外部資金採択状況

科学研究費助成事業採択状況

2021年度

研究種目名 研究
期間
(年度)
研究
課題名
研究
代表者名
所属 交付額
(直+間)
基盤研究(B) 2020~
2023
大学への寄付意識に関する日本的特質の解明 福井文威 学術研究所 准教授 3,900,000
基盤研究(C) 2020~
2022
Society 5.0を支える情報技術をプログラミング体験から学習する支援ツール 杉浦学 家政学部家政保健学科 准教授 2,210,000
基盤研究(C) 2020~
2023
能の学習が呼び起こす身体感覚が児童の感性に与える影響―歌声と脳賦活に着目して― 田村にしき 児童学部児童学科 准教授 260,000
若手研究 2020~
2022
書字教育の基礎概念としての字体・字形とその歴史的変遷 杉山勇人 短期大学部初等教育学科 准教授 780,000
基盤研究(C) 2018~
2021
教員養成における生徒指導上の諸問題解決のための実践力育成プログラムの開発 石川満佐育 児童学部児童学科 准教授 補助事業
期間延長
若手研究 2018~
2021
近世日本語における「あて字」の発生と近代日本語への伝播 銭谷真人 教育学部教育学科 講師 390,000
基盤研究(C) 2019~
2021
障害児の家族QOLを軸とする個別家族支援計画およびペアレントプログラムの開発 小林保子 児童学部児童学科 教授 390,000
基盤研究(C) 2019~
2022
壮年期を終えた雄のチンパンジーにおける適応戦略 保坂和彦 児童学部児童学科 教授 910,000
若手研究 2018~
2021
モラルジレンマを用いた「考え議論する道徳」授業に関する縦断的研究 藤澤文 児童学部子ども心理学科 准教授 補助事業
期間延長
基盤研究(C) 2017~
2021
ヘルスリテラシーががん検診の選好に及ぼす影響の解明 田口良子 家政学部管理栄養学科 准教授 補助事業
期間延長
基盤研究(C) 2021~
2024
転移性口腔癌細胞を用いた鶏卵漿尿膜移植法の確立と治療標的分子の同定 櫻井浩平 家政学部管理栄養学科 准教授 1,690,000
基盤研究(C) 2021~
2023
地域・学校と連携した「考え,議論する」道徳授業の実践に関する研究 藤澤文 児童学部子ども心理学科 准教授 2,080,000
基盤研究(C) 2021~
2025
語意の分析的特性はどのように生まれるか:記号コミュニケーション発達の視点から 佐治伸郎 児童学部子ども心理学科 准教授 1,040,000
基盤研究(C) 2020~
2022
RNAの酸化損傷が誘導するアポトーシス開始機構 石井健士 家政学部管理栄養学科 准教授 1,300,000

2020年度

研究種目名 研究
期間
(年度)
研究
課題名
研究
代表者名
所属 交付額
(直+間)
基盤研究(B) 2020~
2023
大学への寄付意識に関する日本的特質の解明 福井文威 学術研究所 准教授 5,330,000
基盤研究(C) 2020~
2022
Society 5.0を支える情報技術をプログラミング体験から学習する支援ツール 杉浦学 家政学部家政保健学科 准教授 1,430,000
基盤研究(C) 2020~
2023
能の学習が呼び起こす身体感覚が児童の感性に与える影響―歌声と脳賦活に着目して― 田村にしき 児童学部児童学科 准教授 3,770,000
若手研究 2020~
2022
書字教育の基礎概念としての字体・字形とその歴史的変遷 杉山勇人 短期大学部初等教育学科 准教授 910,000
基盤研究(C) 2018~
2020
教員養成における生徒指導上の諸問題解決のための実践力育成プログラムの開発 石川満佐育 児童学部児童学科 准教授 780,000
若手研究 2018~
2021
近世日本語における「あて字」の発生と近代日本語への伝播 銭谷真人 教育学部教育学科 講師 520,000
基盤研究(C) 2018~
2020
スーパーエンハンサーによる転写制御の破綻と口腔扁平上皮癌進展機構の解明 櫻井浩平 家政学部管理栄養学科 准教授 1,300,000
若手研究 2019~
2021
唾液中miRNA計測とフードモデルを融合させた新たな糖尿病と合併症の非侵襲予防法 菅原沙恵子 家政学部管理栄養学科 助教 650,000
基盤研究(C) 2019~
2021
障害児の家族QOLを軸とする個別家族支援計画およびペアレントプログラムの開発 小林保子 児童学部児童学科 教授 390,000
基盤研究(C) 2019~
2022
壮年期を終えた雄のチンパンジーにおける適応戦略 保坂和彦 児童学部児童学科 教授 910,000
若手研究 2018~
2020
モラルジレンマを用いた「考え議論する道徳」授業に関する縦断的研究 藤澤文 児童学部子ども心理学科 准教授 780,000
若手研究 2018~
2021
「伝えたい」が紡ぐ意味の体系:語の意味習得における共有志向性の効果の検討 佐治伸郎 児童学部子ども心理学科 講師 650,000
基盤研究(C) 2017~
2020
ヘルスリテラシーががん検診の選好に及ぼす影響の解明 田口良子 家政学部管理栄養学科 准教授 補助事業
期間延長

2019年度

研究種目名 研究
期間
(年度)
研究
課題名
研究
代表者名
所属 交付額
(直+間)
若手研究(B) 2017~
2019
謡の学習が心身に及ぼす効果の解明 -歌声・脳賦活・心理の多面的評価による検証- 田村にしき 児童学部児童学科 准教授 390,000
基盤研究(C) 2018~
2020
スーパーエンハンサーによる転写制御の破綻と口腔扁平上皮癌進展機構の解明 櫻井浩平 家政学部管理栄養学科 准教授 1,300,000
若手研究 2019~
2021
唾液中miRNA計測とフードモデルを融合させた新たな糖尿病と合併症の非侵襲予防法 菅原沙恵子 家政学部管理栄養学科 助教 3,120,000
基盤研究(C) 2019~
2021
障害児の家族QOLを軸とする個別家族支援計画およびペアレントプログラムの開発 小林保子 児童学部児童学科 教授 520,000
基盤研究(C) 2019~
2022
壮年期を終えた雄のチンパンジーにおける適応戦略 保坂和彦 児童学部児童学科 教授 1,560,000
若手研究(B) 2017~
2019
米国における寄付を促進するための大学経営戦略 福井文威 学術研究所 准教授 1,430,000
基盤研究(C) 2017~
2019
新規血中miRNAによる糖尿病進行ステージと合併症リスクの迅速早期診断と治療応用 伊藤太二 家政学部管理栄養学科 准教授 1,170,000
基盤研究(C) 2017~
2019
ヘルスリテラシーががん検診の選好に及ぼす影響の解明 田口良子 家政学部管理栄養学科 准教授 650,000
基盤研究(C) 2014~
2019
自動化とSensemakingの観点から捉える教師の熟達過程に関する研究 遠山孝司 児童学部児童学科 准教授 補助事業
期間延長
若手研究 2018~
2020
モラルジレンマを用いた「考え議論する道徳」授業に関する縦断的研究 藤澤文 児童学部子ども心理学科 准教授 1,430,000
若手研究 2018~
2021
「伝えたい」が紡ぐ意味の体系:語の意味習得における共有志向性の効果の検討 佐治伸郎 児童学部子ども心理学科 講師 1,170,000
基盤研究(C) 2017~
2019
保育における児童・保護者のウェルビーイングを目指した「養育支援」のあり方の検討 太田敬子 短期大学部初等教育学科 教授 780,000

2018年度

研究種目名 研究
期間
(年度)
研究
課題名
研究
代表者名
所属 交付額
(直+間)
若手研究(B) 2017~
2019
米国における寄付を促進するための大学経営戦略 福井文威 学術研究所 准教授 1,430,000
特別研究員奨励費 2016~
2018
前2世紀末から前1世紀末の地中海世界における共同体運営の公的・非公的側面の相克 伊藤雅之 学術研究所 非専任研究員 910,000
基盤研究(C) 2017~
2019
新規血中miRNAによる糖尿病進行ステージと合併症リスクの迅速早期診断と治療応用 伊藤太二 家政学部管理栄養学科 准教授 1,300,000
基盤研究(C) 2017~
2019
ヘルスリテラシーががん検診の選好に及ぼす影響の解明 田口良子 家政学部管理栄養学科 准教授 2,210,000
基盤研究(C) 2015~
2018
家族力を高める子ども・子育て支援へのムーブメント教育適用に関する実証的研究 飯村敦子 児童学部児童学科 教授 補助事業
期間延長
基盤研究(C) 2015~
2018
養子縁組家族において育つ子どものアイデンティティ形成に有意義な支援モデルの検討 富田庸子 児童学部児童学科 教授 補助事業
期間延長
基盤研究(C) 2014~
2018
自動化とSensemakingの観点から捉える教師の熟達過程に関する研究 遠山孝司 児童学部児童学科 准教授 910,000
若手研究 2018~
2020
モラルジレンマを用いた「考え議論する道徳」授業に関する縦断的研究 藤澤文 児童学部子ども心理学科 准教授 1,950,000
若手研究(B) 2014~
2018
子どもの意味体系の構築:語に対する意味づけの更新過程に注目して 佐治伸郎 児童学部子ども心理学科 講師 補助事業
期間延長
若手研究 2018~
2021
「伝えたい」が紡ぐ意味の体系:語の意味習得における共有志向性の効果の検討 佐治伸郎 児童学部子ども心理学科 講師 1,300,000
基盤研究(C) 2017~
2019
保育における児童・保護者のウェルビーイングを目指した「養育支援」のあり方の検討 太田敬子 短期大学部初等教育学科 教授 1,690,000

2017年度

研究種目名 研究
期間
(年度)
研究
課題名
研究
代表者名
所属 交付額
(直+間)
若手研究(B) 2017~
2019
米国における寄付を促進するための大学経営戦略 福井文威 学術研究所 准教授 1,170,000
特別研究員奨励費 2016~
2018
前2世紀末から前1世紀末の地中海世界における共同体運営の公的・非公的側面の相克 伊藤雅之 学術研究所 非専任研究員 910,000
基盤研究(C) 2014~
2017
成人女性の未来展望における喪失感と獲得感ーひとりの受容、つながりの形成との関連ー 大石美佳 家政学部家政保健学科 教授 補助事業
期間延長
基盤研究(C) 2017~
2019
新規血中miRNAによる糖尿病進行ステージと合併症リスクの迅速早期診断と治療応用 伊藤太二 家政学部管理栄養学科 准教授 2,080,000
基盤研究(C) 2017~
2019
ヘルスリテラシーががん検診の選好に及ぼす影響の解明 田口良子 家政学部管理栄養学科 准教授 1,430,000
基盤研究(C) 2013~
2017
障害児等の家族支援プログラムと家族QOLアセスメントの開発 小林保子 児童学部児童学科 教授 補助事業
期間延長
基盤研究(C) 2015~
2017
家族力を高める子ども・子育て支援へのムーブメント教育適用に関する実証的研究 飯村敦子 児童学部児童学科 教授 650,000
基盤研究(C) 2015~
2017
養子縁組家族において育つ子どものアイデンティティ形成に有意義な支援モデルの検討 富田庸子 児童学部児童学科 教授 1,560,000
基盤研究(C) 2014~
2018
自動化とSensemakingの観点から捉える教師の熟達過程に関する研究 遠山孝司 児童学部児童学科 准教授 910,000
若手研究(B) 2014~
2017
子どもの意味体系の構築:語に対する意味づけの更新過程に注目して 佐治伸郎 児童学部子ども心理学科 講師 650,000
基盤研究(C) 2017~
2019
保育における児童・保護者のウェルビーイングを目指した「養育支援」のあり方の検討 太田敬子 短期大学部初等教育学科 教授 1,040,000

2016年度

研究種目名 研究
期間
(年度)
研究
課題名
研究
代表者名
所属 交付額
(直+間)
特別研究員奨励費 2016~
2018
前2世紀末から前1世紀末の地中海世界における共同体運営の公的・非公的側面の相克 伊藤雅之 学術研究所 非専任研究員 1,040,000
基盤研究(C) 2014~
2016
成人女性の未来展望における喪失感と獲得感ーひとりの受容、つながりの形成との関連ー 大石美佳 家政学部家政保健学科 教授 780,000
基盤研究(C) 2013~
2016
障害児等の家族支援プログラムと家族QOLアセスメントの開発 小林保子 児童学部児童学科 教授 650,000
基盤研究(C) 2015~
2017
家族力を高める子ども・子育て支援へのムーブメント教育適用に関する実証的研究 飯村敦子 児童学部児童学科 教授 910,000
基盤研究(C) 2015~
2017
養子縁組家族において育つ子どものアイデンティティ形成に有意義な支援モデルの検討 富田庸子 児童学部児童学科 教授 1,560,000
若手研究(B) 2014~
2017
子どもの意味体系の構築:語に対する意味づけの更新過程に注目して 佐治伸郎 児童学部子ども心理学科 講師 780,000
トップ > 学術研究所 > 外部資金採択状況