OG・在学生の声

ホーム / OG・在学生の声

家政学部 家政保健学科

卒業生インタビュー

内定者報告会や先生の助言が力に自分の成長を感じながら働きたい

2年次から就職を視野に活動を始めました。就職センターが行うセミナーには、数多く参加しました。特に内定者報告会は、就職活動を終えたばかりの先輩が、活動の流れや不安も語ってくれたので、役立てることができました。就職したい業界が見つからず、悩んでいた時、ゼミの先生からの「物事を深く考えすぎてしまうところがあるので、まずは行動してごらん」という助言は参考になりました。ファンケルを選んだのは、会社の雰囲気が合うことと産休や育休の制度が充実し、自分の成長をイメージできたからです。母のように、年を重ねても働き、輝く女性になりたいです。

内定先:株式会社ファンケル(総合職)
R・Hさん

衣食住を学び、在学中に民間2資格も取得

家政保健学科は、教員免許が取得できるだけでなく、衣食住を幅広く学べるのが特徴で、私は家庭科の教員免許とともに、フードスペシャリストなどの資格を取得しました。民間企業で求められる知識も学べたことは、将来、広い視野を持って指導でき、授業に活かせるのではないかと思っています。教員採用試験対策は、教職センター主催の講座を1年次から受講。面接や調理実習などの実技対策は個人的に指導していただきました。子ども達の学びや学校生活を支えられる教員になれるよう、彼らとともに成長していきたいです。

内定先:静岡県教育委員会(中学校家庭科教諭)
M・Tさん

内定者インタビュー

インターシップ体験を通してやりたいことが見つかりました

秋頃からさまざまな業界のインターンシップに参加、冬のインターンシップで「マンション管理」の業務内容を体験したことがこの会社を選んだきっかけです。もともと養護教諭志望でしたが、授業で住宅関連分野について学んだこと、また就職活動に関するセミナーや講座を受講する中で、自分のやりたいことを見つけることができました。面接練習で「いかに自分らしさを出すかが一番大切」とのアドバイスが、内定獲得のポイントとなったことにも感謝しています。今後は少しずつでも自分にできることを増やし、周囲に信頼される存在になりたいです。

内定先:清水総合開発株式会社(総合職)
A・Kさん
家政保健学科4年

日々の勉強と練習で得られた自信と笑顔が合格の決め手

大学では救急看護の知識技術など、授業で学んだことを実習、ボランティアで実践しながら深い学びができました。教員採用試験に向けては、同じ養護教諭をめざす仲間と励まし支え合いながら勉強。特に2次試験では、教職センターの先生の指導のもと毎日朝から夕方まで練習しました。日々の勉強量と、自信を持って笑顔で本番に臨めたのが、内定に結びついたのだと思います。今後は大学で学んだ傾聴や連携を対人関係で活かしながら、また働き出してからも学び続ける姿勢を常に持ち続けながら、自分が思い描く養護教諭へと成長していきたいです。

内定先:神奈川県教育委員会(養護教諭)
N・Sさん
家政保健学科4年

家政学部 管理栄養学科

卒業生インタビュー

ゼミで経験した農畜産物の商品やレシピ開発をアピール

大学時代で最も力を入れていたゼミ。JAさがみのファーマーズマーケットのイベントでは、野菜の販売促進の一環として干し野菜を提案しました。他にも、(株)鎌倉ハム富岡商会と共同でレシピ開発をしたり、鎌倉市の秋の収穫まつりで食育劇を行ったこともあります。今は「JA の現状と課題」をテーマに卒業論文を執筆しています。内定先を志望した理由は、こうしたゼミでの活動でJA に興味を持ち、農産物販売促進のための事業に就きたいと思ったからです。面接では、ゼミでの活動や管理栄養士の資格をアピールしました。就職後は栄養学や食品の知識やゼミで培った積極性を活かしていきたいと思っています。

内定先:横浜農業協同組合(営業職)
Y・Sさん

管理栄養士の国家資格を活かし、最先端医療を行う大学病院に就職

国家資格を取得するからには絶対に活かしたい。そして多くの症例と接し、専門的な知識や技術を習得できる病院の管理栄養士になりたいと考え、就職活動を始めました。病院の採用試験は企業より遅く、私が病院の採用情報を探したり病院見学をする間に、友達は次々に内定していきます。精神的に苦しい時期でしたが、ゼミや学科の先生に相談し、「しっかり自己分析をすること」「面接で深掘りされても答えられるように」などの助言や励ましに支えられました。今後、困難な壁にぶつかったときは、学生時代に諦めず取り組んだ経験や先生方の助言を活かして、人の心に寄り添うことのできる管理栄養士になりたいです。

内定先:杏林大学医学部付属病院(管理栄養士)
H・Sさん

内定者インタビュー

大学で学んだ食品や栄養の知識を農産物の販売促進に活かしたい

3年の2月頃から就職説明会に参加。食品企業や外食産業、肥料会社などの見学・研究を始めました。農業に興味を持ったきっかけは、ゼミの活動でJAさがみと連携事業を行なったこと。野菜を知ってもらうためのレシピ配布や直売所でのお客さんとのコミュニケーションなど、JAの仕事の幅広さを実感しました。またインターンシップで、3日間泊まり込みで農業を体験したことで、農業に関わりたいという思いが一層強くなりました。将来は大学で学んだ食品や栄養の知識を、生産者に支える仕事や、農産物の販売促進に活かしていきたいと思っています。

内定先:全国農業協同組合連合会 神奈川本部
A・Tさん
管理栄養学科4年

栄養に関する情報を発信し、農畜産業の発展に貢献したい

食に興味があり、管理栄養士資格の取得をめざして鎌倉女子大学に入学。さまざまな観点から食や栄養を学ぶうちに、栄養に関する情報を発信し、農畜産業の発展に貢献したいと考えるようになりました。そんな時、ゼミの先生に紹介されたのがalicです。国レベルで農畜産業に関わり、消費者・生産者を支援するという役割に感銘を受けて志望したのですが、選考を重ねる中で生産者視点から食の流通に携わることに新たな面白さを感じ、「ここで働きたい」という思いがどんどん強くなりました。今後は大学での学びを活かしながら、人としても成長していきたいです。

内定先:独立行政法人農畜産業振興機構(alic)
Y・Oさん
管理栄養学科4年

児童学部 児童学科

卒業生インタビュー

幼・保・小の免許を取得。中学からの夢を叶えて保育者に

中学生の頃から幼稚園の先生になりたくて、児童学科に進学。幼稚園教諭、保育士、小学校教諭の資格を取得しました。3年生の2月頃から始めた就職活動では、学内で行われた各種講座を受講。教職センターや対策講座、ゼミの先生から、多くのアドバイスをいただきました。同時期に別の自治体も受験していたので大変でしたが、リラックスして面接に臨むことができました。大学で学んだ知識や技能を活かし、子ども達とともに日々成長していきたいです。また、小学校教諭の免許を活かし、幼保小の連携にも力を入れていきたいと思っています。

内定先:静岡県三島市(保育士・幼稚園教諭)
M・Sさん

「ぞうきんと辞書をもって学ぶ」建学の精神で、小学校教諭に

小学生の時から小学校の先生になるのが夢で、小学校と幼稚園教諭の免許を取得しました。大学の授業と並行して、インターンシップや自治体が行っている教師塾に参加し、建学の精神「ぞうきんと辞書をもって学ぶ」のように、知識と経験をたくさん積み重ねることができました。地元で働きたいという気持ちが強く、教員採用試験は神奈川県を受験。大学推薦をもらうことができたので、二次試験の面接に備え、多くの先生に模擬面接をしていただきました。4月からは、人との繋がりを大切に、子ども達の好奇心や疑問に寄り添うことのできる教員になりたいです。

内定先:神奈川県教育委員会(小学校教諭)
A・Nさん

内定者インタビュー

「ここで、こういう保育がしたい」自分なりの理想の保育をめざします

障害の有無にかかわらず、全ての子供たちが生活しやすい保育をしたいと思い、幼稚園教諭・保育士・特別支援学校教諭の免許を・資格を取得しました。公立園を含め、さまざまな現場の見学や保育フェアを通して富士市の取り組みを知り、自分のめざす保育ができると思い富士市を志望。「ここで、こういう保育がしたい」という意思を強くアピールし、内定を得ることができました。大学で学んだ「言葉一つひとつを大切にした保育」を実践しながら、子どもの一番の理解者として、将来を見据えた温かい保育をしていきたいと思っています。

内定先:富士市(幼稚園教諭・保育士)
Y・Iさん
児童学科4年

仲間や先生と共に戦えたことが内定獲得の勝因

もともと教職志望でしたが、2年次から始めたボランティアで恩師に再会、教師への憧れが一層強くなりました。就職活動で役だったのが教職センターの対策講座です。配られたプリントを何度も見直したり、次の回に向けて勉強したり。講座のおかげで「今、何をやればいいか」が明確になり、効率よく勉強を進められました。また、先生や友人の存在も大きかったです。わからないことがあっても一人で抱え込まず、共に戦えたのが内定獲得に結びついたのだと思います。学んだことを基礎に、児童と一緒に成長しながら「憧れの教師」をめざします。

内定先:川崎市教育委員会(小学校教諭)
T・Kさん
児童学科4年

児童学部 子ども心理学科

卒業生インタビュー

教員採用試験1本に絞って合格。子ども達を心身両面から支えたい

心理学を学ぶことで、子ども達を心身両面から支えられる養護教諭になりたいと考え、子ども心理学科を志望しました。養護教諭の教職課程はもちろん、心理の勉強やカウンセリング技術の習得に全力で取り組み、充実した日々を過ごせました。就職活動には教員採用試験一本に絞って臨みました。合格までの道のりはつらいこともありましたが、対策講座や模試を活用し、教職センターをはじめとした多くの先生のご指導を受け、乗り越えることができました。卒業後は小中高と私を温かく育んでくださった先生方と一緒に、地元静岡県の子ども達を支えていきたいと思っています。

内定先:静岡県教育委員会(養護教諭)
A・Sさん

進路を悩んだときに支えてくれた大学の面倒見のよさに感謝しています

子どもと心理に興味があり、子ども心理学科へ。幼稚園・小学校教諭、認定心理士など多くの資格を取得し、心理職の公務員試験にも合格しましたが、私の中で「本当にこの仕事をしたいのか」という葛藤があり、ずいぶん悩みました。学科の先生や就職センターの先生方に何度も相談し、現在の内定先を就職センターから紹介いただきました。職種は駅員、車掌、運転士とキャリアアップしていく職種です。入学当初は想定しなかった仕事内容ですが、人が好きで心理学を学んだことは、必ず活かせる思っています。大学の面倒見のよさに心から感謝しています。

内定先:東日本旅客鉄道株式会社
A・Kさん

内定者インタビュー

子どもはもちろん保護者も支え、守ることのできる養護教諭に

養護教諭になるのが中学からの夢でした。そのため免許科目はもちろん、受講する科目は好成績を挙げることを目標に授業に臨みました。模擬授業・面接の対策講座では、苦手意識があった私を先生は常に励まし、自己肯定感を高めてくださいました。私は先生方の温かい支援と「絶対に養護教諭になる」という強い意志と決意が教員採用試験合格に結び付いたのだと思います。また、本学から多くの養護教諭が輩出されている実績も大きいと思います。4月からは子どもはもちろん保護者も支え、守っていける養護教諭になれるよう、日々精進していきます。

内定先:横浜市教育委員会(養護教諭)
M・Hさん
子ども心理学科4年

手厚いサポートに救われ希望の進路を実現

幼稚園教諭にも心理学にも興味があった私は、さまざまな進路の可能性がある鎌倉女子大学に進学を決めました。複数の企業のインターンシップに参加する中で「生まれ育った神奈川の人々の笑顔を直接見ることができる仕事がしたい」との思いが芽生え、横浜銀行を志望。就職活動は遅れをとらない ように早めに自己分析や企業研究をし、面接に備えました。就職センターからは面接対策としてよく出る質問内容をピックアップしていただくなど、きめ細かいサポートを受けました。少し弱気になった時もありましたが、就職センターの支援は私の就職活動の心の支えでした。

内定先:株式会社横浜銀行
Y・Kさん
子ども心理学科4年

教育学部 教育学科

卒業生インタビュー

教科の学びを目に見える形にして子ども達の意欲を引き出す

在学中特に力を入れて学んだのは、子ども達の意欲を引き出す授業のつくり方です。教科書に載っているお話を劇にしたり、りんごの絵を使って足し算の説明をしたりと、教科の学びを「目に見える形」にする工夫が必要だとわかりました。また、外国語科目の英語では発音やコミュニケーションを重点的に学習しました。身につけたことは、2020年から小学校でも必須となる英語の授業に役立てていきたいと思っています。教員採用試験に向けては、教職センター主催の対策講座や教育学科の勉強合宿に参加。模擬授業や集団討論、小論文の反復練習をして力をつけました。

内定先:神奈川県教育委員会(小学校教諭)
A・Sさん

教員から企業へと方向転換。4年間の学びを活かして内定

小学校教諭をめざして入学しましたが、結婚式場でのアルバイトでさまざまな人と出会い、刺激を受けて方針転換。3年の秋に初めて就職センターを訪ねました。内定先は、フラットで風通しのいい雰囲気が自分に合っていると感じ志望。インターンシップに参加したことで、内定へ順調に進むことができました。教職課程で学んだ模擬授業は、わかりやすく相手に伝えること、臨機応変に対応する力が身につき、就活時はもちろん社会人になってからも役に立つと感じています。教育学科での学びを活かし、より広いフィールドで成長したいと思っています。

内定先:株式会社マイナビ
T・Nさん

内定者インタビュー

周りと協力し支え合いながら子どもの成長を見守りたい

自分の出身地である東京で、小学校教諭になるのが夢でした。大学では教育法や各教科の模擬授業など、実践的に知識・技術を身につけられました。また就職に向けても、わからないところを個別に説明したり、面接練習をしたりと先生方が親身に指導してくださったおかげで、最後まで目標に向かって頑張ることができました。鎌倉女子大学には先生をめざす仲間が多く、協力することの大切さを学べたのも、大学での大きな収穫です。これからも仲間と助け合いながら、一人ひとりの子どもの良さを伸ばし、成長に関わっていければと思っています。

内定先:東京都教育委員会(小学校教諭)
R・Sさん
教育学科4年

「受験は団体戦」仲間たちの存在に励まされました

「自分らしさ」を大切にすることを教えてくださったのが中学校の先生でした。その先生と一緒に働きたいと思い、中学校教諭を志望。大学では授業を大事にするとともに、教職等インターンシップや学校ボランティア、塾でのアルバイトなどで子どもと積極的に触れ合うように心がけました。教員採用試験に向けては、教職センターや教育学科の先生方に手厚くサポートしていただきました。また、同じ夢を持つ仲間の存在も大きな支えになりました。改めて「受験は団体戦」と実感しています。これからも人との出会いを大切に、学び続ける人間でありたいです。

内定先:神奈川県教育委員会(中学校国語科教諭)
N・Kさん
教育学科4年

初等教育学科

卒業生インタビュー

苦手分野を克服し、幼稚園教諭の夢を実現

高校時代に「地元で幼児教育がしたい」と考えるようになり、幼稚園教諭免許と保育士資格を取得できる鎌倉女子大学短期大学部を選びました。最も力を入れて学んだのはピアノです。「音楽」の授業で毎週課題が出されるたびにピアノ室で自習の繰り返し。それでも不安なときは音楽の先生を訪ね、個人レッスンをお願いすると、いつも快く指導してくださいました。公務員採用試験対策では教職センターの先生方と何度も面接練習を繰り返し、「話は簡潔に、はっきりと、明るい笑顔で」という私に必要な3つのポイントをご指導いただきました。先生方の手厚いサポートもあり、地元の幼稚園で働く夢がかないました。

内定先:神奈川県開成町立開成幼稚園
H・Kさん

温かな先生方と仲間に恵まれ、あこがれの小学校教諭に

工学系の4年制大学に進学しましたが、塾などのアルバイトを通して「子どもたちに関わる仕事がしたい」という目標が生まれました。そこで2年間で3免許が取得できる鎌倉女子大学短期大学部に入学。小学校の教職経験を持つ先生方から子ども達の将来を深く考えた上での指導方法について教えていただき、憧れがますます強くなりました。採用試験では教職センターの指導のもと、みっちり対策講座を受けることができました。大学が休日の日にも特別に指導していただき、感謝の言葉しかありません。温かい先生方や仲間に囲まれた居心地のいい2年間。鎌倉女子大学を選んで本当によかったと思います。

内定先:東京都教育委員会(小学校教諭)
A・Aさん

保育園と幼稚園機能を備えた認定こども園をめざして

高校時代から「短大の2年間で集中して学び、保育か幼稚園の現場で即戦力として働きたい」と考えていました。在学中に保育園と幼稚園の機能を兼ね備えた「認定こども園」で実習。「ここなら自分がやりたいことが両方できる」と気づき、こども園で働くために保育士と幼稚園教諭の資格取得と公務員採用試験の準備に力を入れました。具体的には1年次2月から公務員試験対策講座に参加。苦手な面接に備えて教職センターへ足を運び、何度も指導していただきました。専門科目の筆記試験については、日々の授業がベースだと試験後に実感。毎日予習復習をしっかり繰り返したことが結果につながったと思います。

内定先:静岡市子ども未来局こども園課
H・Sさん

内定者インタビュー

子どもと触れ合った経験を通して保育教諭への思いが強まりました

短大では、テーマに沿ってプレゼンしたり、保育の現場で行う活動を提案したりと、実践的な学びができました。また学外実習で実際に子どもと触れ合った経験は、保育教諭への思いを一層強くしてくれました。進路に選んだのは、地元の公立園です。実習と並行して就活を進めざるを得なかったのですが、エントリーシートの添削、マンツーマンでの面接練習など、教職センターや学科の先生方に手厚くサポートいただいたおかげで、最後まであきらめず採用試験に臨むことができました。4月からは、子どもとの信頼関係を築き、子どもの成長を支えられる存在になりたいです。

内定先:磐田市(幼稚園教諭・保育士)
A・Iさん
初等教育学科2年

採用試験まで気持ちを切らさないことが内定獲得につながりました

神奈川で唯一、短大2年間で小学校の教員免許を取得できることに惹かれ、鎌倉女子大学短期大学部に進学しました。幼保小の連携スタートカリキュラムについて専門的に学ぶことができました。就活では、採用試験まで気持ちを切らないように意識し、教職センターもよく利用しました。模擬授業では、児童役の人と意見交換することにより、一人では気づかない視点や表情、言葉遣いなど、授業を客観的に確認することができました。また面接練習で自信がつき、いつもどおりの自分で採用試験に臨めたのも良い結果につながったと思います。学んだことを活かし、これから子どもと真摯に向き合っていくつもりです。

内定先:神奈川県教育委員会(小学校教諭)
H・Iさん
初等教育学科2年

事情を抱える子供たちとともに生活し、成長していきたい

母が児童養護施設で働いており、中2で職場見学をした時に入所児と母とのやりとりを見て、その仕事に憧れました。短大で学ぶうちに保育園にも魅力を感じましたが、1日体験でよりやりがいを感じた児童養護施設を志望しました。採用試験の面接練習では、面接指導の先生が聞かれる可能性の高い質問を用意してくださり、「自分の言葉で、笑顔で話をすることが一番大切」だとアドバイスしてくださいました。練習を重ねたことが自信になり、結果につながったと思います。さまざまな事情を抱えた子どもたちと関わることは簡単ではありませんが、共に生活しながら、私自身も子どもたちと一緒に学び、成長していきたいです。

内定先:社会福祉法人唐池学園 児童養護施設 強羅暁の星園(保育士)
R・Hさん
初等教育学科2年