児童学研究科 児童学専攻 特色ある授業科目

児童学総合研究科目群(クラスター)

児童学フィールド研究 専門分野が異なる複数の教員によるオムニバス方式で、学校や施設(鎌倉女子大学幼稚部・初等部、近隣の児童相談所)をフィールドとして研究を行います。各専門分野のフィールド研究の方法論を深く学びながら、院生各自の研究テーマを空間軸(近接する研究分野との関わり)と時間軸(過去から現在への研究の流れ)上に位置づけることで、新たなフィールド研究の方向性を見出します。初等教育の臨床的経験・調査、幼児教育における環境構成・児童文化、児童相談所の専門的援助活動の現状と課題、表現文化(音楽、図工、体育)について取りあげます。
表現文化研究演習I
(音楽)
教育・保育施設での優れた実践に必要なスキルとしての表現文化を4つの専門分野から学び、その有機的連関について探求していきます。
演習I(音楽)では、日本の伝統音楽、西洋音楽、民族音楽など、多様なジャンルの音楽表現の教育・保育現場への活用について考えていきます。
表現文化研究演習II
(図工)
演習II(図工)では、造形基礎の課題(制作)を通して、幼児の造形活動における表現、造形言語による伝達について考察します。
表現文化研究演習III
(体育)
演習III(体育)では、実技を通して運動動作の特性を理解しながら、子どもが上手に身体を操ることができるような指導法を考えていきます。
表現文化研究演習IV
(総合表現)
演習IV(総合表現)では、子どもの遊びの中で育まれる言語表現の能力に注目し、表現活動の事例研究を通じて、乳幼児期の言葉の発達に相応しい表現活動を探求していきます。

子ども心理学研究科目群(クラスター)

子ども心理学
フィールド研究
受講者自身が鎌倉女子大学幼稚部・近隣の保育所・小学校・鎌倉女子大学中等部(中学校)・児童相談所などのフィールドで観察を行います。これらの体験を通して、子どものリアルな姿を把握し、発達・学習支援の実際を理解するとともに、各自の研究課題を探索的に発見することをめざします。発達臨床の立場による乳幼児期の遊びの観察、統合保育・教育の実際、児童への学級や保健室での支援、鎌倉市教育センターでの不登校児への対応及びカウンセリングの実際、適応指導教室の指導状況などを取り上げます。
発達障害特論
(臨床と支援)I・II
小児精神医学、発達心理学、特別支援教育における実践的支援(ムーブメント教育・療法)の3つの方向から、発達障害児の臨床を考えていきます。症例検討により、発達障害の子ども達の理解を深めます。その上で、発達障害児に対するアプローチ及びアセスメントを学び支援方法を検討します。授業内討論で学びを深めながら授業を進めていきます。
子ども発達教育臨床I
(ムーブメントアセスメント)
ムーブメントアセスメントでは、子どもの身体運動(からだ)、言語・認知(あたま)、社会性・情緒(こころ)の発達の様相を把握し、支援の指針を得るためのムーブメント教育・療法に関連するアセスメント(MEPA-Rなど)について発達教育に必要な理論と活用方法を学びます。
子ども発達教育臨床II
(音楽ムーブメント)
欧州で発展し、わが国ではじめて開講された音楽ムーブメントは、音楽と動きが連携した実践学です。ここではその基礎と応用について演習を行います。

学校教育学研究科目群(クラスター)

学校教育学
フィールド研究
鎌倉女子大学の初等部(小学校)や首都圏の公立小学校等と連携し、小学校をフィールドとして調査研究を行い、教育研究の方法等を身につけます。小学校の教育課程、教科等の指導方法、生徒指導、教育相談、学校経営、教員等のさまざまな観点から調査研究と演習等を行い、小学校教育と教師の在り方について研究します。
現代授業研究V群演習
(外国語活動(英語))
小学校教育の必修「外国語活動」に加え、先行実施されている小学校対象の「英語教育」の指導内容・方法等を学習するとともに、その実践演習を行います。これらの授業科目を通して、小学校教育における「英語教育」と「外国語活動(英語)」の中心的役割を担える実践的な指導力を育成します。
小学校英語演習
表現文化研究演習V
(英語コミュニケーション)