家政学部 家政保健学科 主な授業・ゼミナール紹介

授業紹介

  • 1年
  • 2年
  • 3年
  • 4年
  • ゼミナール

1年

調理実習基礎

調理技術を身につけ、効率のよい料理作りをめざす

調理学の理論を実践し料理作りを行います。調理実習には基礎と応用があり、基礎は日常生活に必要な調理技術を身につけます。実習は主食、主菜、副菜、汁物、デザートを組み合わせ、4人程度のグループで行っています。作業工程図を書き、デモンストレーションを見 て進めますので、効率よく料理作りができるようになります。家庭科教員、フードスペシャリストをめざす学生、調理に興味ある学生たちが履修しています。

家政学

衣食住の専門教員によるオムニバス形式の講義

家政学史、衣生活、食生活、住生活の観点から、衣食住と人との交わり、人と人、人と地域社会との関わりなど身近な問題を体系的に把握し、解決する方法を学びます。

保健学

心身ともに健康な生活を送るために

人の健康維持に必要な知識や技術を学修するための基盤科目です。科学的視点で生活環境や教育などと関わる健康問題を把握し、解決策を考えます。授業は学科教員によるオムニバス形式で行います。

2年

アパレル設計実習

服作りの工程と作業内容を体験により理解する

アパレル設計の基礎を学習します。製図法には立体裁断と平面製図の技法がありますが、それらを学んだ後、実際にブルゾンの製図を平面製図法で行い、工業用パターン作りを体験します。さらにシーチングを使用して製図した衣服の縫製を行います。服を作った経験のない学生が大半ですが、ブルゾンはカジュアル衣料なので初心者には適した教材であり、縫製までを体験することにより、服作りの工程と作業内容を理解することができます。

生活とマネー(1)

生活設計のための金融知識を身につける

日本は超高齢社会となり、年金や税金の制度が大きく変化しています。お金や保険の知識を身につけ、一人ひとりの生き方に合った生活設計をする方法を考えます。ファイナンシャル・プランナー資格取得も視野に入れます。

インテリアデザイン

インテリアを計画し表現する力を養う

インテリアデザインに関する基本的な考え方や知識を学びます。授業は、実例、画像などを取り入れてわかりやすく展開。実践により、課題にそったインテリアプランニングやプレゼンテーション能力を養います。

3年

子育て支援

これからの子育て支援のあり方を描く

少子化が進むなか、子育てへの社会的サポートが社会の課題となっています。この授業では、世界の子育てや子育て支援について調べ、プレゼンテーションを行い、国際比較を通していまの日本の子育て支援の課題を考え、必要な視点や制度について提案してもらいます。女性の活躍への期待が高まっている現在、子育てのあり方も変化しています。個人の生き方を社会のデザインと結びつけて描ける人になってほしいと願っています。

カラーコーディネート

「色」を学問として学び色の心理学にも迫る

人の心理にも影響を及ぼす「色」の重要性を学びます。色彩学の基礎知識、衣食住における色彩計画への応用、表現力を養い、カラーコーディネーター2級合格をめざします。

臨床看護実習

地域の施設・病院実習で子どもの多様性を実感

学校と連携する地域の児童養護施設、子ども専門病院、重症心身障がい児(者)施設、総合病院などの機能と役割や、そこで働く職種の専門性を知り、子どもたちや家族との関わり方を学びます。

4年

住居設備学

生活で大切なライフラインを中心に住居設備を学ぶ

住まいは目に見える空間や外観が中心となりがちですが、普段目にすることは無い水道・ガス・電気の配管・配線はライフラインと呼ばれるほど、人の生命に直結した重要な役割を担っています。そのライフラインと共に関連する住居設備の仕組みや成立ちを学びます。授業の内容は座学を基本とし、実習も行いながら実践的な知識も身につけることができます。

消費者調査法

消費者調査の意義と手法を具体的に学ぶ

消費者ニーズの的確な把握は経営戦略の重要な視点です。その手法を調査票の作成や調査、結果の集計と分析を通して実践的に学習します。最終的にはグループワークによる報告書の作成まで行います。

食育論

「食育」の必要性を知り実践に役立てる

幼児や小児に対する食育の目的や背景を理解し、自分の食生活をモデルに食育の必要性を考えます。また、食教育計画を立案して発表・相互評価を行い、実践力を高めます。

ゼミナール

「養護学研究」ゼミナール 西牧眞里 教授

子どもの心と身体をしっかりと支援するために

学外実習で学んだことを基に、常に問題意識をもち、現代的な健康課題の解決にむけて求められる養護教諭の資質は何かを追究しています。大学内での勉強だけでなく、積極的に学校ボランティア・保健室ボランティアに参加したりとゼミ生は活動的です。子どもの心と身体をしっかりと支援できる、特別支援教育にも強い養護教諭を期待しています。広い視野としなやかな心を兼ね備えた養護教諭をめざして、ぜひ一緒に学びましょう。

「Visual Basicを用いたアプリケーション作成」ゼミナール 年森敦子 教授

プログラミングの面白さと達成感を体感する

アプリケーションを実際に自分で考え、作成し、期待通りに動作させることの繰り返しから、プログラミング言語の特徴や機能について理解していきます。論理的に考える力を身につけることを期待しています。学生の関心の高いグラフィックスを用いて、プログラミングに慣れることから始め、プログラミング言語の文法や意味については、具体例の中で説明し、理解を深めます。

「看護学」ゼミナール 成川美和 准教授

ハンドケアと応急時の手当を実践

看護技術の中から、ハンドケアと応急時の手当てを取り上げ、人とのふれあい、苦痛の軽減、癒しについて研究しています。ハンドケアでは、さまざまな方法を行いながら、より癒される方法は何かを探求しています。応急時の手当てでは、三角巾をはじめ身近なものを使って怪我への対応方法について実践しています。

「調理と食文化」ゼミナール 高橋ひとみ 准教授

調理スキルを磨き、企業と共同で商品を開発

調理学や食文化に関心をもつ人が、さらに深く学んでいくゼミナールです。3年次は家庭料理技能検定3級合格をめざし、調理スキルを向上させます。4年次は科学的な視点から料理を研究し、企業との共同開発などを行っています。料理を通じ、実践的で社会に役立つ研究を進めています。

ゼミナールの一例

  • ・家族関係学
  • ・アパレル研究
  • ・調理と食文化
  • ・日本経済と企業の研究
  • ・コミュニケーション実践
  • ・マルチメディア教材を用いた学習支援システム
  • ・商品の企画
  • ・保険法
  • ・食品の安全性

卒業研究テーマの一例

  • ・牛丼大手5社の比較
  • ・フォーマルドレスの制作
  • ・収録システムを利用した、教育動画コンテンツ作成
  • ・『SketchUp(3DCAD)』の操作マニュアル作成
  • ・家族形態の変化と保険~将来の展望と課題~
  • ・学校現場における食物アレルギー
  • ・若年男性のライフスタイル~“女子力男子”に注目して~
  • ・企業とのコラボレーション弁当の開発
トップ > 大学院・学部・学科 > 家政学部 家政保健学科 > 主な授業・ゼミナール紹介