家政学部 家政保健学科 主な授業・ゼミナール紹介

授業紹介

  • 1年
  • 2年
  • 3年
  • 4年
  • ゼミナール

1年

調理実習応用

実践を通して効率の良い料理作りをめざす

調理学の理論を実践して料理を作ります。調理実習には基礎と応用があり、応用はクリスマス料理やおせち料理などの行事食、供応食などを加え、基礎で身についた調理技術をさらに高めていきます。実習は主食、主菜、副菜、汁物、デザートを組み合わせ、4人程度のグループで行っています。作業工程図を書き、デモンストレーションを見て進めますので、効率よく料理作りができるようになります。また、食文化や食事計画も学習していきます。

家政学

衣食住の専門教員によるオムニバス形式の講義

家政学史、衣生活、食生活、住生活の観点から、衣食住と人との交わり、人と人、人と地域社会との関わりなど身近な問題を体系的に把握し、解決する方法を学びます。

保健学

心身ともに健康な生活を送るために

人の健康維持に必要な知識や技術を学修するための基盤科目です。科学的視点で生活環境や教育などと関わる健康問題を把握し、解決策を考えます。授業は学科教員によるオムニバス形式で行います。

2年

生活情報論

情報モラルを身につけPC の活用技術を習得する

ネット社会、生活環境の変化、ビジネスシステム、eビジネス等について理解を深めることと同時に、社会人として、情報モラル・セキュリティへの意識を高め、ルールに沿って積極的に情報社会に参加する技術と態度を養うことを目的としています。また、実践的なテーマ、データを用いて、目的に応じたPC活用技術の習得をめざした演習を行っています。

生活とマネー(1)

生活設計のための金融知識を身につける

日本は超高齢社会となり、年金や税金の制度が大きく変化しています。お金や保険の知識を身につけ、一人ひとりの生き方に合った生活設計をする方法を考えます。ファイナンシャル・プランナー資格取得も視野に入れます。

インテリアデザイン

インテリアを計画し表現する力を養う

インテリアデザインに関する基本的な考え方や知識を学びます。授業は、実例、画像などを取り入れてわかりやすく展開。実践により、課題にそったインテリアプランニングやプレゼンテーション能力を養います。

3年

健康相談活動

養護教諭としての役割と対応方法を身につける

「健康相談活動」は、3年の「養護実習」における学校現場での経験をもとにして、大学内の授業でロールプレイングを中心に、養護教諭としての対応方法を学ぶとともに、子ども役を経験することにより子どもの気持ちを理解します。養護教諭免許の取得に必要な科目の総まとめとなる科目であり、学校組織の一員としての養護教諭の役割も確認します。

カラーコーディネート

「色」を学問として学び色の心理学にも迫る

人の心理にも影響を及ぼす「色」の重要性を学びます。色彩学の基礎知識、衣食住における色彩計画への応用、表現力を養い、カラーコーディネーター2級合格をめざします。

臨床看護実習

地域の施設・病院実習で子どもの多様性を実感

学校と連携する地域の児童養護施設、子ども専門病院、重症心身障がい児(者)施設、総合病院などの機能と役割や、そこで働く職種の専門性を知り、子どもたちや家族との関わり方を学びます。

4年

住居設備学

生活で大切なライフラインを中心に住居設備を学ぶ

住まいは目に見える空間や外観が中心となりがちですが、普段目にすることは無い水道・ガス・電気の配管・配線はライフラインと呼ばれるほど、人の生命に直結した重要な役割を担っています。そのライフラインと共に関連する住居設備の仕組みや成立ちを学びます。授業の内容は座学を基本とし、実習も行いながら実践的な知識も身につけることができます。

消費者調査法

消費者調査の意義と手法を具体的に学ぶ

消費者ニーズの的確な把握は経営戦略の重要な視点です。その手法を調査票の作成や調査、結果の集計と分析を通して実践的に学習します。最終的にはグループワークによる報告書の作成まで行います。

食育論

「食育」の必要性を知り実践に役立てる

幼児や小児に対する食育の目的や背景を理解し、自分の食生活をモデルに食育の必要性を考えます。また、食教育計画を立案して発表・相互評価を行い、実践力を高めます。

ゼミナール

「住居研究」ゼミナール 櫻井俊郎 教授

生活の中心である住環境全般を幅広く研究

人の生活の中心である住居から、人に関わる建築・空間まで広く住環境全般について研究します。研究といっても、文章を書くだけではなく、図面を描いたり、模型を制作したりと活動は多岐に渡ります。コンピューターを使ったデザインにも挑戦しています。3年生は毎年神奈川産学チャレンジプログラムに参加します。4年生は各自テーマを設定して卒業研究・制作としてまとめます。平成29年度は3年生が産学チャレンジで最優秀賞に選ばれました。

「家族関係学」ゼミナール 大石美佳 教授

地域交流を通じて人と社会のつながりを考える

家族やジェンダーの問題を中心に社会学的視点で研究しています。家族やジェンダーのあり方は、歴史や文化、社会によって変化します。日常生活でのふとした疑問を「経験値」を越えた角度から眺めてみることを大切にしています。研究と実践とを結びつけるため、洋光台のまちづくりにも参加しています。幅広い世代の人々との交流を通じて、社会とのつながりを実感し、地域や社会に貢献できる実践力を身につけてほしいと考えています。

「看護学」ゼミナール 成川美和 准教授

ハンドケアと応急時の手当を実践

看護技術の中から、ハンドケアと応急時の手当てを取り上げ、人とのふれあい、苦痛の軽減、癒しについて研究しています。ハンドケアでは、さまざまな方法を行いながら、より癒される方法は何かを探求しています。応急時の手当てでは、三角巾をはじめ身近なものを使って怪我への対応方法について実践しています。

「調理と食文化」ゼミナール 高橋ひとみ 准教授

調理スキルを磨き、企業と共同で商品を開発

調理学や食文化に関心をもつ人が、さらに深く学んでいくゼミナールです。3年次は家庭料理技能検定3級合格をめざし、調理スキルを向上させます。4年次は科学的な視点から料理を研究し、企業との共同開発などを行っています。料理を通じ、実践的で社会に役立つ研究を進めています。

ゼミナールの一例

  • ・家族関係学
  • ・アパレル研究
  • ・住居研究
  • ・調理と食文化
  • ・マルチメディア教材を用いた学修支援システム
  • ・養護学研究

卒業研究テーマの一例

  • ・女性の就労実態と女子大学生が考える理想の働き方
  • ・歴史・文化からみた浴室の今後の動向
  • ・児童生徒の心を開く教員の寄り添い方
  • ・現代に合わせた新たなおせち料理の提案
  • ・着物リメイクによるワンピースの制作
  • ・VBA(Visual Basic for Applications)を用いた、保健室来室記録の作成
トップ > 大学院・学部・学科 > 家政学部 家政保健学科 > 主な授業・ゼミナール紹介