児童学部 子ども心理 履修のポイント

4年間の履修にあたって重要なことは、自分が将来、どのように子どもと関わっていくか、どのような領域でエキスパートになっていくのかをはっきりと頭に描くことです。1年次で学習領域やその指針を決定し、2年次で各専門分野の本格的な学習に入ります。3年次では専門科目の学習と並行して、ゼミナールを中心とした、より専門的な学習が進められます。4年次では、これまでの学びを卒業論文などにまとめることが第一の目標です。

4年間の履修例

1年次春セメスター(第1セメスター)

 
1 スタートアップセミナー        
2 健康・スポーツ科学 建学の精神 児童文学 人間と倫理 情報リテラシー
3   児童学 心理学概論    
4   数と統計   英語(1) 社会・集団・家族心理学
5 発達心理学(1)        
6          

2年次秋セメスター(第4セメスター)

 
1   公認心理師の職責 心理学実験    
2 感情・人格心理学   心理学的支援法 カウンセリング論
3   家族関係の心理学 産業・組織心理学   司法・犯罪心理学
4 精神疾患とその治療 建学の精神実践講座(2)      
5       ムーブメント療法(1)  
6         学習・言語心理学

3年次秋セメスター(第6セメスター)

 
1   フランス語(2) ゼミナール    
2 家庭支援論   生活と環境 ストレス・マネジメント 対人コミュニケーション
3   学校カウンセリング      
4 ムーブメント療法(2)   心理的アセスメント 建学の精神実践講座(3) 子育てカンファレンス演習(コンサルテーションを含む)
5       ジェンダー論  
6          

4年次春セメスター(第7セメスター)

 
1     ゼミナール    
2   心理学統計法(2)   心理演習(1)  
3   音楽療法 関係行政論 食と健康  
4 現代子ども・家族・社会心理研究(1)        
5          
6          

授業時間

時限 授業時間
1講時 8:40~10:10
2講時 10:20~11:50
3講時 12:40~14:10
4講時 14:20~15:50
5講時 16:00~17:30
6講時 17:40~19:10

取得した免許・資格

  • ・認定心理士

学生の声

これまで学んだ知識が実践的な力となって身についていることを実感

養護教諭をめざして、小学校の保健室で支援ボランティアを経験。発達障害や児童虐待の問題を抱える人達の悩みを知り、自治体の児童相談所や家庭支援センターなどで働きたいと考えるようになりました。実際的なケースを用いてカンファレンスを行う「子育てカンファレンス演習」の授業では、これまでに学んだカウンセリング技法や心理検査の知識を総合的に求められるため、特に力を入れて学びました。大学の授業をしっかりと受けていたことも、結果的に心理職専門試験の対策になったと実感しています。

A・Wさん
子ども心理学科4年
内定先:東京都中野区(心理職)