初等部だより

2014年10月30日 (木)

個人研修授業 国語 「おはなし きいて ~お気に入りの石、貝を発表しよう~」

 10月30日(木)1年生で国語の個人研修授業が行われました。1年生は、豊かな心を育むために、周りの人と心をつなぐための手段として「話し方」「聞き方」の基本を段階をおって身に付けさせていくことを研究テーマにしています。話す内容・順番を考え、相手に向けてゆっくり、はっきり、大きな声で伝える練習を2人組で行い、そして本時では多数の人に向けて話すという取り組みを行いました。
 PA300002.JPG PA300009.JPG
 話すことと同じように、聞き手が相手の伝えたいことを理解しようとすることが大切であることの指導も行ってきました。話し手のほうを向き、頷きながら聞き、質問をするという活動を国語の時間以外でもこれまでに様々な場面で取り入れてきています。
豊かな心を育てていくためには、お互いに相手を受け入れることと、受け入れられていると感じることが大切であると思います。「話ができてよかった」の「よかった」の気持ちを、「~~できてよかった」と「~~してもらえてよかった」の2つの満足感をもてるような伝え合いの場をこれからも考えていきたいと思います。