初等部だより

2010年10月25日 (月)

5年 稲刈り

 改修されて広くなった田んぼで、春には「代かき・田植え」、夏には「草刈り・スズメよけのネット張り」などの作業を体験し、いよいよ「稲刈り」の日を迎えることができました。
 たわわに実ったもち米の稲を刈るとともに、今では少なくなった天日干しをするために竹で作った支柱に稲を干して自然乾燥させる「はさかけ」の作業をしました。
 「稲刈り」では歓喜の声が聞こえ、「はさかけ」では満足そうな笑顔が見られました。この後は、「脱穀」、「籾すり」、「精米」を経て、いよいよ「餅つき」です。
 季節の移ろいとともに、様々な体験を通して田んぼや稲との関わりを少しずつ身近に感じてほしいです。

Pa121544  Pa121549  Pa121561