保健センター

保健センター

学生の皆さんが自分自身の健康を保持増進し、学生生活だけでなく生涯にわたり女性として健やかに生活を送れる事を目指し、健康面のサポートをします。

1. 健康相談

睡眠障害、月経に関することなど、健康上、心配なことがありましたら、一人で悩まずに相談してください。開室時間内であれば、予約なく受け付けます。

2. 応急処置

ケガや体調不良時の応急処置を行っています。

3. 定期健康診断の実施と保健指導

4月に実施する健康診断は、学校保健安全法によって義務付けられています。自分の健康状況を知ることで、病気の早期発見、早期治療だけでなく、自己管理の手がかりとすることができます。 

4.健康診断証明書の発行

本学での健康診断を受診し、かつ「所見なし」の場合は、健康診断証明書を発行します。未受診、他の医療機関で受診した場合は発行できません。
発行開始時期は、健康診断約1ヵ月後です。
所見ありの場合は、精密検査・治療の結果報告後、発行が可能になります。

5. 感染症と診断されたら

学校保健安全法により、「学校において予防すべき感染症」「出席停止期間」が定められています。本人の健康及び学内の蔓延防止のために次のことに気をつけてください。

学校において予防すべき感染症と診断されたら

  • ・医師の指示を守って自宅療養をしてください。
  • ・速やかに学生センターもしくは保健センター、必要に応じクラスアドバイザー・実習担当者などに連絡してください。
  • ・登校を再開するときは、授業に出る前に「治癒証明書」を保健センターに提出してください。

6. 麻しん風しんの予防接種(MRワクチン)を2回受けていない方にお知らせします。
(①確実にかかったことがある、②抗体検査の結果、予防接種を受ける必要がないと医師にいわれている方を除く)

学内及び教育実習、介護実習、病院実習等学外の実習での安全と環境維持のために、2回の接種をしていない方は、医師に相談の上、予防接種を受けるようお願いいたします。(文部科学省・厚生労働省から勧められています。)

*1歳までに1回、その後年齢によって2回目の接種が勧奨されています。不明な場合は、保健センターにお問い合わせください。

麻しんとは
非常に感染力が強く、発症した場合には重篤な後遺症を残したり死に至る危険性のある感染症です。

風しんとは
妊娠初期に感染すると、胎児が「先天性風しん症候群」を発症する可能性があります。

7. 遠隔地被保険証

医療機関を受診する場合、保険証がないと全額負担となります。遠隔地保険証又はカード式保険証を携帯してください。

トップ > 在学生の皆さま > 保健センター