7. 大学等の学生支援に関する情報

(1) 修学に関する支援

オフィスアワー制度(大学・大学院・短期大学部)

  • ・講義や自主学習の中で感じた疑問点を教員に直接質問できる制度です。
  • ・本学では各教員が週に2時限のオフィスアワーを設定しており、予約をすることなく、気軽に専任教員に会って質問や相談をすることができます。教員一人ひとりがみなさんの学習意欲を支えています。

クラスアドバイザー・ゼミナール担当教員(大学・短期大学部)

  • ・各学科各学年にクラスアドバイザーが配置されており、授業の選び方や学習の方法、学生生活での悩みなど、学生が抱えるさまざまな問題に対応しています。
  • ・さらに3~4年次には、ゼミナール担当教員が就職センターと連携しながら卒業後の進路についての相談に応じています。

クラスター主任・教務担当教員・修士論文指導教員(大学院)

  • ・大学院の3つのクラスターには、それぞれクラスター主任と教務担当教員が配置されており、授業の選び方や学習方法、学生生活の悩みなど、学生が抱える様々な問題に対応しています。
  • ・各学生には修士論文指導教員が付き、修士論文のための研究指導を個別に行います。

教務部教務課・学務課・免許・資格指導課(大学・大学院・短期大学部)

  • ・教務部教務課では授業、試験、教科書に関すること等、学務課では履修登録、各種証明書の発行等、免許・資格指導課では各種実習に関すること等を通じて、修学支援を行っています。

(2) 進路選択に関する支援

就職センター(大学・大学院・短期大学部)

  • ・就職センターでは一般企業や公務員を中心に学生が希望する職種や業種、進路に進むための支援を行っています。
  • ・オリエンテーション、就職支援講座を開催するほか、就職相談、履歴書やエントリーシート・提出書類の添削、面接対策(模擬面接など)にも個別に対応しています。
  • ・就職カウンセラーだけでなく、就職センターのスタッフ全員が学生をフォローし、就職活動への不安や疑問を解消するサポート体制が整っています。

教職センター(大学・大学院・短期大学部)

  • ・教職センターでは教育・保育者をめざす学生を総合的にサポートする体制を整えています。
  • ・教員採用試験対策講座の開催のほか、教職全般に関する個別相談や、幼稚園教諭・保育士としての就職活動支援を行っています。
  • ・試験対策・就職活動支援とともに信頼される教育・保育者となるために何が必要かを伝えています。

(3) 学生生活に関する支援

学生センター(大学・大学院・短期大学部)

  • ・学生センターでは、学校行事や課外活動など授業以外の学生生活をサポートしています。

<行事>

  • ・大学では学園祭をはじめ数多くのイベントがあります。
  • ・毎週木曜日のコミュニティモールコンサート、七夕飾り、クリスマスツリー点灯式などを行い学生と一緒にキャンパスライフを盛り上げています。

<課外活動>

  • ・クラブ・同好会、ボランティア、グリーンプロジェクトなどの課外活動を支援しています。
  • ・クラブでは日々の活動やリーダーズミーティングの実施をサポートしています。また、ボランティアでは、特に教育・保育の分野の活動を充実させています。

<奨学金>

  • ・奨学金による学生支援を行っています。
  • ・大学独自の奨学金や日本学生支援機構奨学金など各種奨学金があります。

<自宅外学生支援>

  • ・一人暮らしの学生が安心・安全な学生生活を送ることができるよう支援しています。
  • ・住まいの相談を受けるほか、一人暮らしの仲間が集う会「新入生歓迎パーティー」を開催して学生同士の交流を深めています。

(4) 心身の健康等に関する支援

学生相談室(大学・大学院・短期大学部)

  • ・将来に向けてさまざまな経験を積み、多感な時期を過ごす学生生活の中で、誰もがいろいろな不安や悩みを抱えます。
  • ・学生相談室では、臨床心理士の資格をもつ相談員によるカウンセリングを通して、学生生活を充実して送ることができるようにサポートします。

保健センター(大学・大学院・短期大学部)

  • ・保健センターでは、けがや病気に対する救急処置はもちろんのこと、学生の健康保持増進を目的とした健康づくり支援を行っています。
  • ・充実した学生生活を送るためには、心身ともに健康であることが大切です。健康上の悩みについて、気軽に相談してください。

(5) 障害学生に対する支援

障害学生に対する支援(大学・大学院・短期大学部)

  • ・障害を理由に修学を断念することのないよう、すべての学生に公平な機会の確保に努めています。
  • ・本学には、障害学生を支援するためのアドバイザーがいます。学生生活を送るなかで困難なことがある場合は、学生センターに相談してください。

障害学生の基本方針(大学・大学院・短期大学部)

障害や疾病のある受験生への特別措置(大学・短期大学部)

(6) 課外活動の状況

課外活動の状況(大学・大学院・短期大学部)

(7) 奨学金等の修学支援

奨学金等の修学支援(大学・大学院・短期大学部)

トップ > 大学概要 > 情報公開 > 7. 大学等の学生支援に関する情報