児童学部 児童学科 主な授業・ゼミナール紹介

授業紹介

  • 1年
  • 2年
  • 3年
  • 4年
  • ゼミナール

1年

児童学

児童と児童をめぐる問題について考える

児童学は教育・福祉・心理・保健・表現文化を中心とした分野から成り立つ総合的・学際的な学問です。この講義では児童と児童をめぐる問題についてさまざまな側面から考えていきます。2つの特徴があり、1つは、グローバル社会に生きる子どもをサポートするため、国際比較の視点から日本人のしつけと教育の特徴を学びます。そして、子どもの生涯発達を展望し、養育・教育を通して、子どもの自尊心をどう育むかを検討します。

スタートアップセミナー

大学生としての学びの基本を身につける

1年次春セメスターに開講される「スタートアップセミナー」では、大学で学ぶ上で必要な基礎的な技法を身につけるとともに、コミュニケーション能力を育み、大学生としてふさわしい人格形成を支援します。入学初年度から、本学幼稚部での保育参観の機会を設け、児童学の総合理解を目的とした学修や実習参加への意欲を高めるきっかけと、個々の目標を見据えながら、将来のキャリアデザインを実現するための方法を身につけていきます。

音楽(1)

個人レッスンで、ピアノと歌唱力を伸ばす

学生個々の音楽経験に応じたグレード分けを行い、授業のほとんどが個人レッスン形態で実施されます。ピアノ演奏・歌唱表現の技術を身につけ、発表会では全員の前で弾き歌いを披露します。

2年

乳児保育

実践を通して乳幼児の保育技術を修得する

乳児保育は、0歳から2歳児までの乳幼児を保育する上で必要な知識、技術を学びます。赤ちゃん人形を活用した実習や、保育実践の映像や事例等を活用した演習・討議等を取り入れ、乳児保育の意義を理解するとともに、乳幼児の成長の様子や発達の特徴、また、一人ひとりの乳幼児に応じた具体的な援助についての修得をめざしています。

発達障害児の理解と指導

特別支援教育のための指導や支援方法を体得

発達障がいの定義や行動特性を理解し、必要な支援を実践する能力を身につけます。具体的な指導のポイントやムーブメント教育・療法による支援方法を講義と実技で習得します。

保育内容演習表現

音楽や造形活動の楽しさを子どもたちに伝えるために

子どもの発達をふまえた表現活動の援助法を学びます。音楽に合わせた身体表現、楽器を使ったアンサンブルなどの音楽活動とオリジナル教材(絵本)の制作による造形活動を結びつけ、実践的に習得していきます。

3年

障害児保育

障害特性を踏まえた保育の理論と実際を学ぶ

本授業では、障害等、発達に特別なニーズのある子どもの保育や療育を実践していく上で必要な障害特性や発達に関する知識、及び実際の支援方法について演習形式で学んでいきます。また障害児保育の実践においても不可欠な子育て支援や専門機関との地域連携の在り方についても理解を深め、子どもと家族のニーズに即した保育・療育を実践する力を身につけていきます。

カリキュラム論II

教育課程の実例から学び指導計画を構想する

小学校は児童の「生きる力」を培う重要なステージです。国内外の教育課程の歴史・法制度、学習指導要領を実例から学び、子どもの基礎学力や自ら学ぶ姿勢を育むための指導計画を構想します。

子どもと異文化理解

文化環境が子どもの発達に与える影響を学ぶ

異文化を理解するために、子育て、家族関係、教育のあり方に内包される行動基準や価値態度について学びます。日本文化への理解を深め、異文化理解のプロセスを辿って、実践へとつなげていきます。

4年

保育・教職実践演習(幼・小)

保育者・教育者としての準備を万全に整える

保育者・教育者をめざして4年間学んできた多くの学生は、子どもたちを慈しみ、大切に育てることに価値を見出しながら、強い使命感を抱き、幼稚園教諭免許状、小学校教諭免許状等の取得に真剣です。大学の講義や学外実習での成果を生き生きと語り合う姿には、未来の保育者・教育者としての自信がうかがえます。この授業は、いわば免許取得の集大成。社会人としての礼節・規律はもとより、専門職として重要な資質・役割を確認し、準備を万全に整えていきます。

家族関係の心理学

現代家族の問題を解決する技術を学ぶ

家族を「発達・変化するもの」ととらえ、家族の関係を「システム」という視点から理解します。事例研究やロールプレイなどを通じて、家族の問題とそれを解決する技法を体験的に習得していきます。

児童文化(2)

児童文化財を見る目と製作できる力を養う

この授業では、児童文化についての歴史、理論的な意味づけを踏まえた上で、子どもや状況にふさわしい児童文化財を選び出したり、自ら製作できる力を養うことを目標としています。

ゼミナール

「社会教育」ゼミナール 梨本加菜 教授

社会教育施設でのフィールドワークから学ぶ

狭義の教育行政だけでなく文化活動や福祉施策にも視野を広げ、地域の教育環境を豊かにする仕組みを考え、行動する力を養います。レポート作成やディスカッションを行う力の習得も目標です。学年ごとの全体会、3・4年生の合同会の他、博物館、図書館などの見学やボランティア活動を行います。訪問先や活動内容の詳細は話し合って決めます。現在は鎌倉の子ども食堂と、横浜の青少年の居場所事業が主なフィールドです。

「保育実践・教材研究」ゼミナール 真宮美奈子 准教授

実際の現場を想定した体験的な学び

保育者をめざす学生が将来を見据えながら、保育に対する理解を深め、専門職として必要な保育技術や教材研究の力を高めていけるようにすることをめざしています。具体的には、幼稚園や保育所での実習を想定した教材研究やさまざまな遊びを体験的に学ぶ機会を設けています。学園祭において子どもの遊び場を企画・運営することを課題としながら、遊び場の環境構成、安全管理などについても実践的に学べるようにしています。

「国語科教育法」ゼミナール 入内嶋周一 准教授

「話す・聞く、書く、読む」の指導方法を考える

全ての教科の土台となる国語科教育の理解を深め、授業力を身に付けます。教材や指導法の研究、指導案の作成、模擬授業を通して「分かる・できる・楽しい」学習創りを考えます。子どものコミュニケーション能力の育成等、個人で卒業研究にも取り組みます。

「特別なニーズのある子の発達支援・家族支援」ゼミナール 小林保子 教授

発達課題に応じた支援方法を学ぶ

インクルーシブ保育や教育、特別なニーズのある子の発達支援や家族支援について学びます。ムーブメント教育・療法を用いた発達支援や家族支援のワークショップ等を通し、支援方法を学ぶと共に、発達課題に応じた遊具・教材開発、医療的ケア等、配慮を要する子への支援の実際について学びを深めます。

ゼミナールの一例

  • ・特別支援教育の現状と課題
  • ・生涯学習
  • ・運動科学
  • ・子育て環境学

卒業研究テーマの一例

  • ・イギリスの中等教育の多様性: パブリックスクール
  • ・日本の「鬼」と鬼ごっこ
  • ・保育の日英比較: 保育制度・保育者養成・カリキュラムに着目して
  • ・スウェーデンと日本の若者の自立
  • ・女性の子育てと仕事
  • ・自尊感情を向上させる授業
トップ > 大学院・学部・学科 > 児童学部 児童学科 > 主な授業・ゼミナール紹介