初等部だより

2016年11月08日 (火)

初等部5年生と幼稚部との交流

 11月12日(土)・13日(日)に行われたみどり祭の中で、初等部5年生は幼稚部生と校内装飾作品を共同で作り上げました。
 作品は大きな木を描き、そこに5年生の手形、幼稚部生の手形を絵の具でのせて、紅葉に染まるもみじの葉をイメージした手形アートを作成しました。5年生の少し逞しい大きな手形と幼稚部生の可愛らしい小さな手形が相混ざって一本の大きな木を完成させることができました。
 完成した作品は丸玄関に飾られ、みどり祭にお越しになったたくさんの方々を大迫力な手形アートでお出迎えすることとなりました。
 作成する際の順番待ちの時間には、5年生が幼稚部生の意向を聞きながら、折り紙やお絵かきをして交流を深めている姿が見られました。5年生からは可愛らしい幼稚部生と触れ合うことができ、充実感でいっぱいという声をたくさん聞くことができました。
 来年、5年生は最高学年となる6年生へ、幼稚部生は小学1年生へとなります。今回の活動を通し、下級生を思いやる心や、小学校へ入学する安心感が見出されることを願っております。
20161108a (1).jpg20161108a (2).jpg20161108a (3).jpg
20161108a (4).jpg20161108a (5).jpg20161108a (6).jpg