教育学部 教育学科 主な授業・ゼミナール紹介

授業紹介

  • 1年
  • 2年
  • 3年
  • 4年
  • ゼミナール

1年

教育学

教育学を学び、教員としての心構えを身につける

大学での勉学の様子が分かってくる時期、1年生の秋に開講される講義です。教育学を学ぶ際の基礎を身につけてもらいます。人の行う教育という行為を、現代および過去の議論を踏まえながら、さまざまな観点から取り上げて検討します。教育学上の知識の修得とともに、受講者自身に教育と教育者について再考してもらうことが目的です。より専門的な知識や分析、教科の学習などへと進むための確かな足場を提供する授業です。

教育心理学

教育心理学の知見を教育現場で活かすために

教育心理学研究の流れ、発達、学習、授業過程、教育評価、学校適応、精神的健康、カウンセリング・マインドなどをテーマとして取り上げ、関連する領域や実際の授業の様子にも触れながら授業を進めていきます。

音楽(1)

演奏技術と知識を備えた音楽指導者を育成する

音楽の理論や基礎知識を、ピアノの演奏技術とあわせて習得。レッスン形式の実技授業で、達成度を確認しながら実践力を養います。

2年

特別支援教育

全ての学校で必要な特別支援教育について学ぶ

特別支援教育は、今までの特殊教育の対象の障がいだけでなく、特別な支援を必要とする幼児児童生徒が在籍をする全ての幼稚園、小学校等で実施されるものです。特別支援学校の教員をめざす学生だけでなく、人を育てる職業に就こうとしている学生に対して、支援を必要としている子どもに手をさしのべて、ともに歩むことを願って授業を展開しています。

教育方法・技術

教材の活用方法や授業づくりを学ぶ

学習指導の基礎的な理論を理解し、小・中・高等学校で授業を行う学習指導案の作成と授業の方法について学びます。視聴覚機器や情報機器などの教材を活用した教育方法や技術についても学びます。

教職等インターンシップ(1)

就業体験を通して職業意識や責任感を高める

希望する進路に応じ、小・中・高等学校、博物館、行政機関などで実習・研修的な就業を体験します。教育専門職の職務を理解し、職業意識と責任感を高めます。

3年

小学校英語教育法

学年に応じた効果的な英語活動のために

現在小学校で行われている英語活動が、教育課程に教科として導入されます。英語学習を通して、次代を担う子どもたちにどのような力を身につけさせるのか、その目標を理解し、学習内容や具体的指導方法そして評価の在り方などを学びます。年間指導計画に沿った学習指導案を小グループで考察し、授業のねらいを達成するための効果的な学習活動を協議します。協議した内容を模擬授業で実施し、全体協議を通してさらに改善を探究します。

現代の教育課題

子どもの問題行動を理解し具体的な対応を学ぶ

不登校、いじめ、非行など子どもの問題行動の背景にある家庭・学校・地域社会について理解を深め、学校での対応、教育相談の仕組みや連携、カウンセリング・マインドを身につけます。

学校経営と学校図書館

司書教諭に必要な実践的スキルを身につける

司書教諭の任務と役割、司書教諭に必要な学校図書館経営の基礎的な内容を理解し、管理と運営について実践的に学びます。また、司書教諭が行う教育活動を模擬授業を通して体験します。

4年

社会科・地理歴史科教育法(2)

アクティブ・ラーニングで磨く指導力

授業では、中学校社会科と高等学校地理歴史科の学習指導要領の内容を理解します。その上で、校種ごとに教育課程の編成で大切な考え方やさまざまな教育方法を学び、社会科担当教員としての実践力を身につけていきます。授業形態は、アクティブ・ラーニングによる学修になります。準備学習では課題の発見や授業案の作成、授業では準備学習の発表や授業実践についての討論、発展学習では学習の振り返りや新たな課題の追及などを行います。

国語科教育法(3)

教材研究と授業研究を模擬授業で実践発表する

学習指導要領を正確に理解し、実際の教科書を使った教材研究、指導案の作成、発問や板書の方法などを通して、中学校・高等学校における国語科教育の実践力を身につけます。

教育学総合研究

生涯にわたり求められる研究心を身につけます

3年生から始まる少人数の演習形式(ゼミナール)で行う授業で、各人が特定の課題について研究します。4年生の最後は「卒業研究発表会」で締めくくられます。

ゼミナール

「国語国文学」ゼミナール 柴村抄織 准教授

国文学を通して文学的感性を磨く

本ゼミナールでは、論理的思考力、構想力を養い、文学的感性を磨きながら、各々の研究テーマを発見し、追究します。演習発表では、『源氏物語』の文献を読み、専門的な文学研究方法を学びます。3年生では、研究テーマを決定して研究の方法を学び(研究法演習)、4年生で、卒業論文を執筆します。2年間で、専門分野について、深い考察を重ね、将来への道を築き上げます。多くのゼミの卒業生が教員として活躍しています。

「自然教育学」ゼミナール 早石周平 准教授

身近な生き物を教材とする学習活動を学ぶ

校庭にある植物の名前を覚えていますか。ボランティア先で児童に草木の名前を聞かれ困った、という学生がいます。教員になれば、生活科や理科では教室外で生き物を教材とする学習活動を指導します。ゼミナールでは、気軽に身近に生き物とふれあう活動を、緑豊かなキャンパス内をフィールドに体験し、教材化を考え、理論的な裏付けを考えます。理科4分野に共通する感性を自然から学ぶ姿勢が高めてくれます。

「地域の人とものを活かす」ゼミナール 牧野久実 教授

身近な地域の人やものの価値について研究

学校教育では郷土学習が重視されています。このゼミでは身近な地域に目を向け、人とものの価値について自ら考え調べる力を身につけます。研究を進めながら企画立案や文章の書き方、まとめ方、そしてフィールドワークや文献調査の方法、地域研究の拠点でもある博物館や資料館などの活用法などを身につけます。

「スポーツ・運動方法学」ゼミナール 榎本至 准教授

指導者としての好奇心と行動力を育む

教育学科生を対象として開講しているこのゼミでは、ほとんどの学生が将来何らかの形で指導者として社会で活躍することをめざしています。貪欲な知的好奇心と粘り強い行動力を育むため、卒業研究をゴールとして、論文詳読を中心とした演習と、現場でのスポーツ指導実践の経験を、活動の両輪として重要視しています。

ゼミナールの一例

  • ・言語文化
  • ・算数科における作業的・体験的な活動
  • ・教育哲学
  • ・自然科学教育
  • ・地域の人とものを活かす
  • ・教育の歴史と思想

卒業研究テーマの一例

  • ・公立小学校における横浜プログラムの取り組み
  • ・家庭環境や生活環境が子どもに与える影響
  • ・「中1 ギャップ」の克服
  • ・算数を楽しくする図形指導
  • ・子どもにとって効果的な準備運動の条件
トップ > 大学院・学部・学科 > 教育学部 教育学科 > 主な授業・ゼミナール紹介