初等部だより

2019年07月25日 (木)

英語夏季集中講座

7月22日(月)~24日(水)の3日間で、1~3年生の約140名(希望者)が英語夏季集中講座を受講しました。
6月に実施した5年生と同様に、外国人講師がそれぞれの教室を回るシステムで、子どもたちは3日間で9名の先生と一緒に英語を学ぶことができました。
初日は不安な様子を見せる子どももいましたが、すぐに打ち解け、休み時間には外国人講師と遊ぶ姿も見られました。
2日目は、授業が始まる前の教室の様子がガラリと変わり、初等部の先生にも"Hello!" と英語であいさつをしてくれました。また、初日に習った表現を使い、" What's your name?" や "Where are you from?" などと尋ねてくる児童もいました。
3日目は、オールイングリッシュの授業にも慣れたようで、講師の問いかけに対して、自然と英語で答えている様子がうかがえました。最後の授業で描いた絵を"Teacher, look at this!" と楽しそうに見せてくれる児童もおり、有意義な3日間を過ごすことができたと思います。
今回の集中講座の目的の一つとして、いろいろな国の出身の先生たちと英語を通してつながる経験をするというものがありました。日頃、アメリカ英語をお手本として勉強してきた子どもには新鮮なものがあったようで、次にどこの国出身の先生に会えるのか質問してくる児童もおり、違いにとても興味を持つ様子が見られました。このような経験が、世界に目を向けるきっかけになれば良いと思います。
20190724 (1).jpg20190724 (2).jpg
20190724 (3).jpg20190724 (4).jpg

2019年07月24日 (水)

健康と安全が第一

部長室より(夏休み号)は、こちらです。

2019年07月20日 (土)

1学期 終業式

梅雨明けを前に暑さが厳しくなっていくなか、初等部では1学期終業式が行われました。
開式前の松本講堂、児童たちは落ち着いて着席し、ひときわ静かに時を待つ姿がありました。その面持からは3ヶ月間積み上げてきた成長が感じられました。
部長先生からのお話の後、2・4・6年生の代表児童から1学期のふり返りが述べられました。その中では、クラスの友達と協力することの大切さや運動会での練習の成果を発揮できてうれしかったことなどが言葉に乗せられていました。
また、6年生児童からは、1年生と関わる中で責任を持って行動することや修学旅行の経験から周りの人のことを考えて行動することの大切さを学んだ真摯な思いが語られました。
最後には元気よく校歌を歌うなか、一人ひとりが1学期の思い出をふり返り、夏休みへの希望を胸に膨らませる良き時間となりました。
20190719 (1).jpg20190719 (2).jpg

2019年07月18日 (木)

高学年 出前授業「インターネット・スマートフォン教室」

今や、私たちの生活と切り離すことのできない「インターネット」。初等部でも、子どもたちが専用の携帯電話・スマートフォンを持つ割合が年々高くなっているように感じます。高学年の子どもたちは、授業でもパソコンやタブレットを使用し、インターネットから情報を得ることも多くあります。そんな中、なくならない「ネット犯罪」から、どのように身を守ればよいのでしょうか。神奈川県大船警察署生活安全課の方に講演をしていただきました。友達とのLINEトラブルという身近な例から、実際に犯罪に巻き込まれてしまう事例も、動画を交えてお話いただきました。また、ネット犯罪だけでなく、違法薬物、電話やメールを使った詐欺事件など、身近に潜む犯罪への注意喚起と共に、「家族としっかり話し合うこと・コミュニケーションをとることで防げる犯罪(被害)がある」ということを真剣に伝えていただき、子どもたちもじっくりと聞き入っていました。
貴重なお話をありがとうございました。
20190710 (1).jpg20190710 (2).jpg
20190710 (3).jpg20190710 (4).jpg

2019年07月09日 (火)

幼稚部さんとの交流

7月8日(月)に初等部と幼稚部との交流がありました。幼稚部さんとペアになり、どんな遊びをしたいかお話をしながら交流はスタートしました。
今回、室内では相撲や工作を、園庭ではアスレチックがあったり、うさぎに触れたり、サッカーや十字鬼と、とても楽しい時間を過ごすことができました。
自分たちより歳が下の幼稚部生と関わることで、お兄さん、お姉さんとしての頼もしい一面が見られ、1年生としての成長が見られる心温まる機会となりました。
振り返りでは、「今度は初等部で一緒に遊びたい」、「初等部のことを教えてあげたい」という思いが子どもたちに出てきました。
今後の生活科や幼初交流の活動が楽しみです。
20190708 (1).jpg20190708 (2).jpg
20190708 (3).jpg20190708 (4).jpg
20190708 (5).jpg20190708 (6).jpg

2019年07月09日 (火)

なぎなた地方青少年練成会

7月6日(土)、7日(日)の2日間、なぎなた地方青少年練成会がありました。子どもたちは少し緊張した面持ちで参加していましたが、たくさんの先生方になぎなたの持ち方や手の位置、足の開き方など細かいところまでご指導していただきました。また、同じ小学生だけでなく、防具をつけた中学生や高校生のお兄さん、お姉さんにも相手をしていただき、実際に面や脛などを打つことができて貴重な体験をさせていただきました。
これを機に、少しずつ技術も向上し、なぎなたに対してより一層力を入れて取り組むことができるようになることを願います。
20190707 (1).jpg20190707 (2).jpg
20190707 (3).jpg20190707 (4).jpg

2019年07月03日 (水)

海上安全教室~夏の事故防止・命を守る~

横須賀海上保安庁交通課の皆様のご協力で、今年も6年生が着衣水泳の体験を行いました。
グループに分かれ、着衣のままで入水すると、日頃水泳の得意な子どもたちからも「動きにくい!」と声が上がりました。
焦らずに肺にたくさん空気を吸い込むと背浮きができること、救命胴衣を着けたときも、水面に背中を向けた方が楽であること。海上保安庁よりいらした指導員のご指導で、子どもたちはみるみるうちに体で知識を身につけていきました。
「泳ぎの得意な人であるほど、邪魔だと思って靴を脱いでしまう。けれど、体力がなくなってきたとき、浮力のある靴は命を守ってくれます。」という最後のお話には、すぐ服や靴を脱ぎたいと言っていた子どもたちも感じ入ったようでした。
自分の泳力を高めるだけでなく、慢心せず、「命を守る」意識を高めること。水泳の授業で大切なことを、教職員ともども教えていただきました。
20190703 (1).jpg20190703 (2).jpg
20190703 (3).jpg20190703 (4).jpg