初等部だより

2015年05月22日 (金)

6年生 修学旅行

 5月20日(水)から2泊3日で京都と奈良に修学旅行に行きました。歴史や文化を学ぶために寺社仏閣を訪れるだけでなく、伝統芸能や地域の産業などにもふれるために能舞台や京友禅、風呂敷包み、茶香服など様々な体験を通して学びました。
 能舞台では、能の歴史や舞台、能面などついて学び、謡いをみんなで声を合わせて練習しました。謡いの出し方が歌と違って、「気迫」、「気合」、「強さ」が大切であるということを教えていただきました。
 薬師寺では、子どもたちにもわかりやすく楽しい説法を通して、どんなことに対しても自分の姿勢や心の持ちようで面倒にも面白くもなる。そして、人生は全部本番なので自分で前向きに取り組んでいくことが大切であることを教えていただきました。
 宇治でのお茶体験では、石うすを使って抹茶をひいたり、茶筅の使い方を教わり抹茶を立てたり、お茶の飲み比べをする茶香服に挑戦したりと宇治のお茶の文化を満喫しました。
 修学旅行が進み、伝統や文化にふれるうちに子どもたちの感謝や奉仕の心がさらに磨かれ、旅行中にお世話になった人や施設に心のこもった挨拶やお礼が少しずつ態度で示せるようになりました。一人ひとりがさらに大きく成長した実り多き3日間となりました。
2015修学旅行 (1).jpg 2015修学旅行 (3).jpg 2015修学旅行 (4).jpg
2015修学旅行 (5).jpg 2015修学旅行 (2).jpg 2015修学旅行 (6).jpg