児童学部 児童学科 主な授業・ゼミナール紹介

授業紹介

  • 1年
  • 2年
  • 3年
  • 4年
  • ゼミナール

1年

児童学

児童と児童をめぐる問題について考える

児童学は教育・福祉・心理・保健・表現文化を中心とした分野から成り立つ総合的・学際的な学問です。この講義では児童と児童をめぐる問題についてさまざまな側面から考えていきます。2つの特徴があり、1つは、グローバル社会に生きる子どもをサポートするため、国際比較の視点から日本人のしつけと教育の特徴を学びます。そして、子どもの生涯発達を展望し、養育・教育を通して、子どもの自尊心をどう育むかを検討します。

スタートアップセミナー

大学生としての学びの基本を身につける

大学で4年間どのように学んでいけばよいのでしょうか。こうした疑問を、大学での学びに必要な基礎的な技法を知ったり、キャリアの描き方を学んだりすることで、解決していきます。

音楽(1)

個人レッスンで、ピアノと歌唱力を伸ばす

学生個々の音楽経験に応じたグレード分けを行い、授業のほとんどが個人レッスン形態で実施されます。ピアノ演奏・歌唱表現の技術を身につけ、発表会では全員の前で弾き歌いを披露します。

2年

図画工作(2)

図画工作の制作技法を教育現場で活かすために

この授業では、図画工作や造形表現への知識や経験をより深めるため、1年次開講の図画工作①では扱わなかった課題に取り組みます。図画工作科学習指導要領の内容に沿って、難易度の高い制作技法を学び、版画カレンダー、お面制作、グループ制作などを行います。完成後には飾りつけや寸劇を演じるなどの活用方法も合わせて指導し、学生が将来教育現場で役立てられるようなカリキュラムとなっています。

発達障害児の理解と指導

特別支援教育のための指導や支援方法を体得

発達障がいの定義や行動特性を理解し、必要な支援を実践する能力を身につけます。具体的な指導のポイントやムーブメント教育・療法による支援方法を講義と実技で習得します。

保育内容演習表現

音楽や造形活動の楽しさを子どもたちに伝えるために

子どもの発達をふまえた表現活動の援助法を学びます。音楽に合わせた身体表現、楽器を使ったアンサンブルなどの音楽活動とオリジナル教材(絵本)の制作による造形活動を結びつけ、実践的に習得していきます。

3年

障害児保育

障害特性を踏まえた保育の理論と実際を学ぶ

この授業では、障害等、特別なニーズのある子どもの保育や療育を実践していく上で必要な障害特性や発達に関する知識、及び実際の支援方法について学んでいきます。また障害児保育の実践においても不可欠な子育て支援や専門機関との地域連携の在り方についても理解を深め、子どもと家族のニーズに即した保育・療育を実践する力を身につけていきます。

カリキュラム論II

教育課程の実例から学び指導計画を構想する

小学校は児童の「生きる力」を培う重要なステージです。国内外の教育課程の歴史・法制度、学習指導要領を実例から学び、子どもの基礎学力や自ら学ぶ姿勢を育むための指導計画を構想します。

子どもと異文化理解

文化環境が子どもの発達に与える影響を学ぶ

異文化を理解するために、子育て、家族関係、教育のあり方に内包される行動基準や価値態度について学びます。日本文化への理解を深め、異文化理解のプロセスを辿って、実践へとつなげていきます。

4年

保育・教職実践演習(幼・小)

保育者・教育者としての準備を万全に整える

保育者・教育者をめざして4年間学んできた多くの学生は、子どもたちを慈しみ、大切に育てることに価値を見出しながら、強い使命感を抱き、幼稚園教諭免許状、小学校教諭免許状等の取得に真剣です。大学の講義や学外実習での成果を生き生きと語り合う姿には、未来の保育者・教育者としての自信がうかがえます。この授業は、いわば免許取得の集大成。社会人としての礼節・規律はもとより、専門職として重要な資質・役割を確認し、準備を万全に整えていきます。

家族関係の心理学

現代家族の問題を解決する技術を学ぶ

家族を「発達・変化するもの」ととらえ、家族の関係を「システム」という視点から理解します。事例研究やロールプレイなどを通じて、家族の問題とそれを解決する技法を体験的に習得していきます。

児童文化(2)

児童文化財を見る目と製作できる力を養う

この授業では、児童文化についての歴史、理論的な意味づけを踏まえた上で、子どもや状況にふさわしい児童文化財を選び出したり、自ら製作できる力を養うことを目標としています。

ゼミナール

「文化の中のこども」ゼミナール 佐藤淑子 教授

子どもの自己形成過程と環境との関わりを探る

子どもの自己の発達は子どもの生得的要因と環境条件に規定されるだけでなく、親、保育者、教師などが媒介する社会規範や文化価値の影響を強く受けます。佐藤ゼミでは、外国の家庭教育・保育・教育について調べ、しつけや教育に内包される文化を捉え、生態学的システムの視点から人の発達への理解を深めます。学生自身の問題意識を高めるために、学生同士の「対話」-他者の意見を尊重しながら自己実現へとつなげる過程-を大切にしたいと考えています。

「合唱指導法」ゼミナ-ル 大田桜子 准教授

子どもたちの心の成長を促す合唱指導法

自分一人で歌うのではなく、友人の声に耳を澄まし、心を一つにして美しいハ-モニ-を奏でる。合唱は音楽能力を向上させるだけではなく、社会において調和のとれた心の優しい人間を作ることができます。また、児童教育において、他の分野ではできない、子どもたちの心の隙間を埋め、心の成長に大きな影響を与えます。本ゼミでは、さまざまなジャンルの合唱作品を皆で歌い、楽曲分析し、子どもたちにどのように教えるべきか、児童発声法、指揮法、指導法を研究しています。

「子育て環境学」ゼミナール 松橋圭子 准教授

子育て環境を多面的に考察する

子育て期の地域・施設環境については、子どもと親、両視点からの考察が不可欠となっています。松橋ゼミでは、人間行動と環境との相互作用に着目し、環境心理と都市・施設計画学の視点から行うフィールド調査を通じて、園庭や室内構成の他、駅型保育や音・室内空気環境まで多面的に考察する力を身につけていきます。

「保育・発達心理学」ゼミナール 大野和男 准教授

製作活動を通してチームワークを身につける

保育や教育の現場では、チームワークが必要とされます。そこで、3年生は、ゼミの仲間で協力しながらパネルシアターやエプロンシアター製作を行っています。4年生では、卒業研究を必修としています。それぞれが関心をもったテーマを卒業論文としてまとめていきます。

ゼミナールの一例

  • ・特別支援教育とムーブメント教育・療法
  • ・教育・保育実践研究
  • ・学習支援の制度・方法論
  • ・ピアノ演奏
  • ・アート表現・研究

卒業研究テーマの一例

  • ・豊かな心と確かな学力を育むための学級経営
  • ・障害児と保育者のかかわり
  • ・共働き子育てに関する意識調査
  • ・小学校音楽科におけるリトミック音楽教育の取り扱い
  • ・保育現場における自然活動の現状と今後の展望
トップ > 大学院・学部・学科 > 児童学部 児童学科 > 主な授業・ゼミナール紹介