幼稚部だより

2020年12月10日 (木)

12月生まれのお誕生日会が行われました♪

12月2日、9日の水曜日に、12月生まれのお友だちのお誕生会が行われました♪

年少組さんも、密にならない様に、隣のお友だちと席を離して座ることが上手になってきましたね♪

PC092372.jpg 

まずは、担任の先生から、誕生カードのプレゼントです。

PC092374.jpg  

担任の先生は、カードのプレゼントをしながら、

「幼稚園でお友だちと〇をして遊んでいます。」「〇をすることがとっても上手なんだよね♪」と

お誕生月のお友だちの、園での様子を、子どもたちにも分かるように紹介をしていきました。

PC092373.jpg

先生から手作りカードをもらうと、お家の方も、子どもたちも、

とってもうれしそうにカードを見つめていました。

そして、お友だちからは、お誕生日の歌のプレゼントです♪

窓を開けはなし、換気を良くした状態で、優しく歌ってもらいました♬

PC092376.jpg  

その後、先生たちからは、「みつごのこぶたのクリスマス」の紙芝居のプレゼントがありました。

何でも1つずつもらわないと気が済まない子ブタたち。

でも、クリスマスプレゼントは、3人で1つでした。どうしよう?でも大丈夫!

何と、3人乗りの自転車だったのです♪

子どもたちは、ハラハラしながら、最後まで楽しんで見ていました。

PC092379.jpg 

お誕生月の子どもたちは、「お誕生日おめでとう♪」と、みんなにお祝いをしてもらい、大満足の様子でした。

次に、年中組さんのお誕生会の様子をお知らせします。

年中組さんも、担任の先生から、手作りのお誕生カードのプレゼントがありました。

DSCF8549.jpg 

年中組さんでは、カードを頂きながら、「去年のも、ちゃんとあるよ!」「ぼくは、ちっちゃかったんだよ。」などと、

昨年の誕生会を思い出して、楽しくお話しあっている子どもたちの姿もありました。

カードのプレゼントの後は、十分な換気をした中で、お友だちからの「お誕生日おめでとう!」の歌のプレゼントです。

DSCF8552.jpg 

「歳の数だけ手を叩こう~♪ 1・2・3・4・5!よ~かったね♬」と、

手を叩くリズムも、ピッタリ合ってきました。

その後の、先生たちからのお楽しみは、「3匹のヤギのがらがらどん」の劇です。

何と、今回は、お誕生月のお友だちも一緒に出演してくれました!!

DSCF8555.jpg 

可愛い子ヤギたちが、草を食べに行こうと橋を渡っていきます。

何と!その橋には、お腹の空いた大きなトロルがいて、子ヤギたちを食べようと、狙っています。。。

DSCF8558.jpg 

でも、だいじょうぶ!!

「私を食べないで!これから、もっともっと大きいヤギが通るから!」と言って、子ヤギたちは、食べられずに済みました。

そして、最後には、大きなヤギが、トロルを退治してくれたので、みんな、食べられずに済んだのです。良かったね!!

DSCF8561.jpg 

年中さんも、最後には、お友だちから「おめでとう♪」と祝福をしてもらいました。  

続いては、年長組のお誕生会の様子です。

年長組さんは、「これから、12月生まれのお友だちのお誕生会を始めます」と、自分たちで司会進行をしていきます。 

20201202年長誕生会①.jpg  

年長さんになると、自分の名前を、たくさんのお友だちの前でも、堂々と言うことができます!

20201202年長誕生会②.jpg  

それから、いつものように、保護者の方々からは、お子さんの名前の由来を教えて頂きました。
20201202年長誕生会⑤.jpg 

子どもたちに分かりやすいように、パネルを作って、お話してくださっています。
毎回のことですが、色々な思いが沢山詰まったお名前の由来を聞くたびに、

お家の方々の深い愛情が伝わってきて、感動させられます。

20201202年長誕生会⑥.jpg 

最後は、お友だちから「生まれてきて良かったね♪」の歌のプレゼント。

「大きな宇宙の小さな地球で君は生まれた・・僕のすぐそばで生まれた~。ハッピーバースデー!

生まれてきて良かったね!君に会えてよかったよ~。」♬

感動的な歌詞に、思わず涙するお母様方もいらっしゃいました。 

20201202年長誕生会⑦.jpg 

また1つ大きくなってうれしそうな12月生まれのお友だちです!
年長さんだけでなく、年少組さんも、年中組さんも、これからも、お友だちと沢山遊んで、

色々なことに挑戦しながら、一緒に楽しく過ごしていきましょうね!!

保護者の皆様とも、引き続き、お子様の今後の成長を一緒に支え合っていけたらと思います。

12月生まれのお友だち、おめでとうございました。