短期大学 初等教育学科 主な授業・ゼミナール紹介

授業紹介

  • 1年次・春
  • 1年次・秋
  • 2年次・春
  • 2年次・秋
  • 実践的な学び

1年次・春

発達心理学

人の発達過程を心理学的観点から明らかにする

「発達心理学」では、乳幼児期から老年期まで、生涯発達の視点から人間の発達過程を学んでいきます。映像を通して子どもの発達過 程を学ぶことで、目の前にいる子どもの行動を発達過程の中に位置づけることができるようになります。また、自分自身の子どもの頃を回想することによって、それぞれの時期の子どものこころを深く理解していきます。この授業を通じて、子どものこころに寄り添うことのできる保育者をめざします。

児童家庭福祉

子どもと家庭を支援する保育士の役割と責任を理解

児童家庭福祉の歴史や制度、現代の児童と家庭、地域社会の状況・課題に対する理解を深め、保育や子育てサービス、非行、児童虐待などに対する施策や支援の基礎を学びます。

教育原理

「教育とは何か」を考え理想の教師像を探る

「学ぶとは?」「よい教育とは?」など教育の根本を考えながら、学校教育の特徴や役割、問題などをビデオ視聴や討論を通して理解し、現代社会の学校と教育について考察を深めます。

1年次・秋

保育内容演習表現

子どもの感性を豊かに育む力を養う

言葉だけでは表しきれない感覚や感情を、色や形、歌の調べによって表現することの意味を学びます。子どもの視点に重きをおき、音楽・造形の両側面から実践的な表現指導の方法を習得。自らが表現する楽しさを味わい、子どもの表現活動を遊び心豊かにサポートできる保育者へ成長していきます。授業では、子どもの大好きな歌を題材に、オリジナルの『しかけつき歌の絵本』を制作し、『ピアノ伴奏』と『発表』を通じて、人前で演じる表現力を身につけます。

子どもの食と栄養

子どもに必要な食と栄養を保育者の視点で考える

子どもの食環境や食行動、食に関する問題行動予防の理解を深め、子どもの健康づくり支援のスキルを身につけます。また、食育指導に関する資料作りなどにも取り組みます。

書道

書の古典を学び、美しい文字を書く技術を身につける

書道では、書の古典を臨書することで東アジアの漢字文化に触れつつ、毛筆技能の向上をめざします。また、コミュニケーションスキルとしての文字の美しさを磨くため、硬筆書写・実用書式の技能の向上を図ります。

2年次・春

教育方法・技術

子どもとともによりよい学びを創造する教師

教育の方法や技術は、子どもがより善く豊かに生きることを思考する必要があります。子どもの学びを構想する上で、教師はつねに子どもをどのように導き教えればよいのかという知見や行為を実践的な視点から考察し、教育のあり方を思考することが問題になります。具体的な教育実践を支える指導方法の理念・目的、支援技術、教材研究に関する知見を修得し、子どもとともによりよい学びを創造できる思慮深い教師をめざします。

幼児指導

幼児教育における教師の役割や指導の方法を学ぶ

幼児期における教育が、生涯にわたる人格形成の基礎を培う重要なものであることを踏まえ、幼児期にふさわしい活動、適切な指導とは何かを考察します。また、模擬保育を取り入れ、指導計画と実践との繋がりを体験的に学びます。

子どもの保健(1)

子どもの健康、安全管理の知識を身につけ、対応力のある保育者に

子どもの教育・保育に携わる上で必要とされる子どもの体の生理や発育発達過程、心の健康、子どもに多い事故の実態とその対応策などを学びます。また、集団における健康管理、安全管理に必要な知識を身につけます。

2年次・秋

保育・教職実践演習(幼・小)

学習の成果を活かし、実践的力量を養う

「保育・教職実践演習」は6名の教員が担当して行うオムニバス形式の授業です。よって、各担当教員の専門性を活かした授業を受けることができます。短期大学に入学し、学生の皆さんが講義や演習、実習等を通して学んだ事柄を実践で活かせるように工夫されている授業です。保育所や幼稚園・小学校等、保育・教育現場への見学、みどり祭(学園祭)での保育実践活動等にも取り組み、実践的力量が養えるようになります。

リトミック

リトミック教育の基礎から指導法までを身につける

手遊びや子どもの歌、さらに身体の動きと一体となった音楽表現を体得するとともに、子どもの動きに合わせたピアノの即興演奏を学び、リトミック指導法の技術を習得します。

特別活動の理論と方法

学級活動や児童会活動など特別活動の指導法を習得

特別活動の目的や内容を理解し、実践する上での課題を把握します。また事例研究を通して課題解決に向けた指導計画の作成技術や、特別活動の特性や目的に合った指導法を身につけます。

実践的な学び

音楽

個人レッスンでピアノと歌唱の技術を学ぶ

音楽をするうえで必要な楽曲理論の理解とピアノ演奏の技術、歌唱表現の技術の習得をめざしています。音楽経験の個人差に合わせたグレード別の4つのグループによる少人数授業で、複数の教員が一人ひとりにピアノと歌唱を個別指導します。そして、授業の終盤では弾き歌いと子どものための楽曲を演奏披露する発表会を行います。ピアノは毎日のレッスンが必要です。予習復習には、授業時間外に開放されている音楽室や個人レッスンブースを活用してください。

乳児保育

乳児の心身の育ちを理解し、支えるために

乳児期は、人としての基礎を培う大切な時期です。近年、親の育児不安や虐待などが問題となり、子育ての専門家である保育士に対する期待が高まっています。授業では、乳児期の発達と乳児保育における基礎的な事項を学びます。演習を多く取り入れ、また、映像を通し、現場での保育を想定します。乳児の心身の育ちを理解し、備えもつ力を発揮できる支援を行う保育者として、必要な知識や技能を学びます。

トップ > 大学院・学部・学科 > 初等教育学科 > 主な授業・ゼミナール紹介