初等部だより

2015年01月29日 (木)

全体研究授業 国語 ~「これはなんでしょう」(1年) 「詩をたのしもう!あじわおう!つくろう!」(2年)~

 1月29日(木)、本年度最後となる校内研究授業が行われました。「豊かな心を育む授業の創造」というテーマのもと、1年生は「人を思いやり、認め合う心をはぐくむ」ことを主題とし、特に国語の授業の中での伝え合いの指導方法を探ってきました。2年生は、「やさしく思いやるこころ」を詩を通して育てていくことを年間のテーマとしてきました。2つの国語の授業を行うにあたり、今回は、鎌倉女子大学から、松永立志先生に来ていただきました。


 20150129 (1).jpg 20150129 (2).jpg
 1年生は年間を通して、子ども同士の伝え合いの経験の場を多く設け、お互いに認め合い、自己肯定感を高めていけるように指導を行ってきました。話し方・聞き方についてお互いによくできているかを評価し合えるような指導の工夫が見られました。その中でも、クイズを行う上でのヒントの順序を考えることができているかを相互評価している姿が見られました。

20150129 (3).jpg 20150129 (4).jpg
 2年生は、やさしい言葉のある詩を読み味わい・書くことを目的として授業を行いました。やさしい言葉を言ったり、かけてもらったりした経験をもとに詩を実際に書いてみました。詩という形にして文章を書くことで、自分の思いを素直に書き表すことができたのではないでしょうか。

 「児童指導の根幹は授業にあり」を合言葉に、子どもの心に響く教材づくり、指導方法の充実を目指して豊かな心を育む授業づくりに今後も取り組んでいきたいと思います。