初等部だより

2012年09月13日 (木)

算数科 全体研究授業

 初等部では、児童によりよい指導をしていくために2種類の研究授業を行っています。1つは、校内研究のテーマに即して全職員が参加して行う全体研究授業で、年間6回行っています。もう1つは、個別に日程や内容を定めて行う個人研究授業で、年間7回行っています。これ以外にも、自主的に授業公開を行なっており、お互いに授業を見合い、指導力を高めるために切磋琢磨しております。

 9月13日(木)、6年生で算数の全体研究授業が行われました。今回は鎌倉女子大学から橋本吉貴先生とゼミの学生さんもいらっしゃり一緒に授業内容の検討をして下さいました。
Dscf7220  Dscf7245_3 Dscf7266

 本時は、「場合の数」の導入の授業で「スクールプレゼンター」というソフトを用いていました。隠された状態で並び替えたリレーの順番を当てるというゲーム性を学習の中に取り入れ、子どもたちの関心を高める工夫がありました。場合の数の学習を行なうにあたり、並びを調べるのには記号を用いることで効率的に考えられるということも子どもたちから出てくるように指導者が発問を行なっていました。また、「ペアトーク」を取り入れることで、子どもの発言を増やし、自分の発言に自信を持たせ、子どもたちの学び合いを充実させようという学習活動も行われていました。