第7回 鎌倉女子大学 お弁当甲子園

[募集期間]2018年7月9日(月)~9月5日(水)※必着 応募方法/専用の応募用紙に必要事項を記入し、郵送にてお送りください。

応募用紙(PDF470KB)
昨年度 最優秀賞
「私」から
「料理の楽しさを教えてくれた おばあちゃん」へ

ありがとう弁当

〈コンセプト〉 料理の楽しさを教えてくれた祖母に感謝の気持ち、そしてこれからも元気でいてほしいという想いを込めました。高齢者に不足しがちなタンパク質は、鶏胸肉やチーズ、卵焼きの中に牛乳を加えることで、さっぱりと食べられる工夫をしました。また健康な体を保ち続ける為に、生活習慣病を防ぐ効果のあるパプリカ、老化予防効果のあるピーマン、ローズマリー、大葉を使用しました。祖母の料理は食べた人を温かな気持ちにします。今度は私から、祖母の心を温かくしたいと思いこのお弁当を作りました。料理の楽しさは食べる人の笑顔を見ることだ、と私は教わりました。私も祖母のように人を幸せにする料理を作れるようになりたいです。

応募規定 専用の応募用紙に必要事項を記入し、郵送にて応募。
応募用紙に「私」から「誰」へ「タイトル」「献立」を記入しそのコンセプトを300字以内でまとめ、お弁当写真を貼り応募。
審査基準 自作のお弁当の写真とそのコンセプト(表現力、料理の工夫・調理法・食材、栄養)などを総合的に評価し審査する。
審査委員長 吉田啓子(鎌倉女子大学教授・家政学部長)
特別審査委員


阿部了(写真家)


阿部直美(ライター)


著書「おべんとうの人」

ANA機内誌「翼の王国」
人気No.1エッセイ「おべんとうの時間」著者
NHK「サラメシ」にてお弁当ハンターとして出演中

審査委員 髙橋ひとみ(鎌倉女子大学准教授)
山口真由(鎌倉女子大学講師)
参加資格 高等学校に在籍する生徒(学年・性別は不問)
表彰
  • 最優秀賞1名(賞状・副賞3万円)
  • 優秀賞2名(賞状・副賞1万円)
  • 入選5名(賞状・副賞5千円)
  • 佳作10名(協賛社より記念品)
  • 学校賞3校(賞状・協賛社より記念品)
  • 鎌倉女子大学賞3校(賞状・記念品)
入賞者全員に、鎌倉女子大生が商品開発したオリジナルグッズをプレゼント
表彰式 2018年10月21日(日) 鎌倉女子大学 大船キャンパス
コンテスト
お問い合わせ先
高校生新聞社 コンテスト係 〒194-0022 東京都町田市森野1-34-10
TEL.042-724-2750
FAX.042-724-2710
E-mail:

詳細はこちらから
トップ > 第7回 お弁当甲子園