6年間のコンセプト

自ら学び、考え、解決していく力を、毎日の授業を通して育みます。

児童のさまざまな個性や能力を伸ばすのは、日々の授業です。
授業を通して、一人ひとりの児童に「自ら学び、考え、解決していく力」をつけるには、授業を組み立てていく教師の豊かな発想や綿密な計画性が不可欠です。

継続して実施されるプログラム

続けることで確かな力をつける学習は6年間を通して実施しています。
また、新しい時代に合わせた学習内容も発達段階に応じていち早く取り入れています。

基礎基本の充実

基礎基本の充実

1時間目が始まる前の15分間あらゆる学習の基礎となる「読む」「漢字」「計算」の力を養います。

読書指導の実施

読書指導の実施

学年に応じた読み聞かせや楽しみ読み、またNIEや調べ学習に積極的に取り組み、考え読みや読み深めを行っています。

英語学習の充実

英語学習の充実

21世紀の国際社会に備え、国際理解の一環として、ネイティブスピーカーの講師と専科による2人体制で1年生から英会話を学びます。

講習(放課後の充実)

講習(放課後の充実)

個別型講習・演習型講習・英語講習の3つの講習で、学力向上をめざす4年生以上の児童をバックアップします。

コンピュータ教育の充実

コンピュータ教育の充実

総合的な学習の時間や生活科の時間に、情報社会に必須なコンピュータの基礎的知識やスキルを習得します。

6年間で培う学力

トップ > 初等部の学び > 6年間のコンセプト