2020年12月15日 (火)

一般選抜における新型コロナウイルス感染防止対策【受験生の皆さまへ】

「一般選抜」では、受験生の皆さまが安心して受験できるよう、すべての試験会場で次の感染防止対策を実施いたします。

・1メートル程度の座席間隔を確保いたします。
・試験日前日に試験室の座席等を消毒いたします。
・発熱・咳等の症状のある者や無症状の濃厚接触者(PCR検査等で陰性の者)のための試験室(別室)を設けます。
・試験室内は、試験監督者の前に飛沫防止パーテーションを設置し飛沫防止対策を実施いたします。
・室内を適宜換気いたします。換気によって、一時的に室温が下がることがありますので、各自で防寒対策をしてください。
・受験生を誘導する職員は、マスクおよびフェイスシールドを装着してご案内いたします。

また、受験生のみなさまには以下のご協力をお願いします。

・試験日の7日程度前から、朝などに体温測定を行い、体調を管理してください。
・試験日当日、発熱や咳等の症状がある場合は申し出てください。
・常にマスクを装着してください(疾病等の理由により、マスクを装着できない場合は、その理由を示した診断書等を用意のうえ、申し出てください)。
・試験室への入室時に手指消毒をしてください。
・家政学部管理栄養学科の受験生は昼食を持参のうえ自席で食事してください。
・試験終了後、退室する際は係の指示に従ってください。


〈参考〉受験生のみなさんへ~新型コロナウイルス感染防止のための注意事項~(文部科学省、厚生労働省)