鎌倉女子大学学術研究所報の紹介

2008年 第8号 目次

1. 学術研究所主催講演会記録

牧野久美

人、暮らし、そして民具-琵琶湖の伝統的木造船丸子船を中心に-

1

2. 平成20年度学術研究所主催個人及びグループ研究成果報告及び中間報告

〔成果報告〕

前野澄子
(田川悦子)

米国の保育事情と小児保健の問題を組み入れた「保育英語」の研究・開発

11

塚田 信
(飯村敦子/大澤繁男/
小泉裕子/田爪宏二/
内藤知美)

子どもたちへの食育推進のための試みについて
―学生における偏食状況調査と改善につなげる実践研究―

31

矢野 真
(高垣マユミ/田爪宏二)

造形ワークショップを通した大学と行政、地域の連携による子育て支援に関する実践的研究

45

〔中間報告〕

鈴木 樹
(高垣マユミ/年森敦子/
柴村抄織/橋本吉貴)

小学生の読解力と論理的思考力を高める教授法・カリキュラムおよび教材の総合的開発

57

内藤知美
(杉本裕子)

幼稚園における保護者成長支援システムの構築に関する研究
-保護者の成長過程を組み入れた教育課程の編成-

61

山﨑俊介
(水町勝子/内藤博文/
山口真由/渡辺謹三/
安部隆)

各種アミノ酸摂取による生体への機能性研究
―グリシン食品摂取による睡眠の質に関する研究―

65

冨田久枝
(川口和英/白川佳子/
鈴木樹/田爪宏二/
西島大祐/平井悠介/
藤井佳世/米山弘/
野中賢治/望月重信/
大滝世津子)

子どもの健全育成に関する児童館の機能価値の研究

73

白川佳子
(東ゆかり/西島大祐)

幼小連携のカリキュラムについての研究
―「体育」「音楽」の領域を中心に―

77

小泉裕子
(高垣マユミ/冨田久枝/
内藤知美/松田広則/
田爪宏二/鈴木樹)

接続期の子どもの発達を支えるアーティキュレーション・サポート・システム(AS)
―地域ネットワーク環境の在り方に関する研究―

81

山根一晃
(田川悦子/西島大祐/
細田成子)

野外教育施設(東山ビオトープ)を活用した保育者養成に関する研究

87

松田広則
(田爪宏二/鈴木樹/
伊東潔/高城義太郎)

教育・保育現場におけるリスクマネジメント
―リスクに対する認識を中心に―

91

保坂和彦

野生生物の音声を利用した環境・理科教育教材の開発と実践
―初等教育系の大学生における視聴覚的な野鳥認識に関する調査―

95

3. 学術研究所主催「研究談話会」論文要旨

田爪宏二

ストループ効果から見た幼児期の認知発達

99

4. 鎌倉女子大学・同短期大学部教員研究業績教育成果(2007年)105

5. 彙報142

※本文はCiNiiのこちらからご覧になれます。

トップ > 学術研究所 > 鎌倉女子大学紀要の紹介 2008年 第8号