子ども・子育て研究施設「かまくらプロジェクト」

鎌倉女子大学における長年に渡る児童・幼児教育に関する総合的な研究と、子ども・子育て支援に関する多くの知見と技術をもとに、平成28年秋に、学術研究所に「子ども・子育て研究施設」が開設されました。そして、育児期家族の育児に関するアイデンティティの形成に注目し、家族のウェル・ビーイングを中心に据えた発達支援事業「かまくらプロジェクト」を立ち上げました。

子ども・子育て研究施設「かまくらプロジェクト」について

事業について

事業概要

育児期家族の母親・父親・祖父母の育児に関するアイデンティティの形成に注目し、家族のウェル・ビーイングを中心に据えた発達支援プログラムを研究・発信します。また父母のワーク・ライフ・バランスに基づく子育て力の向上及び地域の子ども・子育て支援機能の強化を目的とし、さらにこの活動のPDCAサイクルを通じて、新時代を担う女性として成長するためのライフ・デザインの構築をサポートし、女性の能力開発に貢献いたします。

事業目的

本学は「感謝と奉仕に生きる人づくり」に教育の理念を置き、73年に及ぶ教育・研究活動に勤しんできました。女子大学としての特色を生かし、女子の職能を発揮できる免許・資格の取得を支援するため、包括的且つ体系的な指導・支援システムを構築しています。特に保育者の養成については、長い伝統と多くの実績を有し、優れた人材を広く保育界等に送り出してきました。また、保育者養成校として培ってきた、子ども・子育て支援に関する知見と技術を生かし、鎌倉市及び近隣地域との連携を図っています。今後は、このような本学の特色を生かした取組を、学内外に発信していくことが課題です。
そこで、育児期家族の母親・父親・祖父母の育児に関するアイデンティティの形成に注目し、家族のウェル・ビーイングを中心に据えた発達支援プログラムの構築を研究テーマとしました。また、子ども・子育てに関する「研究機能」と「地域の子ども・子育て支援機能」の融合を図る「かまくらプロジェクト」を構想するとともに、この「かまくらプロジェクト」を遂行するための研究拠点として「子ども・子育て研究施設」を置くこととなりました。これにより、教員や学科等による個別の取組を、大学全体としての取組に拡大し、大学の研究事業をより大きな社会貢献への実践へと展開いたします。

事業内容

「かまくらプロジェクト」として、(1)子どもの発達プログラム、(2)社会で活躍する女性のための母親アイデンティティの発達プログラム、(3)父親の育児参加を推進するための父親アイデンティティの発達プログラム、(4)親を支える祖父母アイデンティティの発達プログラム、(5)育児期家族を支える潜在保育者の学び直しプログラムの5つのプログラムを提供します。対象者は鎌倉市及び近隣地域在住の各プログラムの参加者ですが、(1)については、子どもとその保護者、(2)については母親、(3)については父親、(4)については祖父母、(5)については保育士資格や教員免許状を持っていて、子育て支援の現場復帰を考えている方をはじめ、地域子育て支援のボランティアを始めたい方を対象としています。

期待される成果について

各プログラムの受講者に対して、レクチャー、ディスカッション及びワークショップによるプログラムを提供することで主に以下の成果が期待されます。
「子どもの発達プログラム」では、子どもの発達の現状を踏まえ、創造力・表現力・関係性・意欲を高める遊びプログラム、障害乳幼児とその保護者を対象に、ムーブメント(動的遊び)を通して子どもの全面発達(からだ、あたま、こころ)を支援するプログラム等を提供します。
「社会で活躍する女性のためのアイデンティティの発達プログラム」では、母親が社会で活躍する女性を目指し、育児に対する感情と向き合い、育児への興味や自信を高め、自らの母親アイデンティティに気づき、ワーク・ライフ・バランスを構築することを支援します。
「父親の育児参加を推進するための父親アイデンティティの発達プログラム」及び「親を支える祖父母アイデンティティの発達プログラム」では、母親の過重負担を低減するべく、父親の育児参加を推進する父親アイデンティティの構築を支援するための「父親講座」及び、親のエンパワメントを支える祖父母アイデンティティ構築を支援するための「祖父母講座」を提供します。アロマザリング(母親に加え父親・祖父母・保育者等の複数養育)による育児期家族の子育て力の向上、及び三世代にわたる家族の絆の深化が期待されます。
「育児期家族を支える潜在保育者の学び直しプログラム」では、潜在保育者で今後、子ども・子育て支援を行う意思のある人たちに対し、保育所等への現場復帰に向けた支援を行うためのプログラムを提供します。潜在保育者の就業を促進し、さらに地域社会全体の子ども・子育て支援機能を強化し、待機児童の問題解消へ導くことが期待されます。

具体的な実施例及び計画されているプロジェクトについて

このプロジェクトは前掲したように、育児期家族の母親や父親らのワーク・ライフ・バランスに基づく子育て力の向上を図ることを目的とするプロジェクトであるとともに、家族の中だけでなく地域の子育て支援機能を強めることを目的としています。育児期家族の母親・父親の育児に関する意識を育て、さらには家族を支援する祖父母や地域の子育て支援者の意識を高め、相互に支え合う育児環境を構築し、それぞれのアイデンティティを高めていく発達支援プログラムといえます。
「かまくらプロジェクト」の実行を支えるのは、講座の運営を担当する鎌倉女子大学の教職員、保育ボランティアに参加する鎌倉女子大学生、また様々な情報を提供してくださる鎌倉市や近隣地域、連携企業等と多彩で豊富な人材に溢れています。
ここでは、前掲の「事業概要」でご紹介した「かまくらプロジェクト」として提供する5つのプログラムの中から、既に実施している(1)「子どもの発達プログラム」と、現在社会的な注目を浴びている(5)「育児期家族を支える潜在保育者の学び直しプログラム」を具体例を交え計画の紹介をいたします。

子どものための発達支援プログラムの実践例

このプログラムは、3つの特徴を持ったプログラムです。
1. 子どもの発達の現状を踏まえ、地域で生き生きと活動する子どもの姿を目指し、創造力・表現力・関係性・意欲を高める遊びのプログラム、2. 集団に初めて出会う子ども達が安心して遊び、同年代の子どもを育てる大人同士が共に子育てを考えるプログラム、3. 障害のあるお子さんとその保護者、ご家族を対象に、ムーブメント教育による活動を通して、子どもの全面的な発達(からだ、あたま、こころ)を支援するプログラム。
具体例として、既に「かまくらママ&パパ’Sカレッジ」、「かまくらムーブメント教室」を実施しています。

平成28年度「かまくらママ&パパ’Sカレッジ」

遊びのプログラムは本学教員と学生ボランティアが考案した子どもの発達に応じた相応しい遊びであり、親子で楽しむことを推奨する子育て支援プログラムでもあります。平成28年は鎌倉市内の親子470組、1,307名が参加し、大人と子どもが良好な関係を築きながら楽しいひと時を過ごしていただきました。

ムーブメント教育の体験プログラム

今年の学園祭では、参加型ムーブメント活動として、からだ、あたま、こころを参加させるパラシュートでのプログラムが企画され、大勢の親子が参加してくださいました。

育児期家族を支える潜在保育者の学び直しプログラム(計画案)

ご存知のように、保育を取り巻く環境は極めて深刻で、待機児童対策として保育所等が増設される中、従事する保育士の数が大幅に足りないという現状が、社会問題になっています。子育て支援のためにも、質の高い保育者や、子育て支援者を求める声が後を絶ちません。そこで本研究施設では、鎌倉女子大学及び鎌倉女子大学短期大学部の保育者養成カリキュラムを存分に生かした内容や方法を掲げた斬新な潜在保育者プログラムを計画しています。
「育児家族を支える潜在保育者の学び直しプログラム」の特徴は、受講者の保育者的潜在能力を確実に掘り起こすための「個別プログラム」と「保育実践プログラム」を開設することにあります。

保育実施プログラム

  • ・「個別プログラム」とは、一人一人の保育経験や就労ニーズ等直接面談し伺って、受講生のニーズに合った 学修プログラムを作成し定員10名程度とした少人数クラスで研修を行ないます。
  • ・「保育実践プログラム」は、近隣の保育所・幼稚園・子育て支援施設の保育現場等で学ぶフィールドワーク を実現したプログラムです。保育施設等の園長、保育者、支援員の方々とのディスカッション、専門的・実践的な保育カ ンファレンスを体験することができます。

地域には潜在保育者で今後、子ども・子育て支援を行う意思のある人たちが沢山いらっしゃいます。保育所等への現場復帰に向けた支援を行うためのプログラムや、地域子育て支援のための講座を提供することにより、潜在保育者・早期離職者や子育て支援者の就業が促され、さらに、地域社会全体の子ども・子育て支援機能が高まること目途としています。
「かまくらプロジェクト」は、平成28年10月にスタートしましたが、本学ではこのプロジェクトの基礎になる既存での実績の高い取り組み(「かまくらママ&パパ’Sカレッジ」「子育て支援YUIプロジェクト」「子育てアートキャラバン」「ムーブメント講座」「保育教諭特例講座」)等、多数あります。これら地域に根付いたプログラムを基礎に、新たな観点を加え、「かまくらプロジェクト」を提案していきます。育児期家族向けのハンドブックも制作予定です。
今後の「子ども・子育て支援かまくらプロジェクト」の取り組みに、どうぞご期待ください。

プログラム

PDFをダウンロードする(4.2MB)

社会で活躍する女性のための母親アイデンティティの発達プログラム(全2回)

第1回 6月8日(木)13:00~14:30(終了しました) / 第2回 6月15日(木)13:00~14:30(終了しました)

父親の育児参加を推進するための父親アイデンティティの発達プログラム

6月17日(土)10:00~12:30(終了しました)

親を支える祖父母アイデンティティの発達プログラム

9月26日(火)10:00~12:15

潜在保育者学び直しプログラム(全3回)

第1回 9月11日(月)13:00~15:30 / 第2回 9月12日(火)13:00~15:30 /
第3回 9月13日(水)10:00~12:00

保育ボランティアによる託児サービス

託児サービスをご利用される場合は、プログラムと一緒にお申し込みください。

託児時間 プログラム実施時間中
対象年齢 2歳〜6歳
定員 1日につき先着20名
設置場所 大船キャンパス内
利用料金 無料

会場

〒247-8512 神奈川県鎌倉市大船6丁目1番地3号

電車での来学について

大船駅下車、東口または笠間口から徒歩8分

*サブゲート側からお入りください。

お車での来学について

当日、大学へお車で来学いただくことも可能です。
お車で来学される場合は、プログラムと一緒にお申し込みください。

*サブゲート側からお入りください。

地図を印刷する
トップ > 学術研究所 > 子ども・子育て研究施設「かまくらプロジェクト」