初等部だより

2017年10月06日 (金)

鎌倉めぐり(3・4・5年生)

 10月6日(金)に、3・4・5年生がそれぞれ鎌倉めぐりに行きました。


【3年生】

 3年生は、鎌倉駅から段葛を歩いて、鶴岡八幡宮へ向かいました。事前に学んだ作法を実践しながらお参りをしたり、国宝館を見学したりしました。次に立ち寄った荏柄天神社では、学問の神様に、熱心にお参りしている子もいました。

 その後、荏柄天神社からほど近い、本学の二階堂学舎を訪ね、昼食をとりました。昼食後にはホールにて、音楽の中内先生のピアノミニコンサートも行いました。

 二階堂学舎を出た後は、鎌倉宮を参拝しました。神職の方に鎌倉宮の歴史や由緒をお話ししていただくこともできました。帰りは、小町通りなど、鎌倉駅周辺の街の様子を見ながら歩きました。

 3年生にとって初めての鎌倉めぐりで、本学の施設や鎌倉の歴史要所をめぐり、初等部がある"鎌倉"という土地を、改めて肌で感じることができました。

20171006 (1).jpg20171006 (2).jpg20171006 (3).jpg


【4年生】

4年生は長谷方面へ鎌倉めぐりに行ってきました。はじめに訪れた極楽寺では、宝物館に入れさせていただき、昔の人々が極楽寺をどのような場として利用していたのか、祀られている仏像についての言い伝えなどをお聞きすることができました。

昼食場所も兼ねて訪れた高徳院では、鎌倉大仏のクイズを解きながら大仏について理解を深め、実際に大仏の中を拝観する児童も多くおりました。

最後に訪れた長谷寺では、僧侶の方と広報の方にお話をいただく機会を設けておりました。僧侶の方からは、十一面観音菩薩がどのように鎌倉の地に辿り着いたのか、また人々をどのような想いで見守っていてくださるのかなど、子どもたちにとって分かり易いイラストを用いながらお話をしていただきました。特別に十一面観音菩薩の目の前の座席に座らせていただきながらのお話でしたので、子どもたちはその大きさに驚きを隠せずにはいられませんでした。広報の方からは、境内を隈なくご案内していただき、その後の自由行動の時間がより有意義なものとなりました。

二回目の鎌倉めぐりを終え、学んだことをしおりに書き込む様子や、神社やお寺の方に自ら質問する様子から、鎌倉の歴史や文化を多く感じ取る初等部生の姿が見られました。
20171006 (4).jpg20171006 (5).jpg20171006 (6).jpg

【5年生】

今年度、5年生は「鎌倉のよさ・すばらしさを世界に伝えよう」というテーマで総合的な学習に取り組んでいます。各クラスで具体的にどのようなことが鎌倉のよさなのかを事前に学び合い、そのことをもとに今回の鎌倉めぐりに行ってまいりました。

 歴史、文化、自然などをテーマとし、神社やお寺の参拝、源氏山公園付近の自然体験、小町通りでの「食」体験など実際に体験を通し、学びを深めていきました。

 また、鎌倉文学館や能舞台の見学も行い、鎌倉に縁のある文学者たちのこれまでに知らなかった一面を見て、文学の地としての鎌倉の一面も学ぶことができました。

 初等部の鎌倉めぐりは5年生で最後となります。3年生からつみあげてきた鎌倉に対する知識や思いのまとめと集大成となるようにこれからの学びにつなげていってほしいと思います。

20171006 (7).jpg20171006 (8).jpg20171006 (9).jpg