体育「健やかなからだ」

体育は基礎体力を身につけさせる系統的な授業を展開。水泳、なわとび、器械体操にも力を入れています。運動会や宿泊体験学習では体力だけではなく、たくましい精神力や粘り強さを養います。

体育の授業

人工芝のグラウンドでの授業は子どもの元気な姿でいっぱい。ほかにもマットを用いた活動を行ったり、バスケットボールや器械運動ではiPadを活用したりして自分たちの動きを分析し、改善を図っています。

水泳指導

天候に左右されない床昇降式室内温水プールで、学年に応じた計画的な水泳指導を行っています。毎授業、学年単位で2時間続きの水泳指導を行います。

全国体力・運動能力テスト

児童の体力・運動能力の特徴を把握し、個に応じた体育の授業を進めるのに役立てています。また、初等部全体の体育のカリキュラム改善に活用しています。

保健指導

3年生から保健の授業が始まります。家庭や学校における身の回りの生活(食事・睡眠・運動)を見直すことから始め、自分自身の心と体を見つめる時間を作ります。

スキルアップのためのチャレンジ

なわとび検定

泳力検定

行事など

運動会

日頃の体育の授業の集大成が運動会です。とび箱やマット運動を活かした総合体操やリズムにのったダンス、徒競走やリレーなどが盛大に行われます。また、6年生を中心に応援団を結成し、あたたかい応援で運動会をさらに盛り上げます。

宿泊学習

3年生は1泊2日、4年生は2泊3日で御殿場(静岡県)へ、5年生は2泊3日で朝霧高原(静岡県)へ宿泊体験学習に行っています。豊かな自然の中、様々な体験や宿泊を通して、集団生活のあり方やルールやマナーを学ぶとともに、自主・自律の心を育みます。

休み時間

休み時間になると、初等部生は元気に外に飛び出し、初等部グラウンドではドッヂビーやなわとびを、第1グラウンドではサッカーや鬼ごっこを楽しんでいます。

トップ > 初等部について > 初等部の特色 > 体育「健やかなからだ」