳児の成長を見守りたい

小学生の頃から保育士に憧れて、中学・高校時代にも保育園のインターンシップに参加しました。特に0〜1歳児の保育に携わりたいという気持ちが強く、大学では乳児に関する授業に力を入れました。乳児の保育は大変ですが、その分やりがいも大きいと感じています。1年次の3月と2年次の8月に保育実習に参加しましたが、その半年間の 成長ぶりは驚くほどで、改めて乳児の成長過程に携わりたいと思いました。採用試験が実習と重なり、満足に公務員試験対策ができず、自信はありませんでしたが、合格通知を受け取ったときは、本当に嬉しかったです。乳児の成長過程をしっかり見守っていける保育士になりたいと思います。

M・Nさん
初等教育学科2年
内定先:逗子市(保育士)

さまざまな人と関わる職場で自分にしかできない仕事がしたい

保育士、幼稚園教諭の免許取得をめざしながら、一般企業への就職も視野に入れて進路を考えていたため、秘書実務やITスキルを磨くための企業学習プログラムも意欲的に受講しました。就職活動は、実習時期と重なり大変でしたが、就職センターの先生にサポートしていただいた企業研究も楽しく取り組めて、苦にはなりませんでした。最終的には、幅広く人と関われる環境で働き貢献したいと考え、一般企業を志望しました。内定先企業は、入社後に半年間の研修を行うほか、『子育てサポート企業』に認定されているなど、人を大切にする社風です。恵まれた職場で、大学で学んだ建学の精神や知識を活かしていきたいと思います。

A・Tさん
初等教育学科2年
内定先:株式会社アイネット(総合職)

短大の学びから更に視野を広げ実践力をつけて社会に出ます

短大時代の学外実習では、障がいのある子、精神的に安定しない子、いろいろな国の子など、さまざまな背景をもった子どもに接して、実践的な力の必要性を実感し、進学を考えるようになりました。最初は編入学と迷っていたのですが、私は特に野外活動や家庭支援に興味があり、専攻科にはキャンプや親子レクリエーション、ムーブメント療法実践学、保育英語など、私のやりたい勉強が詰まっていると知り、ぜひ学びたいと思いました。子どもの頃、キャンプや野外活動で苦手だった虫が好きになるなど、先生の働きかけで自分が変わる経験をしました。私もそんなふうに体験を通じて、よいきっかけをたくさん与えられる先生になりたいです。

T・Sさん
初等教育学科2年

あれもこれも勉強したくなり編入学で深めることに

2年の5月の実習が終わり、「まだ学び足りない」と思ったのが、就職ではなく編入学を選ぶきっかけでした。10月の実習が終わるまでは試験勉強の時間が取れなかったため、約1カ月間集中して小論文と面接対策に取り組みました。合格できたのは、先生方が熱心に小論文の添削や面接指導をしてくださったおかげです。編入後は、発達障がいや心理系の学びを深めたい、フィールド観察系のゼミに入りたいなど、既に挑戦したいことがたくさんあります。年の離れた妹の面倒をみていて、ずっと保育士になりたいと思っていました。「忙しいから今はダメ」という先生主体ではなく、子どもを主体に考え、子どもの気持ちをくみとれる先生をめざしてさらに学んでいきたいです。

S・Iさん
初等教育学科2年

乳児期の専門知識を実践的に理解

乳児の発達段階や保育の方法、乳児院などの施設、乳児保育の歴史など乳児についての基礎的な知識がしっかりと身につく授業です。プリントや講義だけでなく、保育現場の映像を通して理解が深められます。また、乳児の人形を使って、おむつ替えやおんぶをしたり、乳児の視野を体験したりすることで、赤ちゃんに対して配慮すべき点に実体験で気づくことができます。実践ですぐに役立つ学習が多いため、とても高い意識で学んでいます。

E・Iさん
初等教育学科1年

地元秦野市の公務員として子どもに関わっていきます

自然が多く、のびのびとした環境の中で子どもに関わっていきたいと地元である秦野市の公務員試験に挑戦しました。秦野市の採用試験には初対面の受験者4人で30分以内に寸劇を作るグループワークがあります。ピアノ実技や面接のように事前に準備ができない点に不安を感じながら受験しましたが、1年次に受けた「保育内容演習表現」の授業で、指人形を作って発表するなど人前で演じる表現力を身につけていたことが役立ち、結果的には楽しんで課題に挑むことができました。これからは、豊かな自然の中で、子どもたちが自ら遊びを見つけて楽しみ、生きる力を育めるように支援していきたいです。

Y・Aさん
初等教育学科2年
内定先:秦野市(幼稚園教諭・保育士)