7つのチャレンジ

スキルアップのための検定

子どもたちに学習の具体的な目標を持たせ、進級した時の喜びから、さらなる高い目標へ導くやる気を育む7つの検定を実施しています。

英語検定

外国語活動を通して、広い視野を持った国際人を育成していきます。1年生からネイティブスピーカーの講師による英語の授業を行い、「英検Jr.」および「英検」に挑戦しています。週1回の放課後英語講習と合わせ、国際コミュニケーション力を育んでいきます。そして、6年卒業時に英検5級以上の取得を目指していきます。

漢字検定

あらゆる場面で漢字を読み書きする力は必要です。漢字に対する興味を引き出し、総合的な漢字力を身につけるために、希望者は「漢字検定」にチャレンジします。日頃の漢字学習の積み重ねが発揮され、毎回90%以上の児童が「合格証書」を手にしています。

硬筆書写技能検定

初等部では、書写の時間だけでなく日頃より文字を丁寧に心をこめて書いています。その成果を活かす場として、希望者は「文部科学省後援硬筆書写技能検定」にチャレンジしています。平成28年度は4級・5級を受験した全員が合格しました。

数学検定

思考力の扉を開く、実用数学技能検定にチャレンジしています。内容は「基礎・基本的学力と、筋道をたてて考える論理的思考力」の判定をねらったものです。授業や朝の学習で身につけた知識、技能を検定で試します。これまでに個人・団体の部共に数学検定グランプリ金賞を受賞しています。

パソコン検定

コンピュータの起動、キーボード、マウスの操作から始まり、タイピングソフトを使用して文字入力にもチャレンジしていきます。また、デジタルカメラで撮影した画像をコンピュータで使用したり、プレゼンテーションソフトで発表資料を作成したりして、情報活用能力を高めていきます。そして、4年生以上ではどれだけの力が定着しているかを本校独自の「パソコン検定」を通して確かめています。次のスキルを身につけていくことができるようにしています。

なわとび検定

向上心を養うと同時に体力づくりを目的としてなわとび運動を奨励しています。「なわとび検定」合格を目標に、体育の時間や休み時間を中心に「時間とび」や「種目とび」に取り組んでいます。検定表を励みに、自己ベストの更新に努めています。

泳力検定

基礎体力の向上と水に親しみ、一人ひとりの泳力を確かめる目的で行なう「泳力検定」。初等部独特の泳力検定を基に学年ごとに目標とする「級」を設定し、練習に励みます。はじめは水の中で目を開けられないような児童も含め、卒業までには全員が正しい泳法で25m以上泳げることを目標にしています。

トップ > 初等部の学び > 7つのチャレンジ