児童学部 子ども心理学科 主な授業・ゼミナール紹介

授業紹介

  • 1年
  • 2年
  • 3年
  • 4年
  • ゼミナール

1年

子ども心理学研究法

心の問題にアプローチするための技術を習得

この授業では、心理学研究における方法論の2つの軸である質的研究法と量的研究法の基礎を学びます。具体的には量的研究における実験計画法や質問紙法、質的研究における観察法や面接法などの研究方法についてその理論的背景を講義し、さらに実際のデータを用いて分析演習を行うことで、学生が自分の解き明かしたい心の問題にアプローチするための技術の習得をめざします。

子ども心理学

子どもの心理・行動の形成過程を理解する

18歳未満の子どもの発達過程と心理・行動の形成過程を、子どもが育つ社会的環境との相互関係で理解し、その特徴や課題に応じた支援のあり方について議論を深めます。

児童文学

児童文学を理解・分析して教材を作る方法を学ぶ

児童文学全般をジャンルごとに分類して理解し、分析を行います。また、大型絵本や人形劇などの実践的な教材と児童文学との関わりについて学び、実際に教材を作成して発表します。

2年

心理学実験

体験的に心理学の基本を身につける

心理学が大きく発展し、さまざまな分野に応用されるようになったのは、「こころ」という目には見えないものを、実証的に捉える方法論を確立したことにあると言えます。その方法の一つが実験であり、「心理学実験」では、さまざまな心理学的テーマについて実際に実験を実施し、データを得て分析し、レポートとしてまとめるという作業を通して、体験的に心理学の基本現象、法則等を学ぶとともに、科学としての心理学の方法論を習得します。

子ども精神医学

心理臨床の実践に不可欠な精神医学の知識を学習

子どもの心身症及びさまざまな精神疾患を取り上げます。子どもの発達に伴って変化していく病態や、発症の原因、メカニズム、症状、治療法、予防法を学び、理解を深めていきます。

子どもの感情と行動

感情と行動の密接な関係を科学的に理解する

感情研究の知見や成果から、子どもの感情とそれに関わる行動について理解します。さらに、表情の読み取り方や生理反応による感情の測定法など感情をとらえるための方法を学びます。

3年

ムーブメント療法(2)

動くことを通して、子どもの発達を支援する

ムーブメント療法は、動くことを通して、子どもの「からだ、あたま、こころ」の全面的な発達を支援します。この授業は、講義や演習を通して、子どもの 発達におけるムーブメント活動の重要性を理解するとともに、支援環境としての遊具や音楽の活用方法を身につけます。一人ひとりの子どもを大切にする支援を実現するためには、支援者の柔軟な思考力と豊かな感性が不可欠です。演習では、美しいムーブメント遊具や音楽を使い、学生自身が動きながら感じ、そして考えるムーブメント療法の実際を学びます。

子ども医療福祉カウンセリング

小児医療におけるカウンセリングを学ぶ

小児医療の特徴や病児の心のケアについて理解し、家族への対応なども学びます。場面に応じたカウンセリングモデルを考え、医療現場でのさまざまな課題に柔軟に対応できる力を身につけます。

心理・教育アセスメント

教育現場で活かせる心理検査の実施技術を習得

主に子どもに対する各種心理検査の実施技術とアセスメント(査定)方法について学びます。学生が互いに検査者と被験者の役割を演じながら体験的に技術を身につけることができます。

4年

現代子ども・家族・社会心理研究(3)

子どもの健全な成長のための支援方法を学ぶ

社会のひずみは、環境の変化に最もデリケートに反応する子どもたちや精神的な脆さを抱えたものに、如実に表れます。子どもが示す非行や精神的な障がいは、社会全体が病んでいる問題を敏感に察知して、異常を知らせてくれる警報でもあります。非行臨床をはじめ臨床現場での事例をもとに、生きづらい時代に生きる子どもたちに焦点を当てつつ、その背景にある家庭や地域社会の問題を分析し、健全育成とは何かを学び支援のあり方を習得します。

心理・教育統計(2)

データの統計解析方法を例題を通して身につける

表計算ソフトウェアExcelおよび統計解析ソフトウェアSPSSを用いて、データの統計解析方法を学びます。実習を通して体験的に学習し、統計処理方法を含めた研究計画を立てることを目標としています。

子ども臨床心理演習(1)(個人心理療法)

個人を対象にした心理療法の中から主要な理論を取り上げて学ぶ

心理療法とはクライエントの抱えている問題に対して、治療者が専門的な援助を行うものです。精神分析療法、遊戯療法などの学びを通して、心理療法過程でクライエントと治療者の間に何が起こっているかについて考え、支援の方法を学びます。

ゼミナール

「子どもの心と体の健康」ゼミナール 小国美也子 教授

病気や障がいをもつ人の気持ちに寄り添うために

さまざまな病気や障がいをもつ子ども達への理解を深めていくことを目標にしています。ゼミ生には、調べる力、それをまとめる力、自分の意見を言い、発表する力を身につけてほしいと思っています。ゼミ生は、自分の興味のあるテーマについて資料を図書館で探します。その内容を毎回5~10分程度で発表し、討論します。4年生は、卒業論文を仕上げていきます。病気や障がいをもつ人の気持ちに寄り添い、自分で考え対応できる人になってほしいと思います。

「道徳心理学」ゼミナール 藤澤文 専任講師

心理学研究法を用いて考える子どもの道徳性

本ゼミでは心理学研究法を用いて道徳性を研究しています。道徳性に関する論文購読、講演などの聴講、学校の道徳授業の参観などを行うことにより、知見を深めています。また、調査や実験をし、データ分析も行います。これらの経験を踏まえて、これまでには、子どもの嘘・情報モラル概念・自己統制の発達、社会的迷惑行為、討論の教育的効果、化粧行為と道徳的判断の関連などに関する研究が行われています。

「学校における心理教育的支援」ゼミナール 伊藤嘉奈子 准教授

実際に学級で実践できるプログラムを考案

本ゼミナールでは、学校における心理教育的支援として、ピア・サポート活動という、子どもどうしがお互いにサポートし合うという予防教育活動を取り上げています。そして、文献講読、発表、ディスカッションを行い、実際に学級で実践するプログラムを考えています。

「心理生理学」ゼミナール 廣田昭久 教授

科学的な方法で自身のテーマにアプローチ

こころとからだの相互の関係性を中心に、学生各自が興味あるテーマを設定し、関連する文献や先行研究等をまとめて発表し、ゼミ生全員で討論を行っています。目的とするテーマにどのようにアプローチし、どのような方法論を用いて検討し、明らかにしていくのかといった、科学の方法を理解し、習得します。

ゼミナールの一例

  • ・学校における心理臨床
  • ・子どもの相談と家族研究
  • ・子どもの発達研究
  • ・心理生理学
  • ・子どもの心と体の健康
  • ・子ども発達支援とムーブメント教育・療法

卒業研究テーマの一例

  • ・動きを通してことばを育てるムーブメント教育の実践
  • ・人とつながるコミュニケーション
  • ・学童保育における子どもの心理
  • ・テレビアニメが子どものジェンダー意識に与える影響
  • ・女子大学生におけるストレスと優越感および劣等感の関連