幼稚部だより

2021年01月13日 (水)

年長組今年度最後のわらべ歌遊びが行われました♪

1月13日は、、年長組さんにとって、最後のわらべ歌遊びでした。
年長組さんは、「わらべ歌遊び」の日をとても楽しみにしていて、  

「今日は、わらべ歌遊びだよね!」「うん!!・・まだかな?」と、始まるのを、今か今かと待っていました。

小林先生と、まずは、お正月の挨拶をしてから、わらべ歌遊びは始まりました。
さすが、年長組さんです。

新型コロナウイルス感染予防のため、お友だちと間隔をあけながら座ることは、
先生に言われなくても、自分たちで自然にできるようになりました。 

20210113-①.jpg  

最初は、「ツール、ツ―ル かーぎにな~れ オーニにな~れ たいころばちのふーたにな~れ♬」 

と、不思議な歌に合わせて、全員で渦巻きになっていきます。 

お友だちと手を繋ぎながら、わらべ歌のリズムに乗って、

渦巻きになったり、また、広がったりすることを、繰り返して楽しみました。

お友だちと、心を合わせていく楽しさで、子どもたちの顔は、みんな笑顔になっていました。

20210113-②.jpg 

「たまりやたまりや おったまり ぬけろやぬけろやねーずみさん!」 

次もまた、楽しい言葉のわらべ歌が始まりました。 

2重の輪になり、踊りだしたくなるようなリズムに乗って、外の輪の人、内側の輪の人に分かれて、

互いに、違う動きを行います。 

20210113-③.jpg 

内側の輪の子たちは、右回り、 外側の輪の子たちは左回り、
言葉が変わったら、内側の子は、手をつないで手を挙げて、その中に外側の子を通してあげます。 

全員が、周りの動きに注意しながら、ルールを理解して動かないと、この
わらべ歌遊びは、楽しめません。
年長組さんならでは!の育ちが見られた場面でした。

20210113-④.jpg 

次のわらべ歌に移る時にも、歌いながらスムーズに2列に並ぶことが出来、

わらべ歌の先生にも、「さすが、年長さんだね!」と褒められて、とっても嬉しそうでした。

20211013-⑤.jpg 

次は、楽しいゲーム
「わるいねずみはい~ないか?」と、ネコ(鬼)がみんなの周りを周ります。
ネズミ「い~ないよ、い~ないよ!」 

ネコ「いたずらネズミはい~ないか?」 

ネズミ「とるなら、とってみろ」 

と歌い、鬼ごっこが始まります。
この遊びのルールは、
①逃げる役のネズミが、どこかの二人組の前に並びます。 
②並ばれたら、その列の後ろのネズミが、今度は逃げる役になります。

③捕まったら、ネコ(鬼)に代わります。 

という遊びですが、みんな、よく理解し、どの子も素早く逃げることを楽しんでいました。

20211013-⑥.jpg 

最後は、言葉遊びです。
「今日は朝から晩だった 生まれたばかりの婆さんが
 85,6の孫連れて てくてくてくてく 歩いてた
 とうふのかけらにつまずいて 海から崖へ落っこちた・・・」

最後に、
「どこか、おかしいところがあったかな?」と、小林先生が質問すると、
子どもたちは、言葉の面白さに気が付いて、笑っていました。

20210113-⑦.jpg 

「それでは、本当に最後です!ありがとうございました!」 

「みんな、元気な一年生になってね!」「先生、ありがとうございました!」と、

最後は一緒に挨拶をし合って、年長組のわらべ歌遊びは終了となりました。

20211013-⑧.jpg

先生とのお別れを惜しむ子どもたち。
先生のきれいな歌声と、笑顔と、楽しかったわらべ歌遊びのひとときは、 

子どもたちの心の中に、いつまでも残っていくことでしょう。。。

小林先生!いままで本当にありがとうございました。 また、来年度のクラスでも、宜しくお願い致します。

⑦ 

20210113-⑦.jpg