初等部の特色

「豊かなこころ」「確かな学力」「健やかなからだ」 を身につけた、品位ある初等部生を育成します。

「感謝と奉仕に生きる人づくり」のためには、豊かなこころを育てる「徳育」、確かな学力を養う「知育」、健やかなからだをつくる「体育」の調和が理想の教育の姿です。初等部では建学の精神を礎に、これからの社会が求める「自主自発性」と「創造性」にあふれ、真の品位を備えた初等部生の育成をめざします。

  • *1 子どもたちに学習の具体的な目標を持たせ、進級した時の喜びから、さらなる高い目標へ導くやる気を育みます。
  • *2 安全面への配慮

少人数教育で児童の長所を伸ばします

各学年とも上限1クラス30人で3クラスという少人数制なので、児童が学習内容をよく理解するまで、きめ細やかな指導を受けることができます。また、2年以上の各学年に副担任やサブ担任をおき、教員の目が児童一人ひとりに行き届くので、教員と児童、教員同士のコミュニケーションが密になり、児童の個性を尊重しながら長所を伸ばすことができます。このように初等部では少人数教育の良さを最大限に活かし、「豊かなこころ」「確かな学力」「健やかなからだ」を育んでいます。

全教職員が児童一人ひとりに愛情を注ぎます

教育は、教師と児童のしっかりした信頼関係の上に成り立つものです。初等部では、担任はもちろん警備員に至るまで、一人ひとりの児童に対してすべての教職員の目が注がれています。特に担任は、学校生活のみならず、家庭における指導のあり方、児童がよりよく生きていくためのあり方を、きめ細やかに保護者と連携をとりながら模索しています。

トップ > 初等部について > 初等部の特色