初等部だより

2015年10月08日 (木)

4年生 総合 出前授業「命と環境を考える学習」

 4年生は総合的な学習の時間に、世の中の環境問題をテーマにしています。私たちの身の回りには、ごみ・空気・絶滅危惧種・外来種などの様々な環境問題が山積しています。それぞれの問題について調べていくと、私たち人間の生活が問題の大元になっていることがほとんどです。
20151008 (1).jpg 20151008 (2).jpg
 10月8日(木)、二宮でトリマーをされていて、イヌやネコの里親探しのボランティアにも取り組まれている小島香代子さんに来校していただきました。トリマーのお仕事の話に加え、イヌやネコの保護活動のお話を伺いました。
 さまざまな事情で、人が飼うことを放棄してしまった動物たちがいます。生き物のお世話をするということは、命に対して責任をもつことでもあります。環境問題と同じように、人が原因となり、問題を引き起こしている一例でもあるように感じられます。
 一人ひとりができること、みんなで力を合わせてできること、問題に対して自分たちがどう向き合うか、これからも考えていきたいと思います。