子ども・子育て研究施設「かまくらプロジェクト」

鎌倉女子大学における長年に渡る児童・幼児教育に関する総合的な研究と、子ども・子育て支援に関する多くの知見と技術をもとに、2016(平成28)年秋に、学術研究所に「子ども・子育て研究施設」が開設されました。そして、育児期家族の育児に関するアイデンティティの形成に注目し、家族のウェル・ビーイングを中心に据えた発達支援事業「かまくらプロジェクト」を立ち上げました。

事業概要

育児期家族の養育者としてのアイデンティティの形成に注目し、家族のウェル・ビーイングを中心に据えた発達支援プログラム「かまくらプロジェクト」を企画し、現在までに5つの発達支援プログラム「子どもの発達プログラム」、「社会で活躍する女性のための母親アイデンティティの発達プログラム」、「父親の育児参加を推進するための父親アイデンティティの発達プログラム」、「親を支える祖父母アイデンティティの発達プログラム」、「育児期家族を支える潜在保育者の学び直しプログラム」が実施されています。

事業目的

本学は「感謝と奉仕に生きる人づくり」に教育の理念を置き、75年に及ぶ教育・研究活動に勤しんできました。女子大学としての特色を生かし、女子の職能を発揮できる免許・資格の取得を支援するため、包括的かつ体系的な指導・支援システムを構築しています。特に保育者の養成については、長い伝統と多くの実績を有し、優れた人材を広く保育界等に送り出してきました。また、保育者養成校として培ってきた、子ども・子育て支援に関する知見と技術を生かし、鎌倉市及び近隣地域との連携を図っています。このような本学の特色を活かし、育児期家族の母親・父親・祖父母の育児に関するアイデンティティの形成に注目し、家族のウェル・ビーイングを中心に据えた発達支援プログラム「かまくらプロジェクト」を立ち上げ、子ども・子育てに関する「研究機能」と「地域の子ども・子育て支援機能」の融合を図る研究拠点として「子ども・子育て研究施設」が開設されました。教員や学科等による個別の取組みを、大学全体としての取組みに拡大し、持続可能な開発目標(SDGs)と関連づけながらより大きな社会貢献へと展開いたします。

2018(平成30)年度の活動について

2018(平成30)年度は、3つのプログラム①「子どもの発達プログラム」、②「親を支える祖父母アイデンティティの発達プログラム」、③「育児期家族を支える潜在保育者の学び直しプログラム」を実施しました。

①「子どもの発達プログラム」

10月13日(土)に、以前より鎌倉市とかまくら子育て支援グループ懇談会との共催で行われている「かまくらママ&パパ ’sカレッジ特別企画」が、「親子で楽しむ♪あそびの大学」をテーマに開催されました。「みんなで楽しく歌ってあそぼう!」(渡辺宏章子ども心理学科准教授、以下括弧内担当運営委員)、「30分でできる!親子の体操教室」(西島大祐初等教育学科准教授)、「親子で運動あそび」(松田広則児童学科教授、高𣘺宗良児童学科准教授)、「身近なものでおもちゃづくり」(真宮美奈子児童学科准教授、関川満美初等教育学科講師)、「ちびっこランド」(小泉裕子児童学科教授、寳川雅子初等教育学科准教授、片川智子児童学科准教授、関川満美講師)等が、表現スタジオ、アリーナ、多目的ホール等で教職員や多数の学生ボランティアによって行われ、数多くの親子が参加しました。
4月28日(土)・6月23日(土)・10月14日(日)・2月10日(日)に、障害乳幼児とその保護者を対象に、ムーブメントを通して、子どもの全面発達を支援するプログラムとして、飯村敦子児童学科教授による鎌倉ムーブメント教室「てをつなごう」が開催されました。

②「親を支える祖父母アイデンティティの発達プログラム」(祖父母プログラム)

9月19日(水)・9月25日(火)・10月9日(火)に、「親を支える子育て応援団『祖父母世代』のプログラム:祖父母世代のいきいき生活と生涯発達」と題したプログラムが実施されました。9月19日の初日は、佐藤淑子児童学科教授による「子ども世代を応援する意義:オランダの現状と研究から考える」と題した講座の後、ティータイムを挟み、飯村敦子教授による「楽しく動いて健康づくり:ムーブメント教育法の体験」が行われました。第2回目(9月25日)は、佐藤淑子教授をコーディネーターとしてNPO法人孫育て・ニッポン理事長の棒田明子先生による「地域の子育て応援団:祖父母世代の他孫(たまご)育てを考える」と題した講座が開催されました。ティータイム後に棒田先生、佐藤淑子教授、飯村敦子教授が加わり、「子育て応援団のネットワークづくりに向けて」のグループワークが行われました。第3回目(10月9日)は、佐藤淑子教授による「親世代と上手に付き合うために:祖父母準備性の再考」と題した講座の後、ティータイムを経て、飯村敦子教授による「楽しみながら孫の成長を支える遊びの体験」が行われました。いずれの回も熱心な参加者を得て、明るく、和やかな講座となりました。

③「育児期家族を支える潜在保育者の学び直しプログラム」(潜在保育者プログラム)

8月21日(火)から23日(木)の3日間、「潜在保育者ラーニング・チャレンジプログラム:寄り添い、子どもの学びを深める保育者になるために」と題したプログラムが開催されました。初日は小泉裕子教授による「保育に求められる専門性とは:子どもと共に成長する保育職のキャリア」と、佐藤康富初等教育学科教授による「子ども理解と保育実践」の講座が行われました。2日目には幸喜健初等教育学科准教授による「特別な支援を必要とする子どもへの保育」と、関川満美講師による「保育活動の意義を考える:集いの場面における子どもたちの育ちとは」と題した講座が開講されました。最終日には、会場をかさまの杜保育園と岩瀬キャンパスの本学幼稚部に移して、保育現場の観察・見学等を行い、その後、各園の園長(磯山真子かさまの杜保育園長、森本壽子本学幼稚部長)より、保育現場で求められる保育者の資質・能力等について話しを伺いました。様々な事例についてグループワーク等で意見交換など行って、実践的な課題について学びを深めました。
2月10日(日)に、保育所や幼稚園、認定こども園などの園長をはじめ、現場経験の豊富な保育者を講師として招き、また、保育者としてのより良い働き方のポイントなどに関する情報交換を行う場を提供する「潜在保育者のための応援講座&サークル・カフェ」が開催されました。小泉裕子教授と佐藤康富教授をコーディネーターとして、社会福祉法人こばと会こばとナーサリー飯野幸江園長、学校法人光明学院伊勢原ひかり幼稚園佐伯妙有園長、鎌倉市保育コンシェルジュ伊藤広子先生、NPO法人鶴見保育の会理事長山崎和子先生からそれぞれお話を頂いた後、講師の方々と参加者との情報交換会が開催されました。

いずれのプログラムも継続的な開催の希望を頂き、参加者から高い評価を得ることができました。
11月3日(土)・4日(日)には、大船キャンパスにおける第24回みどり祭にて、「かまくらプロジェクト」の展示が行われました。実習棟2階のラウンジにて、昨年度のプログラムの様子と、今年度開催された各プログラムの内容と当日の写真の掲示ならびに関連する資料の展示が行われました。

2019年度開催のプログラム

2019年度は以下のプログラムを開催いたします。

潜在保育者ラーニング・チャレンジプログラム「寄り添い、子どもの学びを深める保育者になるために」(全3回)

PDFをダウンロードする(4.1MB)
  • 第1回 2月1日(土)9:50~12:30
    鎌倉女子大学 大船キャンパス(鎌倉市大船6丁目1番3号)
  • 第2回 2月7日(金)9:50~11:30
    • 保育所コース:こばとナーサリー(鎌倉市岩瀬776-2)
    • 幼稚園コース:鎌倉女子大学 幼稚部 岩瀬キャンパス(鎌倉市岩瀬1420)
  • 第3回 2月8日(土)9:30~12:35
    鎌倉女子大学 大船キャンパス(鎌倉市大船6丁目1番3号)

*託児サービスはありません。

申込期間:12月16日(月)~1月20日(月)

親を支える子育て応援団「祖父母世代」のプログラム ~祖父母世代のいきいき生活と生涯発達~
(全3回)

PDFをダウンロードする(3.6MB)
  • 第1回 9月17日(火)10:00~12:20(終了しました)
    鎌倉女子大学 大船キャンパス(鎌倉市大船6丁目1番3号)
  • 第2回 9月27日(金)10:00~12:20(終了しました)
    鎌倉女子大学 大船キャンパス(鎌倉市大船6丁目1番3号)
  • 第3回 10月4日(金)10:00~12:20(終了しました)
    鎌倉女子大学 大船キャンパス(鎌倉市大船6丁目1番3号)

申込期間:8月1日(木)~9月5日(木)

会場

大船キャンパス

〒247-8512 神奈川県鎌倉市大船6丁目1番3号

電車での来学について

大船駅下車、東口または笠間口から徒歩8分

*サブゲート側からお入りください。

お車での来学について

当日、大学へお車で来学いただくことも可能です。
お車で来学される場合は、プログラムと一緒にお申し込みください。

*サブゲート側からお入りください。

地図を印刷する
トップ > 学術研究所 > 子ども・子育て研究施設「かまくらプロジェクト」