子ども・子育て研究施設「かまくらプロジェクト」

鎌倉女子大学における長年にわたる児童・幼児教育に関する総合的な研究と、子ども・子育て支援に関する多くの知見と技術をもとに、2016(平成28)年秋に学術研究所に「子ども・子育て研究施設」が開設されました。そして、育児期家族の自覚的なアイデンティティの形成に注目し、家族のウェル・ビーイングを中心に据えた発達支援事業「かまくらプロジェクト」を立ち上げました。

事業概要

育児期家族の養育者としてのアイデンティティの形成に注目し、家族のウェル・ビーイングを中心に据えた発達支援プログラム「かまくらプロジェクト」を企画し、現在までに5つの発達支援プログラム「子どもの発達プログラム」、「社会で活躍する女性のための母親アイデンティティの発達プログラム」、「父親の育児参加を推進するための父親アイデンティティの発達プログラム」、「親を支える祖父母アイデンティティの発達プログラム」、「育児期家族を支える潜在保育者の学び直しプログラム」が実施されています。

事業目的

本学は「感謝と奉仕に生きる人づくり」に教育の理念を置き、75年に及ぶ教育・研究活動に勤しんできました。女子大学としての特色を生かし、女子の職能を発揮できる免許・資格の取得を支援するため、包括的かつ体系的な指導・支援システムを構築しています。特に保育者の養成については、長い伝統と多くの実績を有し、優れた人材を広く保育界等に送り出してきました。また、保育者養成校として培ってきた、子ども・子育て支援に関する知見と技術を生かし、鎌倉市及び近隣地域との連携を図っています。このような本学の特色を活かし、育児期家族の母親・父親・祖父母の育児に関するアイデンティティの形成に注目し、家族のウェル・ビーイングを中心に据えた発達支援プログラム「かまくらプロジェクト」を立ち上げ、子ども・子育てに関する「研究機能」と「地域の子ども・子育て支援機能」の融合を図る研究拠点として「子ども・子育て研究施設」が開設されました。教員や学科等による個別の取組みを、大学全体としての取組みに拡大し、持続可能な開発目標(SDGs)と関連づけながらより大きな社会貢献へと展開いたします。

2019(令和元)年度の活動について

2019(令和元)年度は、3つのプログラム①「親を支える祖父母アイデンティティの発達プログラム」、②「育児期家族を支える潜在保育者の学び直しプログラム」、③「子どもの発達プログラム」を実施しました。

①「親を支える祖父母アイデンティティの発達プログラム」

「親を支える子育て応援団『祖父母世代』のプログラム:祖父母世代のいきいき生活と生涯発達」と題した3日間に渡るプログラムが実施されました。令和元年9月17日の初日には、佐藤淑子児童学科教授による「高齢期の発達心理学」の講座の後、ティータイムを挟み、飯村敦子児童学科教授による「健康づくりに向けたムーブメント教育法の体験」が行われました。第2回目は9月27日に実施されました。佐藤淑子教授をコーディネーターとして、昨年度に引き続き外部講師としてNPO法人孫育て・ニッポン理事長の棒田明子先生による「地域における孫育て、たまご育てを考える」と題した講座が開催されました。ティータイム後に佐藤淑子教授、飯村敦子教授による「グループワーク:主体的に考える」が行われました。第3回目は10月4日に開催されました。佐藤淑子教授による「子ども世代を応援する意義:イギリスの現状と研究から考える」と題した講座の後、ティータイムを経て、飯村敦子教授による「子育て支援に活かすムーブメント教育法の体験」が行われました。
近隣の方はもとより遠方より参加された方もおり、いずれの回も熱心な参加者を得ました。ティータイムでも担当講師との話や、参加者同志で話しがはずみ、活発で和やかな講座となりました。

②「育児期家族を支える潜在保育者の学び直しプログラム」

全3日間の「潜在保育者ラーニング・チャレンジプログラム:寄り添い、子どもの学びを深める保育者になるために」と題したプログラムが開催されました。令和2年2月1日の初日は「保育実践のマインド&スキルズ」と題して、小泉裕子初等教育学科教授による「潜在保育者に求められる保育力とは」、元こどもの城研究員で本学初等教育学科非常勤講師の戸田瑞穂先生による「子どもとかかわる力を磨こう!:絵本やお話の読み聞かせの体験」、鎌倉市保育コンシェルジュで本学初等教育学科非常勤講師の伊藤広子先生による「児童虐待防止プログラム:児童虐待防止プログラム『目からウロコ』の体験」のそれぞれの講座が行われました。2月7日の2日目は「保育現場で学ぶ」と題して、希望に応じて参加者を保育所コースと幼稚園コースに分け、保育所コースはこばとナーサリーで、幼稚園コースは本学幼稚部にてプログラムを行いました。保育所コースでは小泉裕子教授により、幼稚園コースでは佐藤康富初等教育学科教授から「保育実践から学ぶ意義」と題した講義を受けた後、保育所コースではこばとナーサリーの飯野幸江園長、本学幼稚部では森本壽子幼稚部長のもと、フィールド観察と職員との懇談会が催されました。2月8日の3日目は「経験豊富な保育者とのサークル・カフェ」と題して、保育所や幼稚園、認定こども園の園長をはじめ、現場経験の豊富な保育者を講師として招き、また、保育者と参加者との情報交換を行うサークル・カフェが行われました。小泉裕子教授と佐藤康富教授をコーディネーターとし、講師として双葉保育園横地みどり園長、はやし幼稚園難波香織園長、宮前おひさまこども園亀ヶ谷元譲副園長、NPO法人鶴見保育の会山崎和子代表理事から、それぞれ「応援メッセージ」を頂いた後、講師の方々と参加者との情報交換を行うサークル・カフェが開催されました。3日間を通して、保育現場の実際や保育の実践について、様々なことを学習する機会となりました。

③「子どもの発達プログラム」

鎌倉市及びかまくら子育て支援グループ懇談会との共催で毎年行われている「かまくらママ&パパ ’sカレッジ特別企画」親子で楽しむ♪あそびの大学」が令和元年10月12日に開催される予定でしたが、折しもの台風19号の到来のため、急遽中止となりました。
一方、障害乳幼児とその保護者を対象に、ムーブメントを通して、子どもの全面発達を支援するプログラムとして、飯村敦子教授による鎌倉ムーブメント教室「てをつなごう」が開催されました(平成31年4月27日・令和元年6月22日・11月24日・令和2年2月9日)。

令和元年11月2日・3日に本学大船キャンパスにて開催された第25回みどり祭において、「かまくらプロジェクト」の展示が行われました。実習棟2階のラウンジにて、今年度開催の祖父母世代、潜在保育者を対象とした2つのプログラムの内容や当日の様子等について、写真の掲示ならびに関連する資料の展示が行われました。

2020(令和2)年度のプログラムについて

2020(令和2)年度のかまくらプロジェクトのプログラムについては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の為、実施いたしませんでした。

2021(令和3)年度のプログラムについて

神奈川県「大学発・政策提案制度」に、学術研究所子ども・子育て研究施設が提案した「少子高齢社会のかながわ多世代子育て・孫育てコミュニティ構築」が採択されました。持続可能な子育て・孫育ての支援ネットワーク構築を目指し、『祖父母プログラム』と『潜在保育者プログラム』をZoom配信、オンデマンド配信で実施いたしました。
詳細はこちらからご覧いただくことができます。

2022(令和4)年度のプログラムについて

『2022年度 祖父母プログラム』

Zoom配信での開催となり、ご自宅で気軽にご参加いただくことができます。
プログラム内容・申し込みはこちら

トップ > 学術研究所 > 子ども・子育て研究施設「かまくらプロジェクト」