児童学部 児童学科 履修のポイント

1年次では、自分が専門的に学習していく領域を定め、取得したい免許・資格を考慮しながら学習指針を立てます。2年次では、自分が深めていきたい専門性を意識しながら本格的な学習に入り、研究したいテーマを絞り込んでいきます。3年次では、乳幼児・児童に関する領域を幅広くカバーすると同時に、ゼミナールを足場にして専門的な学習を進めます。4年次では、卒業論文をはじめとする学内研究、学外実習を取り入れながら履修を行います。

4年間の履修例

第1セメスター(春)

自分の適性や興味関心に合わせて学習計画を立てます。1年次の終了までには、専門的に学習していく領域を定め、めざす免許・資格を決定します。

 
1   スタートアップセミナー   情報リテラシー  
2 スポーツ実技 建学の精神   児童文化(1)
3   児童学 保育者論 算数(1)  
4 児童家庭福祉   教育原理 社会福祉 子どもの保健(1)
5 保育原理 発達心理学     英語(1)
6          

授業時間

時限 授業時間
1講時 8:40~10:10
2講時 10:20~11:50
3講時 12:40~14:10
4講時 14:20~15:50
5講時 16:00~17:30
6講時 17:40~19:10

第4セメスター(秋)

専門性を深める本格的な学習が始まります。研究したいテーマを絞り込み、秋には3年次からのゼミナールを決定。免許・資格に関する準備や実習も組み込まれてきます。

 
1   建学の精神実践講座(2) 幼児指導   図画工作(2)
2 子どもの保健(2) 国際関係   保育内容演習人間関係 子どもの食と栄養
3     ダンス    
4 カリキュラム論I

子どもと教育環境

  保育英語  
5 教育法規     ジェンダー論  
6          

授業時間

時限 授業時間
1講時 8:40~10:10
2講時 10:20~11:50
3講時 12:40~14:10
4講時 14:20~15:50
5講時 16:00~17:30
6講時 17:40~19:10

第6セメスター(秋)

将来のキャリアにつながる科目やゼミナールなど、より専門的に学びます。実習では、学んだことを実践するとともに、自身の課題を見つけ、その後の成長に活かします。

 
1   ドイツ語(2) ゼミナール   保育内容演習環境
2 リトミック     臨床心理学  
3 家庭支援論 教育方法・技術演習 子どものと異文化理論   創作表現
4   社会学     子どもと社会学
5   障害児保育   教育実習指導  
6          

授業時間

時限 授業時間
1講時 8:40~10:10
2講時 10:20~11:50
3講時 12:40~14:10
4講時 14:20~15:50
5講時 16:00~17:30
6講時 17:40~19:10

第7セメスター(春)

学内研究、学外実習、就職活動など卒業に向けて忙しい1年となります。年次の最後には「卒業研究発表会」でこれまでの学びの集大成を披露します。

 
1     ゼミナール 社会(2)  
2 特別支援教育課題研究   教育評価   小学校英語教育法
3   家族関係の心理学   教育実習指導(特別支援教育)  
4         現代の政治
5          
6          

授業時間

時限 授業時間
1講時 8:40~10:10
2講時 10:20~11:50
3講時 12:40~14:10
4講時 14:20~15:50
5講時 16:00~17:30
6講時 17:40~19:10

学生の声

培った広い視野で教育論を卒論に

平井ゼミは、教育以外にもジェンダーや人権、正義など、さまざまなテーマを掘り下げ、皆でディスカッションしています。他の人の意見から色々な考え方があることを知るのは、自分だけでは思いつかない広い視野を持てる良い機会でした。4年秋からの卒業論文はマンツーマン指導です。私は「わかりやすい授業とはなにか」をテーマに教師と子どもが学び合う大切さを論じました。次は教師として、その教育論を実践してみたいと思います。

M・Kさん
児童学科4年

保育士・幼稚園教諭をめざしながら小学校の教員免許にも挑戦

幼い頃から暮らす地元の秦野市に少しでも貢献できたらと、公務員として保育や教育に携わる道を選びました。大学では、保育士・幼稚園教諭をめざしながら小学校教諭の免許取得にも挑戦しました。取得した3つの免許は、幼稚園や保育所から子どもたちを小学校へ送り出す立場として、将来必ず役に立つと思います。また、ゼミナールでは実際に保育園、幼稚園に出向き、子ども理解を深める活動に取り組んだほか、ボランティアにも積極的に参加しました。絵本の読み聞かせや手遊びなどで子どもを飽きさせない技術も身につき、子どもと接する機会を多くもてたことは就職活動を進める上での自信につながったと思います。

M・Sさん
児童学科4年
内定先:秦野市(幼稚園教諭・保育士)

同じ目標をもつ仲間と支え合い採用試験を乗り越えました

入学当初は、漠然と子どもに関わる仕事をしたいと考えていましたが、大学で学ぶうちに、クラス単位での授業や学校行事を通じて成長を見届けられる小学校教諭に魅力を感じるようになりました。3年の2月には、教職センター主催の「教員採用試験対策合宿」に参加。教育学科の学生も交えての試験対策やディスカッションでは、具体的な面接指導や、さまざまな視点からのアドバイスを受けることができ、教員への意欲も高まりました。授業では、指導案をできるだけたくさん書いて教育実習に臨み、採用試験前には、クラスの仲間と一緒に勉強し、支え合いました。仲間と過ごした時間は大切な思い出です。

Y・Hさん
児童学科4年
内定先:神奈川県教育委員会(小学校教諭)