進路指導

卒業後の進路

校風、立地などさまざまな観点から一人ひとりに合った進路を見つけます。

保護者の方々と全教職員が協同して、すべての児童が希望の進路をかなえられるよう、1年次からフォローと指導を行っています。

進路指導

女子は併設校の中等部への進学をはじめ、卒業生のほぼ全員が私立中学へ進学します。すべての児童が希望する学校へ進学できるように、進路希望調査、個人面談、模擬試験などの取り組みを行っています。児童の学力、性格、保護者の要望を踏まえ、よりふさわしい進路選択ができるようサポートしています。

進路進学相談室

進路進学相談室は、受験に対する情報収集、進路相談、学習の3つの機能があります。受験に対する情報については、各中学校の学校案内や受験雑誌、学校別の過去問題集などがあり、また自由に閲覧できるパソコンもあります。

内部進学希望者の受験日程概要

他の中学校受験への取り組み

進路希望調査

4年生以上は毎年調査します。

個人面談

進路調査をもとに、児童・保護者・学級担任の三者で志望校を確認します。この他、随時個別相談にも応じています。

模擬試験

校内で模擬試験を実施します。年に一度は必ず全員が受験します。

卒業生合格校一覧(2017年度卒業生)

男子[在籍者数34名]

中学校名 男子合格者
青山学院横浜英和中学校 1
愛光中学校 2
浅野中学校 5
麻布中学校 1
栄光学園中学校 2
鎌倉学園中学校 7
関東学院六浦中学校 2
公文国際学園中等部 1
慶應義塾湘南藤沢中等部 1
慶應義塾普通部 1
慶應義塾中等部 1
京華中学校 1
栄東中学校 4
佐久長聖中学校 1
自修館中等教育学校 1
秀光中等教育学校 1
秀明中学校 2
中学校名 男子合格者
湘南学園中学校 1
逗子開成中学校 5
聖光学院中学校 3
成城中学校 1
世田谷学園中学校 1
高輪中学校 1
中央大学附属横浜中学校 1
藤嶺学園藤沢中学校 2
土佐塾中学校 3
日本大学藤沢中学校 2
函館ラ・サール中学校 2
広尾学園中学校 2
北嶺中学校 1
宮崎日本大学中学校 1
山手学院中学校 4
早稲田佐賀中学校 3

女子[在籍者数42名]

中学校名 女子合格者
鎌倉女子大学中等部 37
青山学院横浜英和中学校 3
神奈川学園中学校 4
神奈川大学附属中学校 2
鎌倉女学院中学校 6
関東学院中学校 1
公文国際学園中等部 3
慶應義塾湘南藤沢中等部 1
栄東中学校 1
佐久長聖中学校 2
自修館中等教育学校 1
実践女子学園中学校 1
品川女子学院中等部 1
秀光中等教育学校 1
湘南学園中学校 2
湘南白百合学園中学校 1
清泉女学院中学校 4
洗足学園中学校 1
捜真女学校中学部 1
鶴見大学附属中学校 2
中学校名 女子合格者
田園調布雙葉中学校 1
東京女学館中学校 1
土佐塾中学校 1
豊島岡女子学園中学校 1
広尾学園中学校(本科コース) 1
フェリス女学院中学校 1
不二聖心女子学院中学校 2
聖園女学院中学校 2
宮崎日本大学中学校 1
目黒星美学園中学高等学校 1
盛岡白百合学園中学校 1
山手学院中学校 2
横浜共立学園中学校 5
横浜女学院中学校 4
早稲田佐賀中学校 1
早稲田摂陵中学校 1
横浜国立大学附属鎌倉中学校 1
横浜国立大学附属横浜中学校 3
横浜サイエンスフロンティア
高等学校附属中学校
1

先輩からのメッセージ

初等部での経験や学びは、進路を決めるときにどのように役立ったのでしょうか。初等部で学んだ4人の先輩方のうれしい声をご紹介します。

※卒業生の学校名は取材時のものです。

自ら学びぬく姿勢と、やりとげたときの達成感。大切なことをスキルアップのためのチャレンジが教えてくれました。

2015年度卒業
S・Oさん
(麻布中学校)

児童英検からなわとび検定まで、スキルアップのためのチャレンジには積極的に取り組みました。課題をクリアーするごとに喜びを感じ、自ら次の挑戦を見つけて学んでいく姿勢は、中学生になった今も変わりません。地元の歴史にまで興味が深まる社会科や、ネイティブスピーカーの先生から楽しく欧米文化を教わる英語など、先生方の教科書にとらわれない授業が、勉強への意欲を育ててくれたと感じています。

文章を書くこと。きちんと話すこと。今日を振り返り、人に思いを伝える力が身につきました。

2014年度卒業
A・Sさん
(横浜共立学園中学校)

もともとおてんばだった私ですが、修養の鐘の時間を通じて、今の自分を振り返る姿勢が養われました。朝の読書の時間に好きな本と出会ったり、毎日の修養日誌で自分の考えを綴ったりすることで、自分の思いを伝える力が身についたのも大きな成果。校門での一礼にはじまる礼儀作法や話し方など、中学で他の子が戸惑うような場面でも、私だけはきちんと対応できているのが嬉しいです。

憧れの先輩がいる。愛しい後輩たちがいる。この学校との出会いが私の原点です。

2011年度卒業
M・Kさん
(鎌倉女子大学高等部)

6年生の頃にお世話していた低学年の子たちとは、今も声を掛けあう間柄。自分の上だった中等部・高等部のお姉さんはいつも憧れの存在でしたし、素晴らしい先生方も含め、この学園には世代を超えたふれあいがあります。礼儀作法などの指導も、今思えば人格形成の大切な時期に受けられてよかったです。初等部時代に、自分という人間のベースを育てていただいた思いです。

※高等部卒業後、2018年4月慶応義塾大学経済学部に進学。

育まれたのは、支え合う心と健やかな身体。初等部の先生がいたから、今の自分があります。

2009年度卒業
T・Hさん
(横浜国立大学教育人間科学部
学校教育課程数学専攻)

厳しさと優しさ、愛情あふれる初等部の先生方は僕にとって憧れであり目標。今は大学で自分も小学校の教員をめざす毎日です。テニスや器楽クラブなどの活動、学芸会などの行事では、互いに声をかけあい成長する中で協調性が培われました。また初等部はどこを見渡しても緑がいっぱいの環境です。ゲームなど家遊びが多い時代に、思い切り体を動かして自然とふれあえたことに感謝しています。

トップ > 初等部の学び > 進路指導