家政学部 家政保健学科 履修のポイント

専門分野を十分理解するには幅広い教養が必要です。教養教育科目および総合教育科目は専門の基礎となりますので、各領域をバランスよく履修することを勧めます。
1年次では専門の必修科目を中心に、家政・保健の全体像を把握します。自分の適性、興味や将来の目的を考えて履修の方針を立てます。2年次以降、具体的に免許・資格取得も視野に入れて、クラスアドバイザーや各教科担当の先生方と相談しながら履修を進めます。

4年間の履修例

第1セメスター(春)

 
1       生活と環境  
2   スタートアップセミナー 保健学 健康・スポーツ科学 情報リテラシー
3 住居学 家政学   被服学  
4 食品学 スポーツ実技 調理学 建学の精神 調理実習基礎
5 英語(1)       調理実習基礎
6          

第4セメスター(秋)

 
1   女性と健康      
2       消費者問題論  
3   建学の精神実践講座(2)      
4 英語コミュニケーション(2) 発達心理学 数と統計 家庭科教育法(1)  
5 食品学実験・実習   精神保健    
6 食品学実験・実習   保育学    

第6セメスター(秋)

 
1     ゼミナール 被服製作実習  
2 フードビジネス論   ジェンダー論 被服製作実習  
3 調理学実験 家庭科教育法(3)     建学の精神実践講座(3)
4 調理学実験        
5     教育実習指導    
6          

第7セメスター(春)

 
1     ゼミナール    
2       進路指導  
3 家庭電気・機械        
4   家庭科教育法(4)     生徒指導
5          
6          

授業時間

時限 授業時間
1講時 8:40~10:10
2講時 10:20~11:50
3講時 12:40~14:10
4講時 14:20~15:50
5講時 16:00~17:30
6講時 17:40~19:10

取得した免許・資格

  • ・中学校教諭1種免許状(家庭)
  • ・高等学校教諭1種免許状(家庭)
  • ・フードスペシャリスト
  • ・家庭料理技能検定3級
  • ・食育実践プランナー

学生の声

「食」に強い家庭科教諭をめざして興味ある分野を深掘りしました

家庭科教諭になりたくて専門教育に定評のある鎌倉女子大学へ。家庭科に直結する衣食住はもちろん、消費・情報・介護・家族などの分野も幅広く履修しました。特に「食」に関する学びに力を入れ、3年次から「調理と食文化」ゼミに所属。イベント「うまいもん大学」では鎌倉の老舗弁当店と共同でいなり寿司を企画・製造・販売し、商業施設を舞台に販売までの一連の流れを経験しました。卒業後は中学校の家庭科教諭になりますが、4年間の実践的な授業や幅広い学びは教職に役立つと確信しています。

H・Nさん
家政保健学科4年
内定先:神奈川県教育委員会(家庭科教諭)