初等部だより

2019年07月18日 (木)

高学年 出前授業「インターネット・スマートフォン教室」

今や、私たちの生活と切り離すことのできない「インターネット」。初等部でも、子どもたちが専用の携帯電話・スマートフォンを持つ割合が年々高くなっているように感じます。高学年の子どもたちは、授業でもパソコンやタブレットを使用し、インターネットから情報を得ることも多くあります。そんな中、なくならない「ネット犯罪」から、どのように身を守ればよいのでしょうか。神奈川県大船警察署生活安全課の方に講演をしていただきました。友達とのLINEトラブルという身近な例から、実際に犯罪に巻き込まれてしまう事例も、動画を交えてお話いただきました。また、ネット犯罪だけでなく、違法薬物、電話やメールを使った詐欺事件など、身近に潜む犯罪への注意喚起と共に、「家族としっかり話し合うこと・コミュニケーションをとることで防げる犯罪(被害)がある」ということを真剣に伝えていただき、子どもたちもじっくりと聞き入っていました。
貴重なお話をありがとうございました。
20190710 (1).jpg20190710 (2).jpg
20190710 (3).jpg20190710 (4).jpg

2019年07月16日 (火)

9/7(土) 第3回学校紹介 開催案内

20190907.png
第3回学校紹介ではキッズスペースを設けます。
3歳以上の、保護者と離れても一人で安全に過ごせるお子様が対象です。当スペースでは1、2名の教員と保護者ボランティアが対応します。3歳未満の小さなお子様については、保護者の方がお連れになられてご参観ください。
なお、お預かりのスペースには限りがありますので、ご承知おきのほど宜しくお願い致します。

2019年07月09日 (火)

幼稚部さんとの交流

7月8日(月)に初等部と幼稚部との交流がありました。幼稚部さんとペアになり、どんな遊びをしたいかお話をしながら交流はスタートしました。
今回、室内では相撲や工作を、園庭ではアスレチックがあったり、うさぎに触れたり、サッカーや十字鬼と、とても楽しい時間を過ごすことができました。
自分たちより歳が下の幼稚部生と関わることで、お兄さん、お姉さんとしての頼もしい一面が見られ、1年生としての成長が見られる心温まる機会となりました。
振り返りでは、「今度は初等部で一緒に遊びたい」、「初等部のことを教えてあげたい」という思いが子どもたちに出てきました。
今後の生活科や幼初交流の活動が楽しみです。
20190708 (1).jpg20190708 (2).jpg
20190708 (3).jpg20190708 (4).jpg
20190708 (5).jpg20190708 (6).jpg

2019年07月09日 (火)

なぎなた地方青少年練成会

7月6日(土)、7日(日)の2日間、なぎなた地方青少年練成会がありました。子どもたちは少し緊張した面持ちで参加していましたが、たくさんの先生方になぎなたの持ち方や手の位置、足の開き方など細かいところまでご指導していただきました。また、同じ小学生だけでなく、防具をつけた中学生や高校生のお兄さん、お姉さんにも相手をしていただき、実際に面や脛などを打つことができて貴重な体験をさせていただきました。
これを機に、少しずつ技術も向上し、なぎなたに対してより一層力を入れて取り組むことができるようになることを願います。
20190707 (1).jpg20190707 (2).jpg
20190707 (3).jpg20190707 (4).jpg

2019年07月03日 (水)

海上安全教室~夏の事故防止・命を守る~

横須賀海上保安庁交通課の皆様のご協力で、今年も6年生が着衣水泳の体験を行いました。
グループに分かれ、着衣のままで入水すると、日頃水泳の得意な子どもたちからも「動きにくい!」と声が上がりました。
焦らずに肺にたくさん空気を吸い込むと背浮きができること、救命胴衣を着けたときも、水面に背中を向けた方が楽であること。海上保安庁よりいらした指導員のご指導で、子どもたちはみるみるうちに体で知識を身につけていきました。
「泳ぎの得意な人であるほど、邪魔だと思って靴を脱いでしまう。けれど、体力がなくなってきたとき、浮力のある靴は命を守ってくれます。」という最後のお話には、すぐ服や靴を脱ぎたいと言っていた子どもたちも感じ入ったようでした。
自分の泳力を高めるだけでなく、慢心せず、「命を守る」意識を高めること。水泳の授業で大切なことを、教職員ともども教えていただきました。
20190703 (1).jpg20190703 (2).jpg
20190703 (3).jpg20190703 (4).jpg

2019年06月27日 (木)

自分もみんなも楽しい修学旅行

部長室より(7月号)は、こちらです。

2019年06月26日 (水)

4年生 社会科見学(栄第一水再生センター)

6月26日(水)栄第一水再生センターへ社会科見学に行きました。「水はどこから」の学習で、自分たちが使った水がどうなっていくのかということを学ぶためです。
水再生センターではまず、下水道についての映像を見て下水道の仕組みを学びました。その後、水をきれいにするのに欠かせない微生物を見せてもらいました。様々な種類を見ることができ、微生物ごとの姿や動きなど、多くの発見と驚きがありました。次に施設の見学をさせていただきました。3つのグループに分かれ、ボランティアガイドさんの案内で施設内の様々な場所を見学させていただきました。水をきれいにしていく場所を実際に見ることで、映像で学んだことを生かした学びをすることができました。最後に、子どもたちからの様々な質問に答えていただき、見学は終了となりました。
帰り道、いたち川に流れ出る水を見た子どもたちが、「水再生センターできれいになった水が流れているんだね。」と言っているのを聞き、今回の見学で多くのことを学んだのだと感じることができました。
20190626 (1).jpg20190626 (2).jpg
20190626 (3).jpg20190626 (4).jpg

2019年06月26日 (水)

3年生 社会科見学(栄消防署)

3年生は、社会科の「安全なくらしを守る仕事」の学習の一環として、横浜市の栄消防署へ社会科見学に行きました。
栄消防署では予防課の方たちが消防署の様々な仕事についてお話をしてくださり、消防署の中も見学させていただきました。24時間、どんなときでもすぐに現場に向かえるような工夫や心掛けを教えていただき、これまでに学習してきた事を、より深く理解することができました。
今回学んだことをこれからも大切にして、防災意識を高めていけるようにしていきたいと思います。
20190621 (1).jpg20190621 (2).jpg

2019年06月21日 (金)

5年生 英語集中講座

今年も、3日間英語のみを使う「英語集中講座」を行いました。外部の外国人講師を4人招き、子どもたちは、いろいろな国籍・文化を持つ先生方と交流することができました。今年度は子どもたちが各教室を回り、全ての先生の授業を受けられたため、それぞれの先生からさまざまな刺激を受けることができました。
普段の授業とは違い、「英語」を使って理科や算数、体育の要素を取り入れた総合的な勉強をするプログラムでしたので、授業で習った単語や表現が生かされたと感じました。
一方で、「自分が言いたいことが伝わらない」や「英語での指示が分からない」と感じた子も少なくないと思います。しかし、このような貴重な体験を「今後どうすれば分かるようになるのか」と考える機会へとつなげていきたいと思っています。
20190620 (1).jpg20190620 (2).jpg

2019年06月14日 (金)

合掌造りの里から -修学旅行3日目-

修学旅行の最終日は、郡上八幡を出立し白川村へ足を進めました。
20190614 (4).jpg
世界遺産「白川郷・合掌造りの集落」の景色は、田植えを終えた水田が広がり、緑に包まれていました。
20190614 (3).jpg20190614 (1).jpg
地元のガイドさんによるご案内で訪問した重要文化財「和田家住宅」。連綿と現在まで続く白川の自然と風俗などの関わりから発達した建築物『合掌造』を見学し、昔の人たちの知恵と工夫に触れることができました。
20190614 (2).jpg20190614 (5).jpg
好天と多くの方々に支えられた3日間。一人ひとりが毎夜の修養日誌で一日を振り返り、仲間との思い出を重ねることができました。そして、旅行の目的のひとつ「自分も楽しむ。そして、みんなも楽しむ。」という心を、一歩成長させることのできた3日間でした。これからの初等部生活にも、その心を生かしてくれることを願って。