初等部だより

2015年11月08日 (日)

第21回 みどり祭 (幼稚部・初等部合同)

 11月7日(土)、8日(日)幼稚部と初等部の『みどり祭』が岩瀬キャンパスで実施されました。今年のテーマは「輝け!私たちの歩む道」です。今年から中高等部とは別開催となったため、今まで以上に初等部生一人ひとりの頑張り、活躍が大事なものとなりました。
 1日目は、まず、松本講堂で開会式と学習発表会が行われました。6年生が司会進行を担当し、「合唱クラブ」の合唱や代表者による「英語スピーチ」の発表がありました。日頃の授業やクラブの練習で積み重ねてきたものを大勢の来場者の前で披露し、会場内は大きな拍手で包まれました。
20151108 (1).jpg 20151108 (2).jpg 
 2日目は「芸術鑑賞会」が行われ、影絵劇団「かしの樹」によるピアノ、バイオリン、チェロの生演奏でおくる音楽影絵劇の「星の王子さま」の公演がありました。
 また、2日間にわたり作品展示も行われ、1学期から各学年が各教科で学習してきたことの成果が発揮されました。自分の作品展示を楽しみにしている児童はもちろん、友だちや他の学年の作品を鑑賞して、今後の自分の学習や作品作りに役立てようと目を輝かせている様子も見られました。
20151108 (4).jpg 20151108 (3).jpg
 今年は、「親子ドッジボール大会」や受付・片づけにも例年以上に多くの保護者の方々にも参加、協力をいただき、初等部全体の力が一つになった新たな『みどり祭』の第一歩となりました。