定期試験

セメスターごとに一定の期間を設け、定期試験を実施します。各科目の試験実施方法は、科目担当者が決定します。
試験は原則通常の時間割で実施されますが、科目によっては異なる場合もありますので、掲示等で確認をしてください。

受験資格

次のいずれかに該当する場合は、定期試験を受けることができません。

  • ①学費未納の場合
  • ②履修登録をしていない場合
  • ③学生証を携帯していない場合
  • ④成績評価要件不足と指定された場合

上記のいずれかに該当する学生が誤って受験したとき、その学生の受験は無効となります。

仮受験証

学生証を携帯しない者に対し、定期試験受験のために仮学生証を発行します。試験開始前に教務部教務課で手続きをしてください(手続きの際には免許証・保険証等の身分証明書を提示してください)。発行日の当該科目受験に限り有効です。

定期試験欠席

正当な理由により定期試験を欠席した場合、所定の期間内に追試験の受験を願い出ることができます。 追試験受験が認められるのは、次の各号に定める場合に限られます。また欠席理由が正当と認められない場合は、追試験の機会は与えられません。

  • ①父母・配偶者・祖父母・兄弟姉妹及び三親等内の親族の忌引による場合(会葬礼状等の提出が必要)
  • ②疾病による場合(医師の診断書の提出が必要)
  • ③科目等履修校の定期試験を受験する場合