家政学部 栄養管理学科 履修のポイント

管理栄養士養成課程で学ぶためには、理科系科目の基礎的な知識は不可欠です。理科系科目の理解が不十分な学生には、1年次にリメディアル授業を実施し、基礎固めをしています。
1・2年次では管理栄養士の専門性の基盤となる基礎科目を中心に学習し、3・4年次で学ぶ専門科目から高度な専門的知識や技術を身につけていきます。また、実験・実習により実践に結びつけます。学内で得たこれらの知識・技術を、学外での臨地実習で統合し、総合的な能力を養います。

4年間の履修例

第1セメスター(春)

 
1 情報リテラシー     基礎調理学実習  
2 化学の基礎 教職概論 生物学の基礎 基礎調理学実習 調理学
3 健康・スポーツ科学 生物学・化学実験 スタートアップセミナー 家政学 栄養管理論(1)
4 建学の精神 生物学・化学実験   基礎栄養学(1) 英語(1)
5   女性と文化      
6          

第4セメスター(秋)

 
1   生化学実験(2)     病理学(2)
2 食品機能論 生化学実験(2) 栄養教育論(1) 社会・環境と健康(2) 公衆栄養学(1)
3 臨床栄養学(1) 建学の精神実践講座(2) 食品衛生学実験   カリキュラム論III
4 解剖生理学実習(2) 道徳教育の理論と方法 食品衛生学実験 臨床栄養学実習(1) 応用栄養学(2)
5 解剖生理学
実習(2)
    臨床栄養学実習(1)  
6   給食経営管理論(2)      

第6セメスター(秋)

 
1 ドイツ語(2) 健康管理・環境論実習 ゼミナール 学校栄養指導論(2)  
2 臨床栄養学(3) 健康管理・環境論実習 人間と倫理 健康栄養カウンセリング 薬理学
3   建学の精神実践講座(3)   英語コミュニケーション(1)  
4 臨床栄養学実習(3) 臨床栄養管理論 英語(3) 公衆栄養学実習 分子栄養学
5 臨床栄養学実習(3)     公衆栄養学実習  
6   特別活動の理論と方法      

第7セメスター(春)

 
1       ゼミナール  
2     教育方法・技術   フードビジネス論
3     管理栄養士特論(2) 教職実践演習(栄養教諭) 免疫学
4   建学の精神実践講座(4)   人間と宗教  
5          
6          

授業時間

時限 授業時間
1講時 8:40~10:10
2講時 10:20~11:50
3講時 12:40~14:10
4講時 14:20~15:50
5講時 16:00~17:30
6講時 17:40~19:10

取得した免許・資格

  • ・栄養士
  • ・管理栄養士国家試験受験資格
  • ・栄養教諭1種免許状

学生の声

豊富な実習を通じて理論と実践の両面から管理栄養士へと近づいていきます

高校時代に「入院患者にとって食事は楽しみだけでなく、治療の一環にもなる」と知って感動し、管理栄養士が目標に。「応用栄養学実習」では目標の栄養量を達成できる献立作成に苦労しました。「臨床栄養学実習」のロールプレイでも、生活背景や価値観が異なる患者様にどう説明するのか、考えさせられました。「病院実習」では常食や腎臓病食などの治療食を実際に調理し、作業動線などへの配慮が重要だと実感。豊富な実習を通して理論と実践の両面から学びが深まることを感じました。

M・Sさん
管理栄養学科4年
内定先:一般財団法人芙蓉協会 聖隷沼津病院(管理栄養士)