初等部だより

2019年08月07日 (水)

親子deクッキング~ワイワイ楽しいお寿司パーティー~

今年も大学生(家政学部管理栄養学科 斎藤ゼミ)と一緒に親子deクッキングを開催しました。
今回のメインは見た目もかわいらしい手毬寿司です。お酢には、夏にうれしい効果がたくさん。夏バテ予防に抗菌作用、ミネラルの吸収にも役立ちます。付け合わせの夏野菜にもビタミンがたっぷり。実際に試作をしてきてくれたという学生たちに主導してもらい、保護者の皆様の手腕を存分に奮っていただき、調理工程がさくさくと進んでいく中、計量や調味料の合わせなど、子どもたちもできることを一生懸命して調理を楽しんでいました。

本日のメニュー
・いろどり華やか4種のてまり寿司(エビ・ひよこ・カニカマ・きゅうり)
・サラダチキンと夏野菜のカレーマヨ和え
・しゅわしゅわ☆フルーツポンチ

薄焼き卵でつつんだひよこ寿司は子ども達に大人気でした。
20190806-2 (1).jpg20190806-2 (2).jpg
20190806-2 (3).jpg20190806-2 (4).jpg

2019年08月07日 (水)

親子deプログラミング

8月6日(火)、3年生の希望者を対象としたKWP3(鎌倉女子大学プロロ・プログラミング・プロジェクト)プログラミング教室が行われました。今年も大学と連携し、企画から当日の進行までを鎌倉女子大学の学生が行っています。
今回は"プロロ"というロボットに「10cm進む」「前に物があったら止まる」などの指示を送って、自分たちの町を案内する活動でした。プログラミング初体験の児童も多く、ロボットを思い通りに動かす難しさを感じているようでしたが、1家庭に対して1人の学生がサポートしてくれていたこともあり、試行錯誤しながら楽しそうに活動していました。
最後にはカルタを用いた情報モラル教室もあり、今後の生活の中で情報機器をどう使っていくか、どう活かしてくかを学ぶ良い機会となりました。
20190806-1 (1).jpg20190806-1 (3).jpg
20190806-1 (2).jpg20190806-1 (4).jpg

2018年08月16日 (木)

親子deプログラミング~プロロでぼく・わたしのまちを紹介しよう~

 昨年から始まった親子プログラミング教室。今年は、鎌倉女子大学の食堂を会場に、KWP3(鎌倉女子大学プロロ・プログラミング・プロジェクト)の一環として、鎌倉女子大学の学生がファシリテーターとなって行われました。ロボットが動くしくみ、基本操作、プロロのセンサーを使った遊びや町探検、情報モラルなど様々な体験や学びをすることができました。大学生が一家族に一人ずつついて、とても親切に指導していただき、子どもたちも夢中になって楽しみながら取り組むことができました。
 今回の体験後のアンケートでは、子どもからは、間違えても何回でもチャレンジできることがプログラミングであるということやメンターの大学生がやさしく教えてくれたことが印象に残った、また、保護者からは、物おじせずにあれこれ試したり、自らプログラムを作ってみようと新しいことにチャレンジをしたりする子どもの姿などを見て、新たな一面を発見することができたなどの感想がありました。今後も、この夏の体験をきっかけにプログラミングや大学生との交流を通しての学びがさらに広がってほしいです。
20180807p (1).jpg20180807p (2).jpg
20180807p (3).jpg20180807p (4).jpg

2017年10月19日 (木)

4回目のミャンマー国訪問団来校!

ミャンマーの教育省職員、教員らが、鎌倉女子大学初等部の授業を参観に訪れました。今回は4回目の来校となりました。

はじめにウェルカム集会でミャンマーの方々を歓迎しました。ウェルカム集会では、六年生が司会進行を行い、その際、代表の児童が、ミャンマーの方々のために、英語で通訳を行いました。集会では、初等部なぎなたクラブが型を披露し、最後に全校で校歌を合唱しました。

ウェルカム集会後、初等部で図工と理科の授業の見学を行い、互いの考えの伝え合いと認め合いを重視した、学習者主体の授業を参観していただきました。

ミャンマーの方々の熱心な見学ぶりに、初等部生、初等部教員ともに良い刺激を受け、実りある一日となりました。

20171019 (1).jpg20171019 (2).jpg20171019 (3).jpg