児童学研究科 児童学専攻 教育方針(3つのポリシー)

大学院のディプロマポリシー(学位授与の方針)

鎌倉女子大学大学院は、以下のように学位授与の要件を定める。

  1. 学修者は、本学固有の教育理念であると同時に、古今にわたる普遍の教育理念である「感謝と奉仕に生きる」を常に目途としながら、本学固有の教育目標である「女性の科学的教養の向上と優雅な性情の涵養」を図り、高度な学術知見及びスキルを研究的に培うことによって、自らの職能・職域を通じて健全な社会の創造に貢献し、自らの未来を力強く切り拓くため、所定の期間在籍し、基準となる単位数を修得しなければならない。
  2. 本大学院は、大学院共通の専攻共通科目、専攻の設置目的に照らして編成された各科目の必要単位を修得していることを学位授与の基準とする。

大学院のカリキュラムポリシー(教育課程の内容・方法の方針)

本大学院は、学修者が鎌倉女子大学の建学の精神に基づき、各自の学問的関心に応じた修学過程を歩み、その学修成果を学位論文として結実させることができるよう、そのための教育課程を編成する。

  1. 多様化する現代の児童をめぐる問題状況と大学院生各自の問題意識に対応できる効率的なコースワークに配意したカリキュラムの編成。
  2. カリキュラムの枠組みは、(1)「建学の精神特論」、(2)「研究特論」、「研究方法」、「フィールド研究」からなる共通科目、(3) 専攻に固有な「専門科目群」によって構成される。
  3. 第1~2セメスターは、入学時に提出した研究計画に基づいて、指導教員のもとで2年間の研究計画を立てると共に、並行して研究を遂行するに必要な基礎的知識を蓄える。
  4. 第3~4セメスターは、文献・資料・データの収集とそれらの読解と解釈、調査と分析を通じて、作成された研究計画に基づき研究を進め、修士論文に結実させる。修士論文は、修士論文審査会において審査する。また、修了後の進路を視野に入れた学修に配意したカリキュラム編成及び指導を行う。
  5. 各科目担当者及び修士論文指導教員は、自らの授業及び指導を通じて、当該の授業及び指導内容のみならず、学修者の汎用的能力の育成及び主体的な学びを促進するために貢献できるシラバスを自覚的に作成し、大学院生の学修遂行に寄与し得るよう心がける。

大学院のアドミッションポリシー>(入学者の受け入れの方針)

本大学院は、ディプロマポリシーに謳われた学修の到達目標を実現できる潜在力をもった大学院生に門戸を開くため、以下の入学選抜の方針を定める。
また、多様な能力及び個性をもった大学院生を受け入れ、大学の教育研究を活性化させ、多様な社会の創造に貢献するために、それにふさわしい人材を得るための多様な入試方法を定める。

  1. 大学学部課程において身につけなければならない学力及び研究力、また倫理性を備えている人。
  2. 建学の精神と教育の伝統を尊重し、学修課程を通じてこれを身につける努力を惜しまない人。
  3. 教職員の指導を遵守し、本学が行う教育活動に積極的に参加し、これにふさわしい努力を惜しまない人。
  4. 上記の大学院生に門戸を開くため、筆記試験及び面接試験を含む一般入試、社会人入試を設定する。

大学院児童学研究科児童学専攻のディプロマポリシー

児童学研究科児童学専攻は、児童学総合研究科目群、子ども心理学研究科目群、学校教育学研究科目群からなる各クラスターを編成し、以下のように学位授与の要件を定める。

  1. 学修者は、児童に関する教育・保育・福祉・社会・心理・保健・表現文化を中心とした児童関連諸分野についての総合的な教育研究を通して、児童の全体像を理解し、今日の児童をめぐる課題・解決へ向けての理論の探究と応用実践力を身につけている。
  2. 本研究科本専攻は、所定の期間在籍し、上記の条件を充たし、基準となる単位数を修得している学修者に学位「修士(児童学)」を授与する。

大学院児童学研究科児童学専攻のカリキュラムポリシー

本研究科本専攻は、学修者の問題意識に応じて、それぞれのクラスターに所属しながら、高度な学術知見及びスキルを研究的に培うため、以下の教育課程を編成し、修学を実現するための方途を定める。

  1. 本専攻を児童学総合研究科目群(クラスター)、子ども心理学研究科目群(クラスター)、学校教育学研究科目群(クラスター)によって構成する。児童学総合研究科目群は、初等教育分野、幼児教育分野、健康福祉分野、表現文化分野によって、子ども心理学研究科目群は、発達臨床分野、学校教育臨床分野によって、学校教育学研究科目群は、初等教育分野、表現文化分野、学校教育臨床分野によって構成される。
  2. 学修者は、それぞれのクラスターに所属し、当該のクラスター科目を中心としながら、自己の関心に応じて他のクラスター科目を併修することができる。
  3. カリキュラムは、(1)「建学の精神特論」を含む専攻共通科目、(2)各クラスター共通科目及びクラスター固有の分野に設置された必修及び選択科目によって編成される。
  4. 本専攻は、取得可能な免許・資格として、小学校教諭専修免許状、幼稚園教諭専修免許状、特別支援学校教諭専修免許状、学校心理士、臨床発達心理士、認定ムーブメント教育・療法上級指導者の課程を設置する。本専攻の学修者は、自らの関心と努力によってこれらの関連科目を履修することができる。
  5. 各種講義、演習、フィールド研究、臨床研究、論文指導といった多様な教授方法に基づく授業を設置する。

大学院児童学研究科児童学専攻のアドミッションポリシー

本研究科本専攻は、本大学院・本研究科・本専攻が掲げるディプロマポリシーを理解し、修学能力と意欲のある下記のような大学院生を求める。

  1. 児童学、心理学、教育学の各立場から、児童の心身共に健全な育成と教育に貢献するための研究を遂行できる基礎的学力を備えている人。
  2. 実践学としての児童学研究を遂行するにふさわしい適性、倫理性を備えている人。
  3. 修学の成果を修士論文として結実させるための主体的な問題意識をもち、コミュニケーションマインドをもって持続的に研究と取り組もうとする真摯な姿勢を備えている人。