初等部だより

2012年09月25日 (火)

国語科 個人研究授業

 9月25日(火)、5年生で国語の個人研究授業が行われました。Imgp1938_2
「豊かな言葉の使い手になるには」という教材で、相手を意識して伝え合うにはどのようにしなければならないかについて考える授業でした。豊かな言葉を考える際にプラスの側面とマイナスの側面から考えることができます。本時では、子どもたちが日常生活の中で使っているマイナスの言葉に着目させました。その上で、本来どのような言葉を用いれば、相手を豊かな気持ちにさせることができるのかについてグループで話し合い活動を行いました。
 他者意識を持つことができるような指導は、国語科の授業のみならず、日常的に行わなければならないことを私たちに再確認させてくれた授業であったように思います。