家政学部 家政保健学科 履修のポイント

専門分野を十分理解するには幅広い教養が必要です。教養教育科目および総合教育科目は専門の基礎となりますので、各領域をバランスよく履修することを勧めます。
1年次では専門の必修科目を中心に、家政・保健の全体像を把握します。自分の適性、興味や将来の目的を考えて履修の方針を立てます。2年次以降、具体的に免許・資格取得も視野に入れて、クラスアドバイザーや各教科担当の先生方と相談しながら履修を進めます。

4年間の履修例

第1セメスター(春)

学科で学ぶための基盤となる科目を軸に、幅広く履修できます。免許・資格にこだわらず自分の興味を広げ、その上で適性を見極め、自分の専門分野を定めていきます。

 
1 健康管理     保健学  
2 アパレル設計論 スタートアップセミナー 家政学 調理学 看護学(1)
3 調理実習基礎 住居学
(製図を含む)
情報リテラシー 建学の精神 食品学
4 医学の知識
(予防医学を含む)
  美術の世界  
5   英語(1)   健康・スポーツ科学  
6          

授業時間

時限 授業時間
1講時 8:40~10:10
2講時 10:20~11:50
3講時 12:40~14:10
4講時 14:20~15:50
5講時 16:00~17:30
6講時 17:40~19:10

第4セメスター(秋)

自分の将来を考えて履修計画を立てる時期です。目標にそった免許・資格の履修登録やゼミナールの選択も行います。進路決定のためにボランティア活動なども奨励しています。

 
1         発達心理学
2 消費生活論 アパレルデザイン論 建学の精神実践講座(2) 環境保健学 免疫学
3 社会福祉   生活とマネー(1) 応用栄養学 現代住生活論
4   養護アセスメント 救急看護実習 人間と倫理  
5     コミュニケーション  
6          

授業時間

時限 授業時間
1講時 8:40~10:10
2講時 10:20~11:50
3講時 12:40~14:10
4講時 14:20~15:50
5講時 16:00~17:30
6講時 17:40~19:10

第6セメスター(秋)

実習やインターンシップなどの実体験を通して、将来の目標を明確にします。衣料管理士、フードスペシャリスト、インテリアプランナーの各資格は、3年次に課程履修登録します。

 
1 ジェンダー論   家政保健学総合研究(2) 臨床看護実習
(学外)
 
2 おいしさの科学 ドイツ語(2) 住宅計画 文化人類学
3 フードビジネス論   健康相談活動 建学の精神実践講座(3)
4   被服繊維学実験 学校カウンセリング  
5      
6        

授業時間

時限 授業時間
1講時 8:40~10:10
2講時 10:20~11:50
3講時 12:40~14:10
4講時 14:20~15:50
5講時 16:00~17:30
6講時 17:40~19:10

第7セメスター(春)

3年次から進めてきたゼミナールでの研究の完成度を高めて、卒業研究としてまとめます。生活の各分野を総合的に理解し、卒業研究に取り組み、実践力や応用力を養います。

 
1     家政保健学総合研究(3)    
2       現代の政治 国際関係
3 食育論 住居設備学 進路指導    
4 生徒指導 住文化 家庭科教育法(4)    
5   教育心理学      
6          

授業時間

時限 授業時間
1講時 8:40~10:10
2講時 10:20~11:50
3講時 12:40~14:10
4講時 14:20~15:50
5講時 16:00~17:30
6講時 17:40~19:10

学生の声

地元の老舗駅弁販売会社とコラボ弁当を開発

鎌倉市で100年の歴史をもつ老舗「大船軒」と、季節ごとにコラボ弁当を企画開発しているのが私たちのゼミです。メニュー開発から試作、パッケージデザイン、PR活動まで幅広く学生の意見が反映され、とてもやりがいがあります。2014年の秋には「カルシウムに注目しました。弁当」が販売されま した。ゼミでは、疑問や課題を納得するまでディスカッションできるのが魅力。先生とは親子のような関係で、メンバーの仲もよく、いつも笑顔が絶えません。

S・Sさん
家政保健学科4年

ボランティアで携わった横浜市で養護教諭の夢を現実に

養護教諭として保健室に次々とやってくる子どもたちに、的確に対応していくという「ロールプレイング」の授業は、自分に足りない点を把握でき、他の学生に見られることで度胸もつく実践的な内容です。大学1年からずっとボランティアで携わった横浜市の養護教諭になれたのも、採用2次試験のロールプレイングに自信をもって臨めたからだと感じています。また、臨床看護実習では病院の小児科や児童養護施設を見学するなど、貴重な経験も得られ、養護教諭としての実践力や見識を高められた4年間でした。養護教諭は学校に1人の代わりのいない存在。だからこそ、子どもたちに安心感を与えられる先生になりたいです。

R・Kさん
家政保健学科4年
内定先:横浜市教育委員会(養護教諭)

やりたい仕事に就ける喜びを胸にこれからも成長していきたい

この春から、製薬会社のMRとして働きます。製薬分野は、学科の学びとは関連のないように思われますが、私は、幅広い分野を学べる家政 保健学科だからこそ自分らしい将来が見つけられたと感じています。元々は、食への関心が高く、1、2年次は、調理実習や食品学実験など、実際に食品を作って理解を深める学びに夢中になっていました。しかし、多くの授業を通して、食への興味が人の健康を支えたいという思いに発展していきました。内定をいただいたツムラは漢方薬に特色があり、一部の疾患だけでなく、身体全体を整えるという考え方も自分の思いと重なる点がありました。今は、大学で見つけた「人の健康に携わりたい」という夢を実現できる喜びでいっぱいです。

A・Iさん
家政保健学科4年
内定先:株式会社ツムラ(MR:医薬情報担当者)